「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

【自転車チェーンから音鳴り?】よくある5つの原因と対処方法

チェーンの音鳴り よくある原因4つ
悩んでいる人
チェーンの異音に困っている人

自転車のチェーンから音鳴りがしているようなんだけど、一体何が原因なの?

  • キュルキュル
  • チャッチャッ
  • ガラガラ、カラカラ
  • ガシャンッ!

この中に当てはまる音がある。

 

解決方法を教えて欲しい!

 

 

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 自転車チェーンから音鳴りがする時の原因5つと対処方法
  • 音の種類から原因を特定

自転車屋さんでメカニックをしている私が解説します。

 

 

「自転車のチェーンから音鳴りがする・・・」と、お困りではないですか?

もしかすると、それはトラブルの合図かも。

 

音鳴りを感じたら、すぐに対処したほうがいいですよ。

そこで本記事では、チェーンの音鳴りでよくある原因4つを紹介します。

 

これらを参考に、原因特定に役立ててみてくださいね!

【自転車チェーンから音鳴りが?】4つの原因と対処方法

チェーンの音鳴り よくある原因4つ

自転車チェーンから音鳴りがする時に、よくある原因5つはこちらです。

 

  1. チェーンの油切れ(キュルキュル)
  2. チェーンが伸びている(カラカラ) ←ママチャリはこれが多い
  3. スプロケットと擦れている(チャッチャッ)
  4. フロントディレイラーに当たっている(ガラガラ)
  5. ギアが歯飛びしている(ガシャンッ!)

 

詳しく解説します。

チェーンの油切れ(キュルキュル)

錆びてる自転車

あまりメンテナンスをしていない・・・」という方に多いのが、チェーンの油切れです。

油が切れると、チェーンから「キュルキュル」と音がするようになります。

 

これは、潤滑油が足りておらず、チェーンの金属同士が擦れ合って出る摩擦音です。

塗布したチェーンオイルは、およそ300~500㎞走ると切れてしまいます。

 

なので、心当たりがある方は要注意。

明らかにチェーンが錆びている場合も同様で、油が足りていません。

 

解決するためには、「チェーンの注油」が必要です。

自転車用のチェーンオイルを付けることで、音鳴りが解消できるでしょう。

 

オススメのチェーンオイルはこの二つ。

スプレータイプで塗布のしやすいワコーズのチェーンルブ

 

粘度が高く、非常に耐久性の高いフィニッシュラインのWETオイル

created by Rinker
フィニッシュライン(FINISH LINE)
¥845(2021/09/19 23:38:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

特に初心者におすすめなのは、使いやすいワコーズのものですね。

 

チェーンが伸びている

 

少しお聞きします。あなたの乗っている自転車は、

  • 一般的な自転車(ママチャリ)である
  • ギア(変速)は無い or 内装変速
  • 買ってから結構乗った

これに当てはまりませんか?

 

もし当てはまるなら、高い確率で「チェーンの伸び」が原因です。めちゃめちゃ多い。

 

ママチャリのチェーンケース

チェーンが伸びて、だるんだるんになると、カバーと擦るんですよね。

だから「カラカラ」「ガラガラ」といった音が鳴ります。

 

 

直すには、チェーンを張ってあげればOK。

といっても、自転車知識がいるので、ショップに持って行きましょう。

 

工賃は500円程度で、すぐに直ります。

スプロケットと擦れている(チャッチャッ・ガチャンガチャン)

スプロケットにチェーンが掛かっている

チェーンがスプロケット(後ろのギア)と擦れることで、音鳴りが発生することがあります。

「チャッチャッ」「ガチャンガチャン」という音がする方は、要チェック。

 

考えられる主な原因は、この二つ。

  1. シフトワイヤーの緩み
  2. ディレイラーハンガーの曲がり

 

分かりやすく言い換えると、

「変速機の調整がおかしくなってしまっているか、変速機を取り付ける“土台”が曲がっているか」ということ。

 

これを解決するためには、

  • シフトワイヤーの張り直し
  • ディレイラーハンガーの曲がり修正(交換)

が必要になります。

 

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ご覧ください。

フロントディレイラーに当たっている(ガラガラ)

フロントディレイラー トリムの説明

※スポーツ自転車に乗っている方向けです。

 

チェーンがフロントディレイラー(前の変速機)と擦れることで、音鳴りが発生することがあります。

 

ガラガラ」という音がする方は、要チェック。

 

擦れるようになってしまった原因は、「シフトワイヤーの伸び(緩み)」です。

ワイヤーが緩むことで、フロントディレイラーが所定の位置まで動かなくなってしまうから。

 

解決するためには、「シフトワイヤーの張り直し」を行う必要があります。

 

しかし、中にはシフトワイヤーの緩みが原因ではなく、変速レバーの操作ミスによって音鳴りが発生していることも。

チェーンとの干渉を防ぐ「トリム」という機能のことです。

 

これらを詳細に解説した記事がありますので、よければご覧ください。

月に2000回以上読まれている大人気記事です。それだけ困っている人が多いということですね。

ギアが歯飛びしている(ガシャンッ!)

エスケープR3 スプロケット

摩耗によってギアが細り、かみ合わせが悪くなることで、音鳴りが発生することがあります。

力を入れて漕ぐと「ガシャンッ!」と大きな音がするとともに、ギアが変わるような感覚がある方は要注意。

 

あるいは、「5000km以上チェーンの交換をしていない!」という方も、注意が必要。

 

この原因は「歯飛び」でして、寿命を超えてチェーンを使うことで起こります。

 

 

チェーンは使うことで“伸び”が生じ、コマの間隔が広がっていきます。

寿命を超えて伸びきったチェーンを使い続けるとどうなるか。

 

チェーンの掛かっている全てのパーツが、広がったチェーンの間隔に削られてしまい、ギアの歯先がやせ細ってしまうんですね。

 

具体的に言うと、この3つのパーツです。

  1. スプロケット
  2. リアディレイラー(プーリー)
  3. クランク(チェーンリング)

 

次第に伸びたチェーンがこれらのパーツの“歯”にうまく噛み合わなくなります。

 

結果、力を入れて漕ぐと、ギアからチェーンが滑って「歯飛び」を起こすのです。

 

初めに「5000km以上チェーンを変えていない方は注意」といったのは、チェーンの寿命がおよそ3000~5000kmだから。

 

それだけ漕ぐと伸び切り、歯飛びを起こし始める可能性が高くなるからですね。

これを解決するためには、ドライブトレイン(駆動系)パーツの交換が必要です。

 

摩耗具合によって変わりますが、最悪の場合、

  1. チェーン
  2. スプロケット
  3. プーリー
  4. チェーンリング

全ての交換が必要になります。

 

この判断は経験が無いと難しいと思うので、自転車屋さんで確認してもらうといいでしょう。

まとめ

「なんかチェーンから音鳴りがするんだけど・・・」とお悩みの方は、これら5点をチェックしてみてください。

  1. チェーンの油切れ(キュルキュル)
  2. チェーンが伸びている(カラカラ)
  3. スプロケットと擦れている(チャッチャッ)
  4. フロントディレイラーに当たっている(ガラガラ)
  5. ギアが歯飛びしている(ガシャンッ!)

 

これらを見直すことで、恐らく直るハズです!

ご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました