【Amazonプライムデー開催中】気になる自転車グッズ11選をまとめてみた

【ロードバイクの維持費って?】消耗品の交換時期と費用について

スプロケットにチェーンが掛かっているメンテナンス
・ロードバイクを維持するのにどれくらいの費用が掛かるの?
・ロードバイクの消耗品は何があって、交換費用にいくらかかる?
こんなことを知りたい方にオススメの記事です。
 

ロードバイクはママチャリと違ってバイクメンテナンスが超超超大切です。

 

中でも寿命を迎えた消耗品の交換は絶対であり、
これを怠るとロードバイク本来のパフォーマンスを発揮できなくなったり、安全に走行することができなくなったりします。

 

ところで皆さんはそのような「消耗品」に何があるかご存知ですか?
また、どのくらいの頻度で交換したら良いかを知っていますか?

 

ロードバイクに乗られている方でも、消耗品の交換を適性時期に行えている方は少ないです。多くの方はトラブルが起きた段階で異変に気付きます。

 

しかし、実はその段階で気づいていては遅すぎるのです。

 

なぜなら、寿命を超えて使い続けたパーツは自転車に悪影響を及ぼし、最悪の場合そのパーツの交換だけでは済まないようなことになりかねないからです。

 

そこで今回は、

・ロードバイクの消耗品には何があるか
・それらの交換はどのくらいの頻度で行うべきなのか

を紹介するとともに、

消耗品の交換にかかる【ロードバイクの維持費】についてお伝えしていきたいと思います。

交換が必要な消耗品一覧

消耗品の交換基準をどうするか悩みましたが、
今回は【5000km走った時に必要になるアイテム】を基準に考えました。

 

経過日数で表してしまうと、乗る人・乗らない人とでは大きな走行距離の差が生まれてしまいますし、距離を具体的に設定しないと長い目で見た時にホイールやフレームさえも消耗品としてカウントされてしまうからです。

 

そこでまずは、ロードバイクで5000km走行した時に必要になる消耗品を全て紹介します。

・チェーン
・タイヤ
・ブレーキシュー(パッド)
・インナーワイヤー
・スプロケット
・バーテープ
・アウターケーシング

適切なパフォーマンスを維持するためには、これだけの消耗品を交換しなければなりません。

 

それぞれ消耗しきるまで(寿命)の走行距離と、交換にかかるパーツ代と工賃について詳しく説明していきます。

 

※パーツ交換工賃は全国展開する自転車店「サイクルベースあさひ」を参考にしています。

タイヤ

走行距離本体価格交換工賃合計金額
3000km-5000km3000円~1500円9000円(前後2本)

タイヤにはモノによって交換時期までの距離が異なりますが、大体このぐらいの走行距離で寿命を迎えることになるでしょう。

 

あくまでもこの数値は上手く使い切った場合のものであり、運が悪ければ穴をあけるような異物を刺してしまい新しくても交換しなければいけないような事もよくあります。

 

タイヤは使っていくにつれ、
・ゴムが劣化してグリップが悪くなる
・溝が無くなって排水性が落ちる
・肉が薄くなってパンクしやすくなる
というような悪影響があるため、ツルツルになってしまったタイヤは履き替えましょう。

 

ちなみに、私が自転車日本一周で使った シュワルベ「マラソン」 というタイヤはとても耐久性に優れており、一般的なタイヤよりも長持ちします。

実際、日本一周11543kmをノーパンクで完走しましたし、前輪にいたっては一度も交換していません。

 

重さを気にしない走り方であればとてもオススメのタイヤです。

チェーン

走行距離本体価格交換工賃合計金額
3000km-5000km1700円~2600円4300円

チェーンは段数によって寿命が異なってきます。

 

ロードバイクの場合主に8段-11段変速までありますが、変速数が多くなるにつれてチェーンの厚みが薄くなり、交換時期を迎えるのが早くなるというわけです

 

しっかりとメンテンスされたチェーンであれば、8速なら5000km、11速なら3000km程
使うことができます。

 

チェーンは使っていくうちに伸びが生じ、
・変速がキビキビ決まらなくなる
・歯飛びを起こして力を加えられなくなる
・伸びたチェーンは間隔が広くなるため、ドライブ系パーツ(RD、チェーンリング、スプロケット)を削ってしまう
といった悪影響を及ぼします。

 

ところがチェーンの交換時期って目視では中々判断しづらいですよね?
それもそのはず、寿命を迎えたチェーンの伸び率は全体の1%程に過ぎないからです。

 

そこでチェーン伸びを確認するには専用のチェッカーを使って確認することをオススメします。
以前まとめた記事があるので、気になる方はこちらをご覧ください。

リアシフトインナーワイヤー

走行距離本体価格交換工賃合計金額
約3000km約600円~1500円2100円

リアシフトワイヤーとは、後ろ側の変速機を操作するために引っ張っているワイヤーです。

 

フロントよりもリアの方が変速回数が多く、交換時期を迎えるのが早いです。

 

ワイヤーは使っていくと最終的に切れてしまい、

・変速ができなくなる
・変速がおかしくなる

といったトラブルを巻き起こします。
また、写真のようにレバー近くで切れてしまうと取り出すのがとても大変です。

 

そのため切れる前に交換してしまうのが理想的であり、それがおよそ3000kmの目安距離となります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

バーテープ

走行距離本体価格交換工賃合計金額
4000km1200円~3000円4200円

バーテープは走行距離で交換時期を決めるというよりも、「汚くなったら交換する」といった感覚で取り換えましょう。

 

手垢で茶色くなったり、傷がついてボロボロになったバーテープは、見た目的にも衛生的にも良くありません。

 

特に雨の中走行することが多い方は要注意で、濡れた後しっかり乾かさないと悪臭を生む原因にもなってしまいます。

 

ただバーテープの交換は意外にも時間が掛かる作業で、お店に頼むと作業時間分の工賃を請求されてしまうんですよね。

 

特殊な工具が必要だったり、難しい調整が必要な作業に工賃を支払うならまだしも、こだわらなければ誰でも挑戦できるバーテープ交換にそれだけの費用を支払うのはもったいないような気がします。

 

今の時代webにいくらでもやり方が転がっているので、それを見ながら自分で交換してみるのも良いのではないでしょうか。

そのうち当ブログでもご用意します。(-_-;)

スプロケット

走行距離本体価格交換工賃合計金額
7000km1700円~1500円3200円

スプロケットはチェーン交換2回につき1回交換するようなイメージです。

しっかりとメンテナンスを行えば7000km以上使うことができますが、そうでない人も少なくありません。

距離で言えば基準である5000kmを超えてしまっていますが、実際にそのくらいの距離で交換が必要になる人も多いので例外的に記しておきます。

 

ではどのような人がスプロケットの寿命を縮めてしまうかというと、

・伸びたチェーンを交換せずに走り続けている人
・チェーンに注油せずに乗る人
・変速をうまく使いこなせず、一つのギアを多用する人

などです。

 

スプロケットを長持ちさせるには、
とにかくチェーンに関するメンテナンスを徹底することと、ギアをしっかりと使うことに尽きます。

 

スプロケットのはチェーンが掛かるパーツであるため漕ぐたびにわずかに削られていきますが、チェーンのメンテナンスを怠ると無駄に削られてしまいます。

また変速をあまり行う癖が無く、同じギアで走り続けている方は要注意です。

 

そのギア1枚だけが集中的に消耗していき、結果的にスプロケットの寿命を早めてしまうことになりかねません。

 

そうではなく、キチンとメンテナンスされたチェーンで、しっかりと変速を行っていれば示した数値のように長持ちするパーツです。

 

無駄な出費を省くためにも、初心者でもできる日頃からのメンテナンスを怠らないようにしましょう。

ブレーキシュー(あるいはパッド)

走行距離本体価格交換工賃合計金額
3000km-5000km800円~1000円3600円(両側)

ブレーキシューは自転車を止めるために必要なパーツです。

 

雨の日に走行すると減りが激しくなるため、この数字よりも短くなると考えられます。

 

ブレーキシュー上部には交換時期を示すラインが引かれており、目視で確認することが可能です。

 

シューが無くなってしまうと制動力が落ちてしまうため、安全に自転車を乗るためには必須のメンテナンスです。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,041(2021/06/22 01:39:01時点 Amazon調べ-詳細)

ブレーキインナーワイヤー

走行距離本体価格交換工賃合計金額
5000km約600円1500円2100円(1本)

ブレーキのワイヤーはシフトに比べて切れにくく、長持ちします。

おそらくここで示している「5000km」を使用しても切れてしまう確率は低いです。

 

ではなぜ交換が必要かというと、
ワイヤー自体が劣化してきて抵抗が増し、ブレーキの引きが重くなってしまうからです。

特に安い完成車に組み込まれていることの多いスチール製のインナーワイヤーは錆びやすく、その症状が起こりやすくなっています。

 

新品の時にスルスル引けたあの感覚ではなくなり、「ムニュッ」といった感覚に変わってしまったらそれが交換の合図です。

各アウターケーシング

走行距離本体価格交換工賃合計金額
5000km300円/m2500円2800円(1本)

アウターケーシングにはブレーキとシフトの二種類あります。

 

この商品自体は安いですが、作業をするとなるとワイヤー交換と同じ手順を踏む必要があり、お店での工賃が高くなっています。

 

インナーワイヤーが劣化するとお伝えしましたが、その通り道であるアウターケーシングも当然悪くなっていきます。

 

中の空洞部をインナーワイヤーが通っており、擦れることにより溝ができてしまうんですね。

 

それが抵抗となってブレーキングを重くさせます。

 

外から見た時に割れていたり、錆びていたりするときはもちろん交換が必要ですが、
外見が良くても中は確実に劣化してしまうので5000kmに一回は交換するようにしましょう。

 

アウターの交換にはバーテープの交換も必要になりますから、同じタイミングで行うのが一般的ですね。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,318(2021/06/22 01:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

5000km以上の使用で交換が必要なパーツ

ここまでは「5000km」という現実味のある距離で交換が必要になる消耗品を紹介してきました。

参考までに、それ以上走った時はどのようなパーツの交換が必要になるのか、簡単に紹介したいと思います。

パーツ名交換推奨距離
ペダル1万km~
BB1~1.5万km
リムテープ1万km(劣化したら)
RD プーリー1万キロ~
クランク(チェーンリング)1万キロ~
ホイール2万キロ~

まとめ

改めてロードバイクで5000km走った時に必要になる消耗品と維持費はこちらです。

パーツ名走行距離交換合計費用
タイヤ3000km-5000km9000円(前後2本)
チェーン3000km-5000km4300円
リアシフトインナーワイヤー約3000km2100円
バーテープ4000km4200円
スプロケットメンテして7000km以上3200円
ブレーキシュー3000km-5000km3600円(両側)
ブレーキインナーワイヤー5000km2100円(1本)
各アウターケーシング5000km2800円(1本)
5000km走行した時に掛かる消耗品費合計27430円

全て合わせておよそ27500円掛かるという結果になりました。

 

5000kmというのは意外にもあっという間に訪れます。

毎日片道10kmの通勤をしている方なら、約1年間でその距離に達してしまうのです。

 

これらのメンテナンスを怠ると、後でしようと思った時にはかえって高くついてしまうことがありますから、それぞれ適切な交換時期に買い替えすることをオススメいたします。

 

そうすることで高級なロードバイクを何年もいい状態で乗り続けることができるようになりますよ。

 

ご覧いただきありがとうございました。

\年に一度のAmazonプライムデー開催中/

欲しかった自転車用品も、キャンプグッズも、おうちで使う家具家電も、セール対象。
21日と22日の二日間限定なので、後悔したくないなら要チェック。
夏のボーナスで、自分にご褒美を。

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
メンテナンス車体
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました