「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

自転車のブレーキが効かない・効きが悪い時の原因と解決策

ママチャリのブレーキレバー
悩んでいる人
悩んでいる人

なんでだろう、最近自転車のブレーキが“スカスカ”なんだよね。

 

強く力を入れても、効きが悪い。

「効かない」と言ってもいいかも。

 

これって、何が原因なのかな?

自転車屋さんで直してもらうとしたら、いくら掛かるんだろう?

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 自転車のブレーキがスカスカで、効きが悪くなった原因
  • 解決策の提示(手順ではなく、直すためにやること)
  • 自転車屋さんで調整したらいくら掛かるか?

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します。

 

ブレーキが効かないのは非常に危険。

必ず調整し、安全に乗れる状態にしておきましょう!

 

本記事の内容は、ママチャリからスポーツバイクまで共通です。

 

自転車のブレーキが効かない・効きが悪い時の原因と解決策

 

結論からいうと、ブレーキが“スカスカ”になって効かない時の原因は、主に2つ。

 

  1. ブレーキワイヤーが伸びている
  2. ブレーキシューが減っている

これらのダブルパンチが起こると、効かなく(効きが悪く)なります。

 

かける
かける
  • 「長く乗っている自転車だけど、メンテナンスなんてしてない…」
  • 「消耗品の交換とかしたことないよ…」

という方は要チェック!

 

以下で原因と解決策について、詳しく解説しますね。

ブレーキワイヤーが伸びている

ママチャリのブレーキレバー

一部を除き、ほとんどの自転車のブレーキには「ワイヤー」が使われています。

細い鉄のヒモですね。

 

これが、使っていると伸びてくる。

ワイヤーが伸びると、ブレーキレバーの握りが緩くなります。遊びが大きくなります。

 

「初めはレバーを握ると硬かったけど、いつの間にか柔らかくなっていた!」

というのは、ワイヤーの“伸び”による影響もありますね。経験ある方も多いでしょう。

 


これを直すには、「ブレーキワイヤーの張り調整」を行えばOK。

といっても、自分で作業を行う方は少ないと思うので、お店に任せた時の目安料金をお伝えします。

 

前後で約500円

 

簡単な調整のみなので、料金は安いです。

ブレーキが効かないとお悩みなら、お店に持って行きましょう。

ブレーキシューが減っている

しかし、「ワイヤーの張り調整」だけではどうにもならない時もあります。

「ブレーキシュー」が減っている場合ですね。

 

ママチャリのライト

 

これがブレーキシュー。

 

そもそも“ブレーキ”をしてなぜ止まるかというと、摩擦抵抗によるものです。

ブレーキシューが車輪と擦れることで、止まります。

 

…だから、使っていくとシューが摩耗するんですよね。

 

  1. ゴムが減る→薄くなる
  2. 薄くなる→隙間が大きくなる
  3. 隙間が大きくなる→ブレーキの効きが緩くなる(効かなくなる)

 


 

これを解決するには、「ブレーキシューの交換」をしましょう。

 

ママチャリの場合、部品代が約500円、工賃が約500円(片側)ってところです。

スポーツバイクの場合、部品・工賃ともに倍くらいの料金が掛かります。

 

【追記】ブレーキがうんともすんとも反応しない時は…

「効かない」のレベルが、「全くブレーキが掛からない、反応しない」という時は、別の問題です。

おそらくブレーキワイヤーが切れています。

 

ワイヤーの交換+調整で直せますよ。

全て含めて、片側料金は1500円ほどです。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車のブレーキが効かない・効きが悪い時の原因と解決策】

  • ブレーキワイヤーが伸びている→張り調整して直す
  • ブレーキシューが減っている→新品に交換して直す
  • ブレーキワイヤーが切れている→ワイヤー交換

 

ブレーキ関係の修理は、それほど高くならないことが多いです。

異変を感じたら、自転車ショップに持って行きましょう!

タイトルとURLをコピーしました