「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

【シマノ10速HGチェーン】CN-4601とCN-6701の違い

シマノ10速用チェーン CN-6701
悩んでいる人
悩んでいる人

シマノの旧型10速HGチェーンには、

CN-4601(tiagra)

CN-6701(ultegra)

ってあるけど、具体的に何が違うの?

 

グレードの高いCN-6701の方が価格が安いのはなんで?

こんな方にオススメの記事です。

【この記事で分かること】

  • CN-4601とCN-6701の具体的な違い
    ⇒シマノに問い合わせてみました
  • なぜグレードの高いCN-6701の方が安いのか
  • どのようにチェーンを選べばいいのか

 

自転車のチェーンは消耗品です。

走行距離に応じて、適切に交換する必要があります。

 

交換時に必ず考えなければいけないのが「どのチェーンを使うか」ですよね。

 

今回は2種類の旧10速用HGチェーンを紹介しますが、それぞれグレードが異なるため、もちろん値段も違います。

 

そんな時、

「これら2種類は一体何が違うんだろう?」

「どのような差があるのだろう?」

と気になりますよね。

 

そこで今回は、10速用チェーンの「CN-4601」と「CN-6701」の具体的な違いについてまとめてみました。

 

メーカーに直接聞いたので、情報も正確です。

 

チェーン選びの参考に、是非ご活用ください。

CN-4601とCN-6701の違い

CN-4601とCN-6701の違いを紐解いていくために、まずはカタログを確認してみます。

(出典:シマノ 電子カタログ

 

カタログから、違いのある重要な部分を抜き出してまとめた表がコチラです。

 アウターリンク
表面処理
インナーリンク
表面処理
重量希望
小売価格
CN-6701亜鉛合金メッキグレー267g3,072円
CN-4601グレーブラウン277g3,111円

なぜか、グレードの高い「CN-6701」の方が安いという謎の価格設定です。

 

表を見てみると、これら点で違いがあることが分かります。

  1. インナーリンク表面処理
  2. アウターリンク表面処理
  3. 重量

 

インナーリンク、アウターリンクってなに?」という方は、チェーンを分解したこちらの写真でご確認ください。

チェーンを構成するパーツのひとつです。

アウターリンク表面処理

 アウターリンク
表面処理
CN-6701亜鉛合金メッキ
CN-4601グレー

それぞれ表面処理が異なります。

 

グレードの高いCN-6701はチェーンの色が「銀色」で、ピカピカと輝いています。

反対に、CN-4601は「グレー」となっており、光沢はありません。

 

ただ、これら表面処理による具体的な違いはカタログに載っておらず、確認することができませんでした。

インナーリンク表面処理

 インナーリンク
表面処理
CN-6701グレー
CN-4601ブラウン

インナーリンクも表面処理方法が異なります。

 

グレーかブラウンか。

恐らく色のことでしょう。

 

しかし、こちらも具体的な違いについての記載がないため、色以外の差を確認することができませんでした。

重量

 重量
CN-6701267g
CN-4601277g

アルテグラグレードのCN-6701の方が、ティアグラグレードのCN-4601に比べて10g軽いです。

 

どちらのチェーンも、

  • インナーリンクの両面
  • アウターリンクの片面

に穴あき加工がしてあります。

シマノに問い合わせてみた

カタログで確認できるのは、表面的な違いだけです。

 

具体的に「性能や効果にどのような違いがあるのか」が全く分かりませんよね。

カタログに載っていないだけではなく、ネットにも確かな情報が無い。

 

出てくる情報は「~らしい」「~かもしれない」「~と思う」など、信頼性に欠ける説明ばかりです。

 

一体どれが正確な情報なの?本当の違いはなに?」ともやもやしてしまいます。

 

そこで今回、正しい情報を得るためにシマノお客様相談窓口へ直接電話をし、確認してみました。

 

実際のやり取りがコチラです。

私

こんにちは、シマノの旧10速(HG)チェーンについてお尋ねします。

 

・CN-6701

・CN-4601

これら二種類の具体的な違いを教えてください。

の人
シマノの人

表面処理の違いです。

 

それによって「耐食性(サビに強いか)」が変わります。

もちろん、グレードの高いCN-6701の方がサビに強いです。

私

そうなんですね。

走行性能の違いは無いのでしょうか?

 

例えば上位グレードのチェーンに施されている「シルテック加工」のように、

・耐摩耗性

・摩擦抵抗

・走行ノイズ

・泥はけ性能

などで違いはありますか?

の人
シマノの人

いいえ、ありません。

 

走行性能はどちらも一緒です。

ですから、「耐食性」と「重量」だけが違いですね。

私

なるほど。

CN-6701の方が、耐食性にも優れているし、重量も軽いというわけですね。

 

ではなぜ、グレードの高いCN-6701の方が価格が安いのですか?

の人
シマノの人

よくお問い合わせをいただく内容なんですが・・・

これは在庫上の関係なんです。すみません。

 

生産や注文数、出荷工場などいろんな要因で価格が決まっているのですが、その関係上、おかしな価格設定になってしまっています。

 

私

ということは、わざわざ高いCN-4601を選ぶ必要は全くないってことですか?

 

互換性も一緒ですし。

の人
シマノの人

そういうことになります。

価格が改定されるまでは、CN-6701を選んだ方がお得ですね。

私

やっぱりそうなんですね(笑)

詳しく教えていただきありがとうございました!

 

【分かったこと】
  • 違いは「耐食性(さびにくさ)」と「重量」のみ
  • 走行性能の違いはなし
  • 会社の都合上おかしな価格設定になっている
  • 高くてグレードの低い「CN-4601」を選ぶ必要はない

10速(HG)チェーンの選び方

以上の説明をふまえ、10速チェーンの選び方を紹介します。

選び方といっても、価格が改定されるまでは「CN-6701」一択です。

 

CN-4601に比べてサビにくく、10g軽く、かつ価格が安い。

わざわざ高くて質の低い方を選ぶ必要はありません。

 

  • 6700系アルテグラ
  • 5700系105
  • 4600系ティアグラ

 

など、HGチェーンを使う10速コンポーネントをお使いの方は、CN-6701チェーンをお選び下さい。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,998(2021/09/17 01:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

注意点(cn-6600とcn-6701の違い)

紹介した旧10速コンポーネントの中でも、一部CN-6701と互換性が無いパーツがあります。

 

それは、「フロントギアが3段変速」の時です。

シマノ 電子カタログ

 

CN-4601/CN-6701はフロントダブル用のチェーンなので、フロントトリプルのクランクとは互換性がありません。

 

フロント3速ギアをお使いの方は、「CN-6600」をお使いください。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,798(2021/09/17 00:38:38時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

改めて、CN-6701とCN-4601の違いをまとめます。

  • 違いは「耐食性(さびにくさ)」と「重量」のみ
  • 走行性能の違いはなし
  • 会社の都合上おかしな価格設定になっている
  • 高くてグレードの低い「CN-4601」を選ぶ必要はない

意外にも、走行性能に差はないとのことでしたね。

価格に大きな差が出ない限りは、CN-6701を使えばOKです。

 

この情報が役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

10速チェーンの選び方は複雑です。

購入を決める前に、こちらの記事で「どのチェーンが合うのか」を確認してみてください。

 

チェーンの洗い方と注油方法について、この記事で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました