ロードバイクを始める時に必要な初期費用はいくら?【最低限必要なアイテム7選】

よくある質問
・ロードバイクを始める時に必要な初期費用っていくら?
・他のサイトを見たけれど、「あるといいもの」が含まれていて初期費用が分かりにくい
こんな悩みを抱えた方にオススメの記事です。
私がロードバイクを始めた際も、初期費用がいくらかかるかとインターネットで調べたことがあります。
その時、「これがあった方が便利」とか「これもオススメ!」だとか
”ロードバイクに乗ること”に対して最低限必要なモノ以外がいくつか含まれており、本当に必要な初期費用がいくらか分からないといったことがありました。
そこで今回はそういったモノを省き、ロードバイクを始める際に本当に必要なアイテムは何かと、全て揃えた時にかかる初期費用についてまとめてました。

必須アイテムにかかる初期費用:125,000円

新しくロードバイクを購入し、使うためには最低限これだけのアイテムを揃える必要があります。

アイテム名参考価格
ロードバイク本体100,000
ヘルメット10,000
ペダル2,000
フロアポンプ3,000
前後ライト5,000
カギ3,000
携帯工具2,000
合計約125,000

全て合わせた初期費用が12万5000円程になる計算です。

 

この価格で想定したアイテムについて詳しく説明させて頂きます。

アイテムの選び方

ロードバイクを始める上で必須となる7つのアイテムについて、初心者が購入するにはどんなものを選べば良いかをご紹介していきます。

ロードバイク本体:100,000

10万円あればエントリーロードの中から好みのモノを選ぶことができます。

安いものだと8万円台からあったりしますね。

 

ジャイアント

ネスト

フェルト

メリダ

など他にも沢山のメーカーがあります。

 

10万円以下のエントリーロードの場合はメーカーによって使われているパーツ自体に大きな差はないため、自分の好きな形やカラーリングで選んでいただければと思います。

 

もし「ちょっと高いな~」と思ったとしても、絶対に5万円未満で買えるようなロードバイクもどきに手を出してはいけません。

インターネットで「ロードバイク コスパ最強」などと調べると怪しい自転車が沢山出てくるアレです。

 

それらは「ルック車」と呼ばれており、見た目をロードに似せただけのママチャリといっても過言ではありません。

街中でファッションとして乗るならいいですが、スポーツとして乗るには性能が伴っていないのです。

 

しっかりとしたロードバイクを楽しみたい方は10万円程の予算を考えておくとよいでしょう。

ヘルメット:10,000

ヘルメットに着用義務は無いため、厳密にいえば「あると良いモノ」に含まれてしまいます。

 

しかし、ロードバイクという乗り物は誰が乗っても簡単にスピードが出てしまい危険なため、乗り手のマナーとして被るのが一般的です。

 

事故をしてしまった時のことを考えれば、決して高いとは思わないでしょう。

 

そこで私が初心者にオススメするヘルメットは「OGKカブト」というメーカーのものです。

理由としてこれらが挙げられます。

  1. 大阪にある国内メーカーで、日本人の頭の形に合ったサイズ展開
  2. 手ごろな価格
  3. 種類が豊富

アマチュアからプロレーサーまでユーザーのいるメーカーで、日本において抜群の知名度を誇ります。

ペダル:2,000

「走るため」に最低限必要な物として、フラットペダルを選びました。

 

ロードバイクには基本ペダルはついておらず、自分で購入したものをを取り付けることになります。

 

本格的にサイクリングを始める際には「ビンディングペダル」と呼ばれるペダルとシューズを固定するモノを使う方も多いですが、まずはロードバイクの走行になれるためにフラットペダルから使い始めることをオススメします。

 

ペダルの値段は様々ですが、これは質や精度の違いとなっております。

 

高ければ高いほどペダルの重量は軽くなりますし、回転の抵抗が減りパワーロスが少ないです。

また、耐久性の強さにも大きく影響してきます。

 

形やスパイクピンの有無についても異なってくるため、自分の好みや使い方を考慮して選んでみて下さい。

 

ちなみに私が使っているのはラムダというペダルで、特徴的な扇形とタコの吸盤のようなグリップ面があり、スニーカーでの使用に最適です。

フロアポンプ:3,000

ロードバイクに使われているバルブ形式は「フレンチバルブ(仏式)」であり、ママチャリに使われる「イギリス式(英式)」とは異なります。

 

先っちょに洗濯ばさみのようなものが付いたポンプしか持っていない人は新しく購入が必要です。

左が英式・右が仏式(ロードバイク)

左が英式・右が仏式(ロードバイク)

ロードバイク等のスポーツバイクは空気圧管理がとても大切な乗り物です。

 

タイヤごとに「適性空気圧」があるのですが、これを下回った状態で走行すると本来のパフォーマンスが発揮されない他、タイヤの劣化が激しくなったり、リム打ちというパンクに繋がったりします。

また、ママチャリに比べて高圧で空気を入れるため、抜けてしまうスピードも速いです。

 

そのためポンプには空気圧を計るメーターがついており、これを見ながら空気を入れることができます。

ママチャリは1か月に一回程度空気を入れればよいため自転車屋で空気入れを借りて過ごすこともできますが、ロードバイクの場合は最低でも1週間に一回の充填をする必要があり、必ずポンプを揃える必要があるのです。

前後ライト:5,000

絶対に明るい時間帯にしか使わない」というのであれば必要ないですが、多くの人がそうではないですよね。

  • ちょっとお店によっていたら遅くなってしまった。
  • 友達と喋っていたら真っ暗になってしまった

なんて経験があると思います。

 

ですからライトについても必需品と考えました。

 

ママチャリのように漕いだら発電して点灯するような便利な仕組みはないため、購入したものを後付けで装着しなければなりません。

 

ライトには主に2種類あり、

・目の前を照らすフロントライト
・後方からの視認性を高めるリアライト

があります。

 

どちらもお金をかければかけるほどより明るく、より長時間使えるようになります。

 

あまりに安いものを選んでしまうと暗くて不満になることがあるため、ある程度のお金をかけるべきアイテムです。

 

今回想定した商品は自分が使って納得のいく明るさであり、前後セットで5000円を切る手ごろな価格のこちらです。

INFINI(インフィニ) LAVA I-260WR ヘッド&テールライトセット ブラック

 

消しゴム程度のサイズであるためロードバイクのスマートな見た目を崩しませんし、見た目以上の明るさを放ちます。

 

本体を90度ひねるだけで取り外しができるため、盗難されてしまうリスクも減らせます。

 

またUSB充電となっているので、スマホ等でお使いのUSBタップがあれば同梱されているUSBコードを使って充電することができますよ。

 

街乗りではこれで十分です◎

カギ:3,000

自転車自体にカギはついていないため購入する必要があります。

盗難防止にカギを付けるわけですが、頑丈になればなるほどゴツくなってしまいます。

 

重さというのは軽やかに走られるロードバイクにとって非常にストレスです。

 

では、どういったカギを用意したらよいのでしょうか?

私の考え方はこうです。

サイクリングの場合

走ることを目的としたサイクリングであれば、私は軽さと持ち運びやすさを重視した「ワイヤーロック」を選びます。

盗難面での信頼性には欠けてしまいますが、そもそも目を離さなければ盗まれることはないからです。

 

飲食店に入る際はガラス張りの店で自転車が見える位置に座ったり、ジュースは自販機、食べ物はコンビニでパパっと買う等、自分の意識で盗難されるリスクを減らすことができます。

目を離す時間が長い場合

そもそも高価なロードバイクから長時間目を離すような使い方をすること自体お勧めできませんが、通勤・通学など人によってはそのような場合があるでしょう。

 

自分の管理下に無い時間が長くなる可能性がある時は、重量よりも盗難面を意識した鍵を持ち運びます。

私の場合

そのため私は、前者の場合はワイヤーロックを、後者の場合はチェーンロック使い分けするようにしています。

携帯工具:2,000

ロードバイクを含むスポーツバイクのほぼ全ては、サドルの高さ調整すら工具なしでは行うことができません。

 

そのため、お持ちでない方は工具についても用意をする必要があります。

 

中でも用意していただきたいのが自転車用の携帯工具です。

同じようなものがホームセンターにも売っていますが、

自転車用にはスポーツバイクでよく使われるものを厳選してしておりますので、1つ持っておけばある程度の調整やメンテナンスが可能です。

 

種類が沢山あるのですが、初心者の方はこれで十分です。

TOPEAK(トピーク) ミニ 6 L

六角レンチが2、3、4、5、6mmの5種類と、+ドライバーのセットとなっています。

 

価格が上がるにつれてチェーンカッターやトルクスレンチなど使える機能が増えていきますが、その分重量も増してしまうんですね。

 

初心者の方は簡単な調整くらいしかしないでしょうから、こちらで問題ありません。

 

ちなみにロードバイクで多用する工具サイズは六角レンチの4/5mmで、この二つのサイズさえあれば

  • ドリンクケージの取付
  • サドルの高さ調整
  • ハンドルの高さ調整
  • 各パーツの付け外し

など、多くの作業が可能です。携帯工具を選ぶ際は是非参考にしてみて下さい。

まとめ

以上が【ロードバイクを始める時に必要なアイテムと、それにかかる初期費用】でした。

 

あくまでも衣類やパンク対策などについては考慮せず、本当の意味で「最低限必要なアイテム」だけをまとめてみました。

 

しかし、この状態では買った飲み物を入れるドリンクケージや、家で立てて保管しておくためのスタンドすらありません。

 

ロードバイクをより便利に使うとなるとより多くの費用が掛かってしまいますが、そうでないならこれだけで十分です。

 

まずは思い切って購入し、その楽しさを味わってみましょう。

アレコレそろえるのは後からでも構いませんからね。

 

ご覧いただきありがとうございました。

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
よくある質問
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました