自転車のチェーンチェッカーおすすめ4選!【使い方も解説】

チェーンチェッカーの使い方 +オススメ4選ギア周り
悩んでいる人
チェーンチェッカーについて詳しく知りたい人
  • チェーンがあとどのくらい持つのか知りたい
  • チェーンの交換時期が知りたい
  • チェーンの伸びを測る方法が知りたい
  • おすすめのチェーンチェッカーを知りたい

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • チェーンチェッカーとは何をする道具なのか
  • チェーンチェッカーの使い方
  • 伸びすぎた(寿命を超えた)チェーンを使い続けるとどうなるのか
  • チェーンの寿命はおよそ何キロか
  • チェーンチェッカーの種類
  • おすすめのチェーンチェッカー4選
かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します。

自転車を良い状態で保つためには、チェーンのメンテナンスが欠かせません!

【交換時期を確認する】チェーンチェッカーとは?

何のために使うの?

チェーンチェッカーは、自転車の「チェーンの伸び」を測るために使う道具です。

言い換えると、「寿命(交換時期)」を確認するために使います。

 

チェーンは消耗品でして、使うごとに「伸び」が生じます。

伸び率が0.75-1%になるとチェーンの交換時期なのですが、目視では分からないですよね。

 

そこでチェーンチェッカーを使って、伸び率を測定するのです。

「チェーンが伸びる」とは?

そもそも、「チェーンが伸びる」とはどういうことなのでしょうか?

実は、「金属が削られて、ガタツキ(隙間)が発生すること」なんですね

 

伸びるというと、“びよーーん”と伸びるイメージを想像してしまいがちですが、実は違います。

人間の脚力くらいでは、金属は伸びません。。。(笑)

 

分かりやすいように解説します。

 

チェーン 分解図

チェーンの分解図

チェーンを分解すると、

  1. アウターリンク
  2. インナーリンク
  3. ピン
  4. ローラー

に分けられます。

チェーンの分解図

それらを組み立て、連結させることで、1つのチェーンが出来上がります。

 

チェーンを使い込んでいくと、「ピン」や「ローラー」が削られ、やせ細っていくんですよね。

そこにわずかな“隙間”ができます。

 

チェーンには100か所以上の連結部分がありますから、「わずかな隙間×100以上」になることで、新品の時に比べ数ミリの「伸び」となるのです。

 

新品のチェーンと使い切った(寿命を迎えた)チェーンを比べてみた時の違いがコチラ。

チェーンの伸び 新品と中古の比較

新品のチェーンに比べて、中古チェーンが1cmほど“伸び”ているのが分かると思います。

「たったこれだけしか伸びていないの!?」と思うかもしれませんが、この伸びがあらゆるトラブルを生んでしまいます。

 

これがチェーンの伸びであり、消耗品である理由。

この伸びを測るために、チェーンチェッカーを使います。

過度なチェーン伸びが起こす悪影響

寿命を超えたチェーンを使い続けると、自転車に甚大な悪影響を及ぼします。

  • 変速がキビキビ決まらなくなる
  • 歯飛びを起こして力を加えられなくなる
  • 駆動系系パーツ(RD、チェーンリング、スプロケット)を削ってしまう←重要

 

特に注意してほしいのが、「駆動系パーツ」を削ってしまうことですね。

伸びたチェーンの間隔に合わせて、駆動系パーツの“歯”が削られてしまうのです。

 

この写真を見ると、分かりやすいです。

 

チェーンを交換せずに1万キロくらい走ると、このようになります。

 

ちゃんと走れる状態に修理するには、

  1. スプロケット
  2. プーリー
  3. チェーンリング
  4. チェーン

全てのパーツを新品に交換しなければなりません。

修理費用は、最低でも1万5000円はかかるでしょう。(グレードによります)

 

チェーンの伸びの怖いところは、「寿命を迎えても目立った悪影響が出ない」ところですね。

交換時期を過ぎたからと言って、すぐに漕げなくなるとか、気になるトラブルが発生するわけじゃないんです。

 

だから、知らない間に乗り続けてしまう。

 

走行に支障が出るほど大きな異変が出て気づくころには、もう遅いです。

さっきの写真と同じ状態に近くなっています。

 

だからこそ、普段からチェーンチェッカーで伸びを確認することが、非常に大切なのです。

チェーンチェッカーの使い方

チェーンチェッカーの種類

チェーンチェッカーは主に2種類あります。

「フック型」と「メモリ型」です。

 

どちらを使っても構いません。

それぞれの特徴を紹介します。

使い方と特徴

フック型

チェーンチェッカーで寿命を確認

チェーンにパコッとはめるだけのを、「フック型」と呼んでいます。

 

使い方は説明するまでもありません。

「ステップ1」「ステップ2」の順にチェーンに引っ掛けるだけ。

  • チェーンチェッカーがチェーンにはまらない
    まだ使える
  • チェーンチェッカーがチェーンにはまる
    交換が必要

このように確認します。

 

「交換が必要か、否か」が明確で、使いやすいですね。

 

しかし、次に紹介するメモリ型のように、「細かい伸び率(%)」を確認することはできません。

 

その代わり壊れにくく、値段も手ごろです。

メモリ型

チェーンチェッカーで寿命を確認

対してこちらを「メモリ型」と呼んでいます。

 

チェーンチェッカーをチェーンにセットし、ダイアルを回して使います。

ダイアルの裏に“ピン”がついてまして、それが広がっていきます。

 

止まったところの数値が、チェーンの伸び率です。

0.75-1%(赤色のゾーン)になったら、交換時期となります。

 

フック型と違い、細かな伸び率が分かるのが特徴ですね。

 

  • 「大体あと○○kmくらい使えるかな」
  • 「まだまだ使えるなあ」

と、分かりやすいです。

 

しかし、フック型に比べて少しだけ値段が高いのと、意外と壊れやすい(ピンが曲がりやすい)というデメリットがあります。

力を入れずに、優しく使うことを心がけましょう。

チェーンの寿命はどのくらい?

チェーンの伸び率が「0.75-1%が寿命」と言いました。

走行距離に直すと、およそ3-5000kmです。

 

しかし、チェーンの種類と、使用状況によって大きく異なります。

チェーンの種類(変速段数)で寿命は変わる

チェーンには、「〇速用」ってありますよね。

使っているコンポーネントに依存します。

 

変速段数が少ないほどチェーンの寿命が長く、多いほど短い傾向にあります。

メカニックとして働く経験からすると、大体こんな感じ。

6・7・8速チェーン:4000-5000km
9・10速チェーン:3500-4500km
11速チェーン:3000km

 

なぜかというと、変速段数が増えると、チェーンが薄くなるからです。

つまり、「削れやすくなる→伸びやすくなる」ということ。

 

ユーザーの多い11速なんて、約3000kmしか持ちません。

 

チェーンの寿命は割と短いので、注意してください。

使用環境の影響も大きい

「どこを走るか」「どんなふうに走るか」によって、寿命は大きく変わります。

 

負荷の大きい走り方をしている人ほど、チェーンが早く伸びます。

例えばこんな使い方。

  • トレーニングとして
  • スピードを意識した走り方
  • ヒルクライムが好きな方
  • 重いギアばかり使う方

 

走り方によって寿命は大きく変わるので、一概に〇kmということはできません。

 

また、「どんな風に走るか」もあります。

 

例えば、私は沢山の荷物を積んで自転車旅をするのですが、この使い方だと異常なほど伸びが早いです。

私の使っている8速用チェーンなら、普通4-5000kmは持つはず。

しかし、2000kmしか持ちませんでしたから。

 

このように、「乗り方」によってチェーンの寿命は大きく変わります。

一概に〇kmで交換が必要と表しにくいんですよね。人それぞれ違います。

 

だからチェーンチェッカーが必要なのです。

こまめなメンテナンスは、寿命を延ばす

実は、「メンテナンスの有無」で、チェーンの寿命は変わります。

 

チェーンの“ローラー”内部にゴミが溜まっていると、それが研磨剤と化して、チェーンを無駄に削ってしまいます。

つまり、寿命を縮めてしまう。

 

また、こめまにオイルを挿しているかどうかも大切。

オイルがないと潤滑が悪くなり、金属抵抗が増し、普段よりも早く削られてしまいます。

 

チェーンの寿命を延ばすためには、メンテナンスが欠かせません。

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

チェーンチェッカーのおすすめ4選

チェーンの伸びを測る重要性を確認いただけたところで、「オススメのチェーンチェッカー」を紹介します。

 

私はフック型を使っていますが、細かな伸び率をチェックしたい方はメモリ型がいいでしょう。

どっちがよくて、どっちが悪いというわけではありません。

 

使いやすいと思う方を選んでください。

フック型のおすすめ2選

ほとんどの方がシマノ製コンポをお使いですよね。

 

なので、シマノが出しているチェーンチェッカーがおすすめ。

どこよりも信頼できます。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,527(2021/06/12 12:19:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

「もうちょっと手頃なのがいいかな」と思った方は、バイクハンドのモノがいいでしょう。

created by Rinker
バイクハンド(Bike Hand)
¥460(2021/06/12 15:11:01時点 Amazon調べ-詳細)

安いですが、お店のカタログにも載っている一流のメーカーです。

メモリ型のおすすめ2選

使いやすかったのが、パークツールのチェーンチェッカーです。

メモリも見やすく、おすすめ。

 

ただ、個人で使うには少し高いかなといった印象。

より手頃なのがよければ、ギザプロダクツがオススメです。

少しピンが曲がりやすいのが気になりましたが、注意して使えば問題なしです。

チェーンの交換方法

もし、チェーンが伸びていたら。

なるべく早く、新品のチェーンに交換しましょう!

 

チェーンの交換方法については、こちらの記事で解説しています。

まとめ

本記事の要点をまとめます。

  1. チェーンチェッカーとは、チェーンの伸びを測るための道具です。交換時期を確認することができます。
  2. メモリ型、フック型があります。
  3. チェーンの寿命は、3-5000km。変速段数や使用状況、メンテナンスの有無によって大きく異なります。

てな感じですね!

 

チェーンチェッカーを使って、日ごろから伸びを確認するように心がけましょう。

良い状態で自転車を保つことができますよ!

 

ちなみに、新しいチェーンに交換する時の選び方は、こちらの記事で解説しています。

 

この記事がお役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
ギア周りメンテナンス
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました