【Amazonプライムデー開催中】気になる自転車グッズ11選をまとめてみた

【消耗品チェック】自転車の「スプロケット」交換時期は?

自転車のスプロケットの交換時期ギア周り
悩んでいる人
スプロケの交換時期が知りたい人

自転車のスプロケットって、一体何キロ持つんだろう?

消耗品だし、交換時期を知りたいなあ。

 

何か目安とかってあるの?

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 自転車のスプロケットの交換時期はいつか
  • 何を目安にしたらいいか
  • 交換時期を過ぎるとどうなるか
かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

【消耗品チェック】自転車の「スプロケット」交換時期は?

自転車のスプロケットの交換時期

結論、「歯が減ってきたら」ですね。

具体的に「〇〇km走ったら」と表せると分かりやすいのですが、そうではありません。

走る条件によって大きく変わります。

 

この写真を見てください。

自転車の消耗品(チェーン、スプロケット)の交換時期

これは、シマノが出している交換時期のチェック表ですね。

ここにも、具体的な基準というのは記されていないのです。

 

「歯が減る」とは、極端な例で言うと写真の状態です。

歯先がトキントキンになっていて、明らかに減っているのが分かるでしょう。

ここまで摩耗が進んでいたら、即交換です。

 

交換時期としては、遅すぎますが。

交換時期の「目安」になるもの

ギモンの声
ギモンの声

「歯が減ってきたら・・・」と言っても、今の状態が良いのか悪いのか、さっぱりわからないよ!

という方がほとんどでしょう。

ぶっちゃけ、それは私も同じです。

 

先ほどの写真のように、極端に減っている歯ならわかります。

しかし、微妙なラインだと判断がしづらいですね。

目視では分かりにくいです。

 

では、何を目安にしたらよいか。

歯飛びするかしないか」を基準にしましょう。

「歯飛び」とは

歯飛びとは、「チェーンがスプロケットの歯から滑ってしまうこと」をいいます。

強い力を入れて漕いだ時、変速をしていないのにギアが「ガチャン」と動く感覚があれば、それが歯飛びですね。

 

歯が減りすぎてチェーンとかみ合わず、まともに漕げない状態になります。

歯飛びに気づくのはいつ?

スプロケットの交換時期として、大きな目安になるのが「歯飛び」。

では、歯飛びに気づくのはどんな時でしょうか?

 

主に、「新品のチェーンに交換したとき」です。

 

チェーンは、使うごとに“伸び”が生じます。

一定距離を走り、伸びが大きくなってきたら、交換が必要になります。

 

チェーンを変えなければ、歯飛びは起こりにくいです。

なぜなら、「伸びてるチェーンの間隔」に合わせて、スプロケットの歯が削られていくから。

つまり、「(悪い状態で)なんとか噛み合っている」のです。

もちろん、極度に伸びすぎたチェーンは歯飛びを起こしますが。

 

その状態で、新品のチェーンへ変えるとどうなるか。

歯飛びを起こします。

 

今までは「伸びたチェーン×広がった歯の間隔」でなんとか噛み合わさっていたものが、「伸びていないチェーン×広がった歯の間隔」になってしまうからです。

 

滑って滑って、歯飛びのオンパレードでしょう。

 

そこで気づきます。

「スプロケットの歯が減っているなあ」と。

つまり、交換が必要だと分かるわけです。

チェーンを交換する→歯飛びはする?

まとめると、「新品のチェーンへ交換したとき、歯飛びをするかしないか」で判断するといいでしょう。

  • 歯飛びを起こした→スプロケットも交換
  • 歯飛びしない→まだ使える

って感じですね。

 

ですから、スプロケットを交換するタイミングというのはつまり、チェーンを交換する時でもあります。

 

チェーンを交換する際に、気に掛けるようにしましょう。

 

大体1万km以上使ったスプロケは歯飛びが起こりやすくなってきますが、メンテナンスの有無で大きく変わります。

個人差が大きいので、具体的な距離は何とも言えません。

「歯飛び」していなくても、交換してOK

スプロケット

「歯飛びするかしないか」の判断基準は、あくまでも最低ラインです。

ベストな状態を保ちたいなら、チェーンを交換するたびにスプロケットも交換するといいでしょう。

 

とはいえ、お金が掛かります。

 

個人的には、「チェーン交換2回につき、スプロケ1回」を目安に、交換するようにしていますよ。

歯飛びをしていなくても、変えています。

 

シマノの営業さんから聞いた話によると、「チェーン交換4回につき、スプロケ1回」と言っていました。

ただ、絶対にチェーン4回分(約1万2000キロ以上)使えるかというと、そうではないと感じています。

 

改めて、「チェーン交換時に歯飛びするか、しないか」が大きな交換基準となるでしょう。

チェーンを適切に交換していますか?

チェーンが寿命を迎えたら、適切に交換していますか?

伸びたチェーンを使い続けると、スプロケットの寿命を大きく縮めます。

 

先述しました通り、「伸びたチェーンの間隔」に合わせて、スプロケの歯が削られてしまうからですね。

始めは「U」の形をしていたのに、「ナイキ」みたいになります。(伝わって笑)

 

それだけではなく、クランク(チェーンリング)も同じように削られてしまいます。

非常にもったいないですよね。

 

チェーンを適切に交換することは、駆動系パーツを長持ちさせることに繋がります。

 

“チェーンチェッカー”を使って測り、伸びていたら絶対に交換しましょう!

「お金が掛かるから」と後回しにしていると、かえって高くつきますよ。

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

 

チェーンを交換する時の選び方は、こちらの記事が参考になるでしょう。

まとめ

さいごに、本記事の要点をまとめます。

【スプロケットの交換時期って?】

  • 人によって大きく変わりますが、「1万km~」が目安。
  • 新品のチェーンへ交換したときに、「歯飛び」を起こしたら。
  • 個人的に、チェーン2回交換につき、スプロケ1回の頻度で交換しています。
  • シマノの営業さんいわく、チェーン4回交換につき、スプロケ1回交換といっていました。

→大きな目安は「歯飛びするかしないか」で判断しましょう。

 

ご覧いただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました