ロードバイクにキックスタンドを取り付けるには?【条件は3つ】

その他
悩んでいる人
ロードバイクにスタンドを付けたい人

今乗ってるロードバイクにキックスタンドを付けたいのだけど、そもそも付けることってできるのかな?

 

もしできるなら、どんな商品が取り付けられるのか教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • ロードバイクにキックスタンドは取付できるのか
  • キックスタンドを付ける時の条件
  • どんなキックスタンドを選んだらよいか
かける
かける

これまでに自転車ショップで、沢山の自転車にキックスタンドを取り付けてきた私が解説します!

 

この記事を見れば、キックスタンドを付ける時にどんな点に注意したらよいのかが分かりますよ!

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

ロードバイクにキックスタンドを付けるには?【条件は3つ】

まず、「ロードバイクにキックスタンドは取付できるの?」という点について答えましょう。

 

出来るものもあれば、出来ないものあるです。

 

いくつかの条件をクリアした車体のみ、取り付けられます。

その条件とは何か?

【ロードバイクにキックスタンドを付ける時の条件】

  1. カーボンフレームではない
  2. チェーンステーが短すぎない
  3. ディスクブレーキではない

 

この3つが大きなポイントとなってくるでしょう。

 

ただ、キックスタンドの取り付けは「現物合わせ」になることが多いです。

つまり、「実際に試さないと、本当に付くか分からない」ということ。

写真を見て、上記の3つの条件に当てはまっていても、実際には取付できないことだってあります。よくあります。

 

なので、その点をご留意ください。

私としては、キックスタンドの購入はネット通販で買うよりも、自転車ショップで実際に商品を当ててみてから購入する方がいいのではと思います。

 

その前の簡単な確認として、本記事を参考にしていただけたら幸いですね。

 

3つの条件について、詳しく解説します。

カーボンフレームではない

GIANT PROPEL(プロペル)で猿投神社

フレームの素材が「カーボン」ではないことは、絶対条件です。

 

カーボンは非常にデリケートですから、スタンドを付けるなんて言語道断。

ボルトを締めこんだ時、取り付け後に強い力が加わったとき、最悪の場合割れますから…。

 

カーボンバイクは高級車です。サイクリング用と割り切って、使うのがイイのではないでしょうか。

どうしてもスタンドを付けたい(街乗り自転車が欲しい)というなら、安いクロスバイクを1台買うなどした方がいいですね。

 

絶対、そっちの方が使い勝手がいいですから。

チェーンステーが短すぎない

ロードバイクのチェーンステー

ロードバイクの「チェーンステー(黄線の長さ)」が短すぎると、キックスタンドを取り付け出来ません。

いや、厳密にいうと“付ける”ことはできるのですが、ペダルを漕いだ時にかかとがキックスタンドと干渉してしまうんですよね。

まともに漕げません。

 

そもそもロードバイク全般、チェーンステーが短めに作られています。

これは「走り」に特化したロードバイクだからこそで、より反応の良いフレームに仕上げるためです。

 

例えばクロスバイクと比べて、明らかにチェーンステーの長さが違います。

フレームとタイヤとの隙間を見た時、ロードバイクは狭いですが、クロスバイクは広いですよね。

その違いです。

 

ロードバイク全般チェーンステーが短めですが、「特に短いもの」には注意が必要。

レーススペックを持つバイクなんかが多いですね。

 

ただこれって、「チェーンステーが〇〇mm以上なら付く!」みたいに伝えることができないんですよ。

それに、長いか短いかなんて、初心者の方には分かりませんよね。

 

なので、実際に試してみて、付くかどうかの確認が必要です。

それが、先ほど言った「現物合わせ」の作業。やってみなきゃ、分からないという状況。

 

ロードバイクにキックスタンドを付けるなら、注意しなければいけないポイントですね。

ディスクブレーキではない

自転車の梱包を剥す

ディスクブレーキだと、「付かない」と考えた方がいいです。ホント難しいんですよね…。

 

キックスタンドを付ける位置にブレーキキャリパーがあるので、干渉して取り付けが困難だから。

ただこれも、車種によっては取り付け可能なモデルも稀にあります。現物合わせが必要ですね。

 

 

一応、「ディスクブレーキ対応」のキックスタンドもあります。

しかし、うまく取り付けられることは少ないですね…。

 

例えばこんなもの。

 

「ディスクブレーキ対応」は何が違うかというと、スタンドを固定するためのステーが長い。

要は、「ディスクキャリパーに当たらないよう、前に出す」ということです。

 

確かに、ディスク側の干渉がなくなれば、取り付けることができます。

 

しかし!ここでもう一つの問題が発生します。

前に紹介した「チェーンステーが短くて、足が当たる」です。

 

キックスタンドを前に出すわけですから、今度は足と干渉する可能性が大いに考えられます。

先程の商品レビューを見ても、やはり「ロードバイクに付けたけど、足に当たってダメだった」という意見がありました。

 

なので、ディスクブレーキのロードバイクにお乗りなら、正直キックスタンドを付けるのは諦めた方がいいかなと。

取り付けの条件が超シビアです…。

ロードバイクに取り付け可能なキックスタンド

以上3つの条件をクリアしていたら、ロードバイクでもキックスタンドを取り付けられるかもしれません。

しかし、何度も言いますが、あくまでも「可能性」であり、「絶対」ではないので注意です。

最終的には、現物合わせで確認が必須。

 

それを踏まえたうえで、おすすめのキックスタンド紹介します。

 

この2つのどちらかがいいでしょう。

 

選んだポイントは、「スタンドの厚みが薄い」ことです。

ぶっちゃけ、紹介した2つのスタンドは、安定感はまずまずって感じです。

 

本当はもっとゴツくて、安定したキックスタンドをオススメしたいところです。

例えば、私が気に入っているのがこれ。

created by Rinker
ギザプロダクツ(GIZA PRODUCTS)
¥2,288(2021/06/13 01:28:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかし、ロードバイクだと厳しいんですよね。

というのも、キックスタンドが分厚いからです。写真を見ると、ゴツイのが分かるでしょう。

 

チェーンステーが短いので、そもそもカカトとの距離がキツキツ。

それに加えてキックスタンドの厚みが出てしまうと、かかとを擦りやすく(干渉しやすく)なってしまうのです。

 

だから、「安定感」を第一に考えず、とにかく「問題なく使えること」を優先させましょう。

そう考えた時、スタンド自体の厚みが薄いキックスタンドがオススメです。

 

ロードバイクにキックスタンドを付けるのは、本当に難しい。条件が多いです。

簡易的なキックスタンドもアリ

  • 紹介したキックスタンドが合わない
  • どうしても足に干渉してしまう

 

悩んでいる人
悩んでいる人

付きそうなキックスタンドが見つからないけれど、どうしても欲しい…

というのなら、「簡易的なキックスタンド」も選択肢としてはいいでしょう。

 

 

created by Rinker
U-LIX(ユーリックス)
¥1,899(2021/06/13 01:29:00時点 Amazon調べ-詳細)

クイックリリースに挟み込むだけ!なタイプ。

これなら、取付できるロードバイクは増えますよ。

 

ただ、やはり固定が弱くて安定感に欠ける事例も中にはありましたので、あくまでも「どうしてもの時」に使う用ですね。

過度な期待は禁物です。

まとめ

では最後に、本記事の要点をまとめます。

【ロードバイクにキックスタンドを付ける時の条件】

  1. カーボンフレームではない
  2. チェーンステーが短すぎない
  3. ディスクブレーキではない

→クリアしていたら、付けられる可能性がある

 

【キックスタンドの選び方】

  • 「安定感」よりも「薄いこと」を重視!
  • かかとと干渉せずに使えそうなものを探すこと!
  • 最悪の場合、簡易的なキックスタンドという選択肢もアリ

 

あなたの悩みを少しでも解決出来たら幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

 

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
その他メンテナンス
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました