「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

ロードバイクホイールの洗浄方法【メラミンスポンジが効果的】

ホイールの洗浄方法
悩んでいる人
悩んでいる人

ロードバイクの洗車をしようと思うんだけど、ホイールってどうやって掃除をしたらいいの?

 

どんな洗剤を使って、どんなふうに洗うのがオススメ?

 

ピッカピカになる方法があったら教えて欲しいんだけど・・・

 

こんな方にオススメの記事です

【この記事で分かること】

  • ロードバイクホイールの洗浄方法(水洗い・室内)
  • 掃除で使うアイテム
  • リム掃除に効果的な“アレ”
  • 洗浄後も美しく保つためにオススメのアイテム

 

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します。

 

ロードバイクを掃除する時に初心者の方がよく悩まれるのが、「何を使って、どうやって掃除をしたらいいの?」ということ。

下手に掃除をしたら悪影響が出るのではないかと、心配している方も多いようです。

 

私も昔はそうでした。

 

そこで今回は、ホイールを掃除するにはどうしたらいいのかを詳しく解説します。

ぜひご覧ください。

ロードバイクホイールの洗浄方法【メラミンスポンジが効果的】

ホイールの洗浄方法

ホイールの洗浄をするなら、食器用洗剤(中性洗剤)とスポンジがあればオッケー。

誰でも簡単に行えるかと思います。

 

私も最初は「食器用洗剤なんかでいいの?」と不安だったのですが、ケミカルメーカーのワコーズさんが「全く問題ないですよ!十分です。」と言ってくれたので、安心して作業しています。

 

わざわざ作業手順を説明するまでもないと思いますが、イメージ写真がこんな感じ。

ロードバイクホイールの洗浄方法

洗剤を付けたスポンジを使って、リムやスポーク、ハブを磨くだけです。

最後は水で洗い流せば、だいぶ綺麗になりますよ。

 

ただ、リム面に付いた汚れが落ちにくい場合があるんですね。

 

そんな時にオススメなのが、「メラミンスポンジ」です。

ロードバイクホイールの洗浄方法 メラミンスポンジ

 

メラミンスポンジとは白いカサカサしたスポンジのことで、100均に行けば売っています。

どんなところの汚れが落ちにくいかというと、

  • デカール部分
  • リムのブレーキシュー跡

など。

 

写真ではカンパニョーロ「ゾンダ」を使っていますが、ゾンダの場合はザラザラしたリム面にも、汚れが残りやすいです。

 

そういった汚れを取るのに効果的。

メラミンスポンジの使い方は簡単でして、水を付けて擦るだけです。

 

水洗い洗浄だったら、一連の作業をこのようにやるのがオススメです。

  1. さっと水をかける(表面の汚れを落とす)
  2. 洗剤を付けたスポンジで、全体をこする
  3. 水をかけて泡を流す
  4. 残った水気にメラミンスポンジを付けて、リム面を擦る
  5. 最後にもう一度水を流して終了

たった数分で、見違えるほど綺麗になるはずです。

 

ただ、中にはこんな方もいますよね。

悩んでいる人
悩んでいる人

僕の家は水洗いできないから、室内で水を使わない洗車方法はないの?

そんな方にオススメなのが、ワコーズの「フォーミングマルチ」です。

 

知っている方も多いでしょう。

created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥1,226(2021/09/16 10:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

スプレーを押すと泡上の洗剤が出てきますので、それをホイールに吹き掛けて吹くだけです。

水洗い洗車でいう「食器用洗剤」の代わりです。

 

サッと簡単に使えるにもかかわらず、しっかり汚れを落とせます。

もちろん、ホイールだけでなく、フレームにも使用可能。

私の家でも大活躍しています。

フォーミングマルチを使った洗浄方法でも、先ほど紹介した「メラミンスポンジ」が使えます。

 

一連の流れはこんな感じ。

  1. フォーミングマルチを全体に掛ける
  2. ウエスで拭き取る(表面の汚れを除去)
  3. もう一度フォーミングマルチを吹き掛ける
  4. 泡のある所をメラミンスポンジで擦る
  5. 最後にウエスで拭き取る

 

これでバッチリ綺麗になりますよ。

 

ホイールの洗浄は「メラミンスポンジ」が肝だと思っています。。

まだ使ったことがない人は、一度試してみてください。オススメです。

【プラスでひと手間】バリアスコートで美しく

以上で“洗浄パート”は終了です。

 

あとは乾かすだけでOKなのですが、プラスでひと手間加えると、ホイールがさらに美しくなります。

 

ひと手間とは何か。

ワコーズの「バリアスコート」を塗布するのがオススメです。

ワコーズのバリアスコート

バリアスコートとは、ガラス系のコーティング剤です。

 

これをホイールの

  • リム(ブレーキ面はNG)
  • スポーク

に塗ることで、色合いに深みが出て綺麗になります。

ゴミや汚れが付きにくくなるというメリットもありますね。

 

バリアスコートをスポークに塗布

ウエスにバリアスコートを掛ける

バリアスコートをスポークに塗布

ホイールに塗り込んでいく

 

写真では分かりにくいですが、肉眼で確認すると明らかに綺麗になるのが分かります。

どう変わるかのイメージを知るために、自動車に使っている動画を見るといいかも。

 

拭くだけでコーティングできるため、簡単にピカピカになります。

もちろん自転車のフレームにも使えるので、1本持っておいて損はないでしょう。

【注意点】

バリアスコートは、リムのブレーキ面には塗らないようにしましょう。

あるいは、塗った後に拭くようにしましょう。

 

なぜなら、滑ってブレーキが効きにくくなるからです。

ディスクブレーキの場合は、気にしなくて大丈夫。

 

私の場合はリム全体(ブレーキ面も)に塗った後、パーツクリーナーをしみこませたウエスで、最後にリム面を拭き取っています。

まとめ

本記事の要点をまとめます。

【ホイールを水洗い洗車する場合】

  • 食器用洗剤とスポンジを使って洗います。
  • メラミンスポンジを使うと、細かい汚れも落とせます。

 

【ホイールを水なし洗車する場合】

  • ワコーズのフォーミングマルチクリーナーを使って洗います。
  • サッと吹きかけて、ウエスで拭き取るだけ。
  • こちらも同じようにメラミンスポンジとの併用がオススメです。

 

【洗車後にひと手間!】

  • 「バリアスコート」をスポークやリムに塗布すると、より綺麗になります。
  • 艶が増したり、深い色合いになったり。
  • ゴミや汚れが付きにくくなるというメリットもあります。
  • ただし、リム面にだけは付けないよう注意してください。

 

参考にしていただければ幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました