自転車のオートライトがつかない時は…【よくある原因4選】

自転車のオートライトが付かない原因その他
悩んでいる人
ライトが付かない人

気づいたら、自転車の「オートライト」がつかなくなってしまったよ。

 

明かりがないのは困るなぁ…。

 

原因って何だと思う?どうやったら直せるの?

自転車の事はよくわからないから、わかりやすく教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • オートライトが付かない時によくある原因4選
  • パターン別の対処方法(参考程度に)
  • 直すためにはどうしたらいいか

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

多いんですよね、オートライトが付かなくなるトラブル。

自転車のオートライトがつかない時は…【よくある原因4選】

自転車のオートライトが付かない原因

 

結論から言うと、主な原因は4つ。上から「よくある順」となっています。

 

  1. 線が断線している
  2. 端子が錆びて通電していない
  3. ライトが故障している
  4. ハブが壊れている

 

これから、それぞれの具体的な原因と対処法について解説します。

 

しかし、先にお伝えしておくと、これらの作業を行うにはある程度の知識が必要です。

自転車に詳しくない方が自分で修理するのは厳しいと思います。

 

なので、自転車屋さんに見てもらうのが1番早いですね。

 

参考程度に、原因と対処法についてご覧ください。

 

線が断線している

自転車のオートライトが付かない原因

 

ライトに電力を伝えるための線がありますよね。

一度確認してみてください。どこかで切れていませんか?

 

切れていたらライトが光らないのも当然です。

 

  • 何かにぶつけてしまった
  • 何かに引っ掛けてしまった
  • 最近自転車で転んだ

こんな記憶がある方は要注意。

 

対処方法としては、

  • 線をつなぎ直す
  • (それが難しい時は)ライト本体の交換

 

となります。

端子が錆びて通電していない

自転車のオートライトが付かない原因

 

次によくあるのが「端子のサビ」です。

あなたの乗っている自転車が新しくないのであれば、原因として考えられます。

 

この端子は、車輪で発電した電力をライトにつなげるためのものです。

ここが錆びてしまうと、うまく送電することができず、「光らない」というトラブルの原因になります。

 

長年使っている自転車であれば、可能性は高いですね。

 

対処方法としては、

端子の先をヤスリで削る(サビを削り取る)

です。

ライトが故障している

自転車のオートライトが付かない原因

 

「線も切れていないし、端子のサビもないのに…」

となれば、疑うのはライトの故障かハブの故障です。

 

何らかの理由によりライトが故障してしまっていて、光がつかないこともあります。

 

内部のサビかもしれないし、基盤の故障かもしれないし。

原因は様々なので一概には言えません。

 

これを治すにはライト本体の交換が必要です。

ハブが壊れている

自転車のオートライトが付かない原因

まれに、ハブ(車輪の軸 = 発電部分)が壊れていることがあります。

つまり、「そもそも発電していない」ってことですね。

 

数としては少ないですが、ハブが壊れていることも0ではありません。

 

もし、壊れていたら。

「ホイール(車輪)」の交換をして、修理することとなります。

修理工賃はいくらか?

原因が何であれ、なにより気になることはこれでしょう。

 

ギモンの声
ギモンの声

直したら、どのくらいの修理代がかかるの?

これは、場合によりけりです。

しかし、たいていの場合安いですよ。

 

超ザックリとした目安は…

  • 部品の交換が無ければ、500-2000円ほど?
  • ライトの交換が必要なら、ライト代による(工賃含めて5000円程度?)
  • ホイールの交換が必要なら、1万円くらい

 

とりあえず自転車ショップに行って、原因を探ってもらいましょう。

修理するか、しないかは、自分で選択できますし。

電球を交換する必要はなし

ギモンの声
ギモンの声

「電球が切れて、オートライトが付かない」

という可能性は?

と気になる方もいるでしょう。

 

オートライトはほとんど“LED”なので、電球が切れることはありません。

なので、「球切れ」は疑わなくてOK。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車のオートライトが付かない時の原因4選】

  1. 線が断線している
  2. 端子が錆びて通電していない
  3. ライトが故障している
  4. ハブが壊れている

→知識が全くない方は、自分で直すのは難しいのでしょう。

自転車屋さんに行って、直してもらうのをオススメします。

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
その他メンテナンス
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました