「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

ロードバイクはタイヤが細いからパンクしやすい←勘違いです

ジャイアントのロードバイクに乗る人
悩んでいる人
悩んでいる人

ロードバイクを買おうか迷ってるんだけど、タイヤが細いからパンクしやすそうで怖いんだよねー。

 

タイヤが太めのクロスバイクとか、マウンテンバイクの方がパンクしにくいだろうから、そっちにしようかな。

 

パンクしたら走れなくなる
・・・これがホントに怖い。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • ロードバイクの細いタイヤは、太いタイヤに比べてパンクしやすいのかどうか
  • パンクのリスクを減らすためにできること
  • パンクしたときの対処法

 

私は自転車店で働いているのですが、お客様からよくこんな質問を受けます。

 

「ロードバイクを買おうと思ってるんですけど、やっぱりタイヤが細い方がパンクしやすいですよね?
通勤・通学に使おうと思ってるので、パンクすると困るんですが・・・」

 

このように、

細いタイヤ⇒パンクしやすい

というイメージを持っている方はとても多いです。

 

でもそれって、本当なのでしょうか?

ロードバイクはパンクしやすいのかどうかについて、解説していきます。

「ロードバイクはタイヤが細いからパンクしやすい」←勘違いです

結論から言うと、「ロードバイクはタイヤが細いからパンクしやすい」は、ただの勘違いです。

正直、太いタイヤも細いタイヤも、パンクの頻度はほとんど変わりません

 

なぜなら、パンクは“運”によるところが大きいからです。

 

恐らく多くの人が「太いタイヤの方がパンクしにくい」と感じているのは、タイヤのゴムが分厚くて頑丈そうだからではないでしょうか。

確かに、例えばMTBなどに使われごつごつのブロックタイヤは、ロードバイクに比べてタイヤが分厚いです。

そのため、「小さな異物を踏んだことが原因」となって起こるパンクのリスクは減るでしょう。

 

比較的ゴムが薄いロードバイクのタイヤだったらパンクしていたものが、ゴムの分厚いタイヤならパンクせずに済んだというケースもあります。

 

これだけ聞くと、

やっぱり細いタイヤはパンクしやすいんじゃん!

と思いそうですが、ではこのようなケースではどうでしょうか。

 

例えば、「踏んだら絶対にパンクする異物」が道路に落ちてたとします。

太いタイヤ、細いタイヤのケースを考えてみましょう。

 

細いタイヤの場合、路面との接地面積が少ないですよね。

ロードバイクのタイヤは横幅25mmのモノが多く、実際に地面に接しているのは15mm程度ではないでしょうか。

 

タイヤが細いので、道路に落ちている異物を踏む確率も下がります

 

踏むと絶対にパンクする異物が落ちていたとしても、細いタイヤだから踏まずに済んだというシチュエーションが考えられますよね。

 

しかし、太いタイヤだったらどうでしょうか。

 

例えば、MTBのように横幅が50mmあるタイヤだとします。

太さで言ったらロードバイクの倍になるので、接地面積もおよそ2倍の30mmだと仮定。

 

そうすると、ロードバイクの細いタイヤに比べて、単純に2倍の量の異物を踏んでいるといっても過言ではありません。

その中に「踏んだら絶対にパンクする異物」があったとしたら、ロードバイクに比べてパンクする確率は高いですよね。

 

いくらゴムが分厚くても、釘のようなものがタイヤにぶっ刺されば、パンクは避けられないしょう。

 

まとめると、

  • 細いタイヤに比べて太いタイヤは肉厚なので、小さな異物が原因でパンクするリスクは確かに減る。
  • しかし、太いタイヤの方が接地面積が多い分、異物を踏む確率は上がる。

つまり、タイヤの細さによってパンクする確率は、ほとんど変わらないというわけです。

 

勘違いが解けたでしょうか?

 

実際お店で働いている身からしても、タイヤの太さによってパンクの頻度が変わるとは全く感じません。

 

結局は、運です。(笑)

 

なので、「タイヤが細いロードバイクはパンクしやすい」と思っている方は、気にしなくても大丈夫ですよ。

空気を入れないだけで、パンクの頻度は急増する

自転車のパンク

ただ、今まで説明したのは「刺さりものパンク」が原因になった時です。

パンクというと、「何かが刺さって起こるもの」と認識している方も多いですが、実はそれだけではありません。

 

よく起こるパンクの種類は、主に3つです。

  1. 刺さりものパンク
  2. リム打ちパンク
  3. チューブの摩耗パンク

 

このうちの

  • リム打ちパンク
  • チューブの摩耗パンク

は、主に「空気を入れていないことが原因」で起こるパンクです。

 

どういうことか。

 

リム打ちパンクは、チューブに空気が入っておらず、プニプニな状態で走行する中で、体重によってチューブが押しつぶされて穴が開くパンクです。

リム打ちのイメージ写真

適切な空気圧さえ保っていれば、ほぼ確実に防げます。

 

 

そしてもう一つ。

 

チューブの摩耗パンクとは、チューブに空気が入っていないことによって、走るたびにタイヤの内側で動き、擦れ、摩耗によって穴が開くパンクです。

チューブの摩耗パンク

タイヤの中で擦れて、ボロボロに

これも、空気を入れていないことが原因となって起こり、チューブ本来の寿命を年単位で縮めてしまいます。

 

このように、「空気を入れないだけ」でパンクの頻度って急増するんですよね。

空気圧不足が原因でパンクする人の割合がどれほど多いことか。

 

耐パンクタイヤを使う、ゴムが厚いタイヤを使う、など・・・

どんなパンク対策よりも、まず行うべきは「ちゃんと空気を入れること」です。

 

なぜこの話をしたかというと、ロードバイクに乗る方でも「空気圧不足が原因」でパンクをする方が非常に多いからなんですね。

 

ロードバイクのタイヤは細い分、入れる空気量も少なり、かつ高圧です。

なので、非常に空気の抜けが早いです。

 

タイヤの空気は、乗る乗らないに関わらず、時間の経過によって減っていきます。
(詳しくは、自転車を放置していただけでパンク?原因は“空気が抜けただけ”で解説)

 

ママチャリなら空気を入れる頻度は1カ月に一回程度でいいのですが、ロードバイクは最低限2週間に1回は入れなければいけません。

 

サイクリングで使うなら、乗る度に入れるのが理想的なほどです。

 

その事実を知らずにロードバイクに乗り始めてしまうと、空気圧不足からパンクしてしまう方が非常に多いです。

 

その点、「細いタイヤの方が(空気が減りやすく)、(空気入れを怠ったことで)パンクしやすい」ということはあるかもしれません。

 

しかし、ちゃんと空気さえ入れていれば全く問題ないので、改めて、タイヤの太さによってパンクの頻度が変わることはありません。

パンクを減らすための心がけ

寿命を迎えたタイヤ

「パンクは運だ」と言いましたが、心がけ次第でリスクを減らすことは可能です。

誰でもできる心がけを2つ紹介します。

①タイヤを寿命ギリギリまで使わない

②道路の端ギリギリを走らない

タイヤを寿命ギリギリまで使わない

タイヤを寿命ギリギリまで使うのはやめましょう。

 

これまでに説明したように、ロードバイクのタイヤはもともとゴムが薄め。

タイヤの寿命は約3000-5000kmなのですが、ギリギリまで使うとゴムが薄くなり、当然パンクのリスクは高まります。

 

なので、

タイヤの接地面がツルツルになってきたな」

平たくなってきたな

と感じたら、迷わず交換しましょう。

 

でも中には、

寿命が近づいてきたし、次パンクしたらタイヤを交換しようかな

という方もいるでしょう。

 

これは一見、消耗品費を節約できるように思えて、実際は違います

なぜなら、パンクしたらチューブを交換しなければいけないからです。

 

結果、チューブとタイヤを新品に交換しなければいけないので、高くつく。

 

それに、タイヤが薄くなって、パンクのリスクが高まった状態で走るのは不安ですよね。

それで例えば通勤に遅刻したら、節約どころの話ではないわけです。

 

なので、タイヤは完全に消耗しきる前に交換するのがオススメ

普段使いのタイヤならせいぜい4000円程度です。

 

車の維持費に比べたらうんと安いので、ケチらず、交換しましょう。

道路の端ギリギリを走らない

ロードバイク乗り

ロードバイクは車道を走るのが一般的だと思いますが、あまりに端を走るのはやめましょう。

なぜなら、パンクを起こしうるゴミが沢山溜まっているからです。

 

例えば、鉄くず、釘、鉄板、ガラス片、など。

 

ただ、もちろん思いやりのある走行は必要です。

後続車がたくさんいるにもかかわらず、ゴミが少ないからといって車道の真ん中を走るのは、どう考えても迷惑。

 

車の邪魔にならないように考え、シチュエーションに応じてなるべく端を避けて走ることで、パンクのリスクを軽減することができますよ。

それでもパンクが怖いあなたへ

シュワルベ マラソンの誕生秘話

(出典:シュワルベ マラソン

自転車のタイヤは「ノーパンクタイヤ」ではない限り、パンクのリスクは0にはなりません。

しかし、「なるべく、パンクをしたくない!」と、誰もが思うことでしょう。

 

そんな時にパンクのリスクを減らすためにオススメなのが、「最強の耐パンクタイヤ」を使ってみることですね。

 

最強の耐パンクタイヤとは、「シュワルベ マラソン」のことです。

私はこのタイヤを履いて日本一周(11543km)を走ったのですが、なんと、パンクは0回でした。

日本一周中にサイクリストの聖地へ

それ以前の自転車旅でも使っておりますが、パンクしたことは一度もありません。

確か、マラソンを履いてから合計2万キロはパンクなしで走行できています。

 

なぜこれほど“最強”なのか。

 

シュワルベのマラソンについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

ロードバイクにも使えるタイヤなので、パンクしたくない人は絶対に使った方がいいですよ。

オススメです。

もしもパンクしてしまったら

どれだけ気を付けていても、どれだけ対策をしても、パンクをしてしまうことはあります。

そんな時でも、ロードバイクなら簡単にパンク修理ができるのです。

 

自転車屋に駆け込む必要なし。

 

簡単なやり方さえ知っていれば、自分で、その場で、10分程度でチューブを交換することが可能です。

 

街中を走るピチピチのジャージを着た自転車乗りを見たことがありませんか?

おそらくですが、彼らのほとんどは自分でパンク修理をすることができるはずです。

 

それほど簡単なパンク修理。

 

パンクが怖いな」と思っているなら、「パンクを直す方法」を覚えてしまえばいいのです。

 

こちらの動画を参考に、パンク修理をマスターしてみてください。

まとめ

本記事を振り返り、要点をまとめます。

 

  1. ロードバイクのタイヤは細いから、パンクしやすいの?
    ⇒勘違いです。太さによって、パンクの頻度はほとんど変わりません。

  2. しかし、細く、空気圧の高いロード用タイヤは、空気が抜けやすい
    ⇒空気圧の低下が原因で、パンクが起こす人は多い。
    ⇒でも、空気さえ入れていればほぼ防げます。パンクのしやすさには関係なし。

  3. パンクのリスクを減らすための心がけ
    ①タイヤを寿命ギリギリまで使わない
    ②道路の端ギリギリを走らない

  4. それでもパンクが怖いなら、「シュワルベ マラソン」という最強の耐パンクタイヤがオススメ。
  5. そもそも、誰でも簡単にできるパンク修理を覚えれば、パンクなんてへっちゃら。

 

タイヤが細いからと言って、パンクが増えるということはありません。

ロードバイクでも全く心配ないので、気にしなくてOKです。

 

ご覧いただきありがとうございました!

チャージで最もお得にお買い物

普段からAmazonを使うあなたへ。

買い物するなら「ギフト券チャージ」が断然オトク。
最大2.5%も還元されるので、欲しいものが余分に買えちゃいます。

よくある質問
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました