【自転車の消耗品】ディスクブレーキ“パッド”の交換時期は?

自転車のディスクブレーキパッドの交換時期ブレーキ
悩んでいる人
ディスクブレーキ車に乗っている人

ディスクブレーキの自転車に乗っているんだけど、「ブレーキパッド」も消耗品だよね?

 

一体、どのくらいの距離を乗れば、交換が必要になるのだろう?

 

交換時期の確認方法があれば、教えて欲しい。

こんな方におすすめの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • ディスクブレーキ“パッド”の交換時期
  • 消耗具合の確認方法と、チェックに使うアイテム
かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

【自転車の消耗品】ディスクブレーキ“パッド”の交換時期は?

結論は、シマノが出すこちらの資料に書いてあります。

自転車のディスクブレーキパッドの交換時期

厚さ0.5mm以下の場合、パッド交換が必要です

 

はい。これが答えです。

条件によって大きく変わりますが、3000km以上走るとだいぶ減ってきます。

 

確認方法について、解説します。

【手順1】ディスクブレーキパッドを外す

摩耗具合を確認するには、ブレーキパッドを外しましょう。

こちらの動画を参考にしつつ、外してみてください。

初心者の方でも難なく出来るほど簡単ですから、心配ありません。

【手順2】パッドの摩耗具合を確認する

外したパッドの厚みを測りましょう。

摩耗具合を確認し、交換時期に達していないかのチェックです。

 

あらためて、「0.5mm以下」なら、交換です。

 

目視では具体的な厚みが分かりませんから、「ノギス」を使って、細かく計測する必要があります。

(あまりにも減っている時は、見ただけで分かりますが。)

created by Rinker
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥696(2021/06/13 05:41:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

使い方は、こちらの動画が参考になります。

 

既にノギスをお持ちなら、ご自身で計測することもできます。

しかし、お持ちでないなら、わざわざ買うまでもないかなと思います。

 

自転車ショップに行けば確認してもらえるでしょうから、それがオススメです。

パッドの交換時期を越えて使い続けると・・・

自転車のディスクブレーキパッドの寿命

交換時期を越えて使い続けると、様々なトラブルを引き起こします。

  • ブレーキが効かなくなる
  • ブレーキレバーの引きしろが大きくなりすぎる(緩すぎる)
  • ディスクローターの寿命を大幅に縮める

 

非常に危険ですから、定期的にチェックをしましょう。

ディスクブレーキの音鳴りは、交換の合図?

「キーッ」と音が鳴るようになったら、どうしたらいいのでしょう?

音鳴りは、パッドにゴミや油分が付着することで発生します。

 

ですから、「パッド交換」するのが最も有効的な解決方法です。

 

しかし、「まだ全然使ってないのに、もったいない!」と思う方もいますよね。

音鳴りがしたら、まずはこの方法で掃除をしてみてください。

 

どうしても音が鳴き止まなかったら、パッドの交換が必要です。

まとめ

最後に、あらためて要点をまとめます。

【ディスクブレーキパッドの交換時期】

  • 厚さ0.5mm以下の場合、パッド交換が必要です。
  • ノギスを使って測りましょう。
  • (使用環境で大きく変わりますが)3-5000km走ったら、それなりに減っているはずです。
  • 自転車屋さんにチェックしてもらうのが一番ですね!

 

本記事があなたのお役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

 

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
ブレーキ
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました