【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

【疑問】チューブレス(レディ)タイヤに、チューブを入れてOK?

チューブレス(レディ)タイヤ チューブを入れて使える?
悩んでいる人
悩んでいる人

ロードバイクとかのチューブレス(レディ)タイヤに、チューブを入れて使ってもいいのかな?

 

例えば出先でパンクした時とか、クリンチャーみたいにチューブを入れて走れるようにするのは可能?

 

ふと気になったから、教えて欲しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • チューブレス(レディ)タイヤに、チューブを入れて使ってもいいのか?問題は無いのか?

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

【疑問】チューブレス(レディ)タイヤに、チューブを入れてOK?

チューブレス(レディ)タイヤ チューブを入れて使える?

結論から言うと、チューブレス(レディ)タイヤにチューブを入れて使っても大丈夫です。

なので、出先でパンクした時なんかは、チューブ“ド”にして対応するといいでしょう。

 

使うチューブは、タイヤのサイズに合ったモノを普通に選べばOK。

 

空気圧も、タイヤの規定に従ってください。

普段からチューブドでの運用はナンセンス

チューブレスタイヤのビードをあげる

パンク時など一時的に仕方なく「チューブド」にするのは構いません。

しかし、チューブレス(レディ)タイヤにも関わらず、普段から“チューブド”状態で使うのはあまりオススメしませんね。

 

 

なぜか?

チューブレスのメリットが消えてしまうからです。

 

チューブレス・レディのタイヤは普通のクリンチャータイヤに比べて重量がかさみます。

特に空気保持層を有する“チューブレスタイヤ”の方が重たいです。

 

そこにチューブを入れると、「重いタイヤ+チューブの重量」になってしまい、走りがとても重たくなります。

普段からチューブを入れて運用したいのであれば、そもそもクリンチャータイヤを使うべきかなと思いますね。

 

 

あとは、チューブレスだからこそできる「低圧での走行」も、チューブを入れると厳しいです。

リム打ちリスクが高くなるからですね。ある程度の圧が必要。

 

以上。

 

 

タイトルとURLをコピーしました