「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

自転車に使われるバルブの種類について 【英式・米式・仏式】

自転車のバルブの種類(英式、米式、仏式)
悩んでいる人
悩んでいる人

自転車のバルブには、どんな種類があるのかな?

 

自分の使っている自転車にはどれが使われているのかが知りたいんだけど・・・

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 自転車に使われるバルブの種類にはどんなものがあるか
  • バルブに応じた空気入れの選び方
  • バルブキャップが割れたり、無くしたりしてしまった時に新しく購入する方法

 

自転車店で働く私が解説します。

自転車に使われるバルブの種類について 【英式・米式・仏式】

自転車のバルブの種類

自転車に使われるバルブ(空気の注入口)には、3つの種類があります。

  1. 英式バルブ(イングリッシュバルブ)
  2. 米式バルブ(アメリカンバルブ)
  3. 仏式(フレンチバルブ)

です。

 

写真でバルブの形を見て、バルブの種類を確認してみてください。

 

詳しく解説します。

英式バルブ(イングリッシュバルブ)

ママチャリの英式バルブ

英式バルブは、自転車に使われているバルブの中で最も多く使用されているバルブ形式です。

 

なぜなら、ほとんどの一般軽快車(ママチャリ)が英式バルブを使っているから。

銀チャリ、ママチャリ、子乗せ自転車、電動アシスト自転車、幼児車など・・・

数多くの自転車に使われています。

米式バルブ(アメリカンバルブ)

米式バルブは、スポーツバイクに使われることが多いバルブ形式です。

アメリカンバルブとも呼ばれます。

 

特徴として、耐久性が高く、空気漏れが少ないという点があります。

 

主に使われている車種は、クロスバイク、マウンテンバイク、BMXなど。

実は自転車の他にも、自動車やオートバイにも使われているバルブ形式となっています。

仏式バルブ(フレンチバルブ)

仏式バルブも、スポーツバイクに使われることが多いバルブ形式です。

フレンチバルブとも呼ばれます。

 

特徴として、高圧に耐えられる構造を持っています。

ですので、主にロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどによく使われます。

対応する空気入れの選び方

空気入れの気圧計

バルブ形式のよって、使う空気入れが異なります。

しかし、中には【英式・米式・仏式】すべてに対応したポンプがありますので、そちらを選ぶと便利です。

 

バルブの種類に応じた分だけポンプを用意する必要がありません。

 

とても空気が入れやすく、気圧メーターも付いているサーファスの空気入れがオススメ

3種類のバルブ形式に対応しているので、どんな自転車にも空気を入れることができますよ。

バルブキャップについて

ママチャリの英式バルブ

自転車のバルブには、キャップが付いていますよね。

バルブキャップと言います。

 

これは、バルブの中に水やごみが入らないようにするための役割があります。

 

 

しかし、バルブキャップはプラスチック製なので、よく割れてしまうことがあります。

また、「気づいたら無くなっていた」なんてことも。

 

でも心配ありません。

 

バルブキャップが割れたり、無くしたりしてしまった時でも、新しいものを購入することができます。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

おさらいです。

自転車のバルブ形式には、3つの種類があるとお話ししました。

  1. 英式バルブ(イングリッシュバルブ)
  2. 米式バルブ(アメリカンバルブ)
  3. 仏式(フレンチバルブ)

 

もう頭の中に、それぞれの形は覚えられましたでしょうか?

自転車のバルブの種類(英式、米式、仏式)

最後にこの写真を見て、バッチリ覚えていってくださいね。

 

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました