「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

【車種共通】ディスクブレーキパッドの選び方<互換性解説>

ディスクブレーキの「パッド」 選び方解説 <種類と互換性>
悩んでいる人
悩んでいる人

自転車の「ディスクブレーキパッド」を交換したいんだけど、どれが使えるのかな?

互換性とか選び方とか、種類が多すぎてさっぱり分からないよ…。

 

ナロー/ワイドってナニ?

レジンとメタルの違いって??

フィンはあった方がいいの???

 

そんなに詳しいわけではないし、分かりやすく教えてもらえると助かるなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • シマノのディスクブレーキパッドの選び方(ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなど車種共通)
  • ディスクブレーキパッドの互換性について
  • パッドの性能差は?(シマノの電子カタログへ案内)
  • 主要コンポーネントに使えるパッド

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

 

「パッドの種類が多すぎて分からん!!」という声が多いので、記事にしてみました。

 

本記事を見れば、あなたの自転車に使えるパッドが分かりますよ。

カタログから探すとややこしいですが、実は、簡単に調べられるのです。

 

その方法を皆さんにお伝えします。クロス、ロード、MTBなど、車種共通の情報です。

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数14万PV達成
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

【車種共通】ディスクブレーキパッドの選び方<互換性解説>

ディスクブレーキの「パッド」 選び方解説 <種類と互換性>

使えるブレーキパッドを探すには、たった2つのステップを踏むだけです。超簡単。

  1. ブレーキキャリパーの型番を確認
  2. シマノ公式サイトで分解図をチェック

 

「パッドの一覧表から適合するブレーキを選んで…」と、面倒なことはしなくてOK。

以上の手順なら、互換性を間違えることもありませんし。

なぜなら、使えるパッドしか表示されないから。

 

分かりやすく、詳しく解説しますね。

ブレーキキャリパーの型番を確認

パッドを探し出す上で必要不可欠な情報が「ブレーキキャリパーの型番」です。

使っているブレーキが分からなければ、使えるパッドが何かも分かりませんから。

 

ブレーキをぐるっとみて、型番を調べてください。前後どちらでもOK。

ディスクブレーキパッドの選び方

例えば、写真にあるブレーキの型番は「BR-R7070」。

ちなみにこれは、105グレードのブレーキキャリパーです。

 

 

同じように型番をチェックしてください。

そして、メモっておきましょう。超重要。

シマノ公式サイトで分解図をチェック

ブレーキの型番が分かったら、シマノの公式サイトに飛んでください。以下のリンクです。

主に販売店向けのマニュアル&技術資料に関するページなので、見慣れないと思います。

 

ディスクブレーキパッドの選び方と互換性

トップページを開いたら、「キーワード検索」の欄に調べたブレーキの型番を入力します。(上記の例:BR-R7070)

 

そしてエンターキーを押して、次のページへ進みます。

ディスクブレーキパッドの選び方と互換性

4種類の資料が出て来ましたね。(モノによって数は変わるかも)

今回使うのは“EV”と表記のある分解図になります。

 

青字にカーソルを当てて、写真のようなプレビューが表示されたら、それで合っています。

クリックして開いてください。

 

ディスクブレーキパッドの選び方と互換性

パーツの分解図がPDFで開きます。すると、答えが載っていますよ。

写真右上にあるブレーキパッドがいずれも使用可能です。

 

13、14、15、16が該当番号ですので、PDFを下へスクロールして詳細を確認します。

 

ディスクブレーキパッドの選び方と互換性

 

「この中ならバッチリ使えるぜ!」ということで、使えるパッドが簡単に分かりましたね。

とりあえず、正解が絞れてほっと一息。

 

…でも、こんなふうに思う方が多いでしょう。

ギモンの声
ギモンの声

(この写真の場合)6種類も使えるパッドがあるけど、どれがオススメなの?

全て互換性はあるみたいだけど、結局何を選べばいいの?

 

 

パッドの種類による“性能差”については、また後ほど解説しますね。

少々お待ちくださいませ。

パッドを外して確認するのもアリ

紹介した上記の確認方法が一番手っ取り早いかなと思いますが、他の手段として「パッドを外す」もあります。

今と同じパッドを探し出す時にも有効です。

 

濡れたディスクブレーキパッド

パッドを抜くと、裏面に型番が書いてあるはずです。(ちょうどいい写真が無くてすみません…)

例えば、「B01S」とか。

 

それがブレーキパッドの型番になりますので、同じパッドが調べられます。

ブレーキパッドの違い

お待たせしました。

 

ブレーキキャリパーと互換性のあるパッドを調べられたところで、さらに種類があることが分かり、選び方に悩んだだろうと思います。

例の「BR-R7070」にしても、これだけありますからね。

  • Resin Pad (K03S) & Spring
  • Resin Pad (K02S) & Spring
  • Metal Pad (K04S) & Spring
  • Resin Pad (L03A) w/Fin & Spring
  • Resin Pad (L02A) w/Fin & Spring
  • Metal Pad (L04C) w/Fin & Spring

 

主に、ポイントは2つ。

  1. メタルパッドなのか、レジンパッドなのか。
  2. フィン付きなのか、無しなのか。

(特性について詳細を知りたい方は、カミハギサイクルさんの記事が参考になります)

 

これらの性能差をチャートで表したものを、シマノのリペアパーツ電子カタログで確認することができます。

シマノディスクパッドの違い

 

 

色々ありますが、無難なパッドの選び方は「レジンのフィン付き」でOK。

特にロード、クロスは。

そもそもフィン付きを選べない場合は、「レジン素材のいずれかのパッド」でいいと思います。

 

メタルパッドを使うのは、違いが気になったらで大丈夫ですかね。

その頃には恐らく、種類の説明をしなくても分かるくらい、十分自転車に詳しくなっているだろうと思われますけど(笑)

主要コンポーネントに使えるパッドを紹介

ロードバイク系

  • BR-R4770(ティアグラ):L03A
  • BR-R7070(105):L03A
  • BR-R8070(アルテグラ):L03A
  • BR-R9170(デュラエース):L03A

 

ロード系コンポのブレーキには、「L03A」を付けるのがオススメです。

クロスバイク系

  • BR-MT200:B03S(B01S)
  • BR-MT400:B01S(B03S)

 

「B03S」は「B01S」の後継でして、使えるモデルは同じです。

どちらも使えますので、在庫のある方を購入しましょう。

マウンテンバイク系

  • BR-M6000(デオーレ):J03A
  • BR-MT420(デオーレ):D03S
  • BR-M7000(SLX):J03A
  • BR-M7100(SLX):J03A
  • BR-M7120(SLX):D03S
  • BR-M8000(XT):J03A
  • BR-M8100(XT):J03A
  • BR-M8120(XT):D03S
  • BR-M9100(XTR):K04Ti
  • BR-M9120(XTR):N03A

 

マウンテンバイクにお乗りの方は、メタルパッドを好んで使う方も多いでしょう。

例として主にレジンを紹介しましたが、乗り方に合った方をお選びください。

 

ナローとワイドの互換性

補足的に、「ナロー」と「ワイド」について説明します。

ディスクブレーキのパッドについて調べる中で、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

ナローパッドをワイドパッド

ディスクブレーキのローターには、「ワイドタイプ」と「ナロータイプ」の二種類があります。

 

幅が広いのか、細いのか、です。

比較的手頃な自転車(クロスとか)にはワイドタイプがよく使われます。

 

気を付けなければならないのが、これらに互換性がないこと。

 

だから、パッド選びは難しい…。意味が分からない…。

 

と思う方も多いのですが、私が紹介した方法で調べれば、そもそも取付できるパッドしか表示されません。

ですので、知識として知っておいて損は無いですが、パッドを選ぶ上で必ずしも理解できていなくても大丈夫です。

ブレーキパッド&ローターの交換時期

ちなみにですが、各パーツの寿命は

  • ブレーキパッドの交換時期は「厚みが0.5mm以下になったら」
  • ローターの交換時期は「厚みが1.5mm以下になったら」

が基準となっております。

 

どういうことか、詳しくはこちらの記事で解説しておりますで、よければご覧ください。

 

 

ブレーキ性能を高めるために、パッド&ローターの洗浄も大切です。

小まめに行いましょう。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【車種共通ディスクブレーキパッドの選び方<互換性解説>】

  • ブレーキキャリパーの型番を確認する
  • シマノの公式サイトで入力する
  • 分解図を表示し、対応するパッドが分かる
  • 種類があるが、基本的に「フィンあり、レジンパッド」を選ぶのが無難

 

本記事がパッド選びの参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました