【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

インターナショナルA台座からポストマウントへ【変換アダプター解説】

インターナショナルAスタンダード台座 →ポストマウント 【変換アダプター解説】
悩んでいる人
悩んでいる人

ディスクブレーキの「インターナショナルA(スタンダード)台座」で、ポストマウントキャリパーが使えるようにしたい。

 

変換アダプターはあるのかな?

どんなものを使えばよいのだろう?

 

選び方について教えて貰えると嬉しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • フレーム側「インターナショナルA(スタンダード)台座」→ポストマウントキャリパーを付けるための変換アダプター解説
  • アダプターの軽量モデルとノーマルモデル

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

 

「インターナショナルAのフレームを持ってるけど、ポストマウントのブレーキを付けたいなあ…」

 

という方に向けて、使うアダプターをご紹介しますね。

 

整備性にしろブレーキを変えるにしろ、ポストマウントへ変換した方がとても便利になりますよ。

今、ISのブレーキってほとんどないですからね。

 

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

インターナショナルA台座からポストマウントへ【変換アダプター解説】

インターナショナルAスタンダード台座 →ポストマウント 【変換アダプター解説】

アダプターを使うことで、インターナショナルA台座に対して、ポストマウントキャリパーを付けることはできます。

↓イメージはこんな感じ。(台座IS→ブレーキポストマウント)

ディスクブレーキ ポストマウント

 

 

 

結論、使用するアダプターは以下の通り。(イエローマーカーのところです。)

インターナショナルA台座からポストマウントへ 変換アダプター(軽量タイプ)

インターナショナルA台座からポストマウントへ 変換アダプター(ノーマルタイプ)

 

 

アダプターにはグレードがあり、

  • 上の画像が軽量ハイグレードタイプ(肉抜き加工されてる)
  • 下の画像がノーマルタイプ

となっています。

 

 

でも、実は値段がそれほど変わらないので、使いたいローター径に対して軽量タイプのラインナップがあるなら、そちらを買うといいでしょう。

数百円の差にもかかわらず、あえてノーマルモデルを選ぶメリットは大きく無いかなという感じです。

 

 

使うアダプターはローター径に応じて変わりますので、 前・後 別々に解説します。

【フロント側】IS→ポストマウント変換アダプター

フロント側に使うアダプターは以下の通り。

 

【フロント側変換アダプター一覧】

 

160mmローター用のみ、軽量ハイグレードタイプが用意されています。

なお、最近登場した220mmローター径には対応していません。

【リア側】IS→ポストマウント変換アダプター

リア側に使うアダプターは以下の通り。

 

【リア側変換アダプター一覧】

 

リア140mmローターを使用する場合、選択肢は軽量ハイグレードタイプのみ。

140-203mmまで幅広く対応するので、困ることは無いでしょう。

 

フロントと同じく、220mmには対応せずです。

 

 

かける
かける

短い記事ですので、まとめを省いて以上とさせていただきます。

 

お役に立てば幸いです!

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました