【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

【直る】自転車のスタンドが上がりにくい時の原因と解決策

ここに オイルを掛けるだけ
悩んでいる人
悩んでいる人

自転車を駐輪する時に、スタンドが上がりにくいんだよね。

新品の時はスルッと跳ね上がってくれたのに、今は途中で止まることがよくある。

最後まで足で蹴らないといけないから面倒で。

 

これって、家にある道具で簡単に直ったりしないかなあ?

もうスタンド自体が寿命?

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 自転車のスタンドが上がりにくい時の原因と解決策
  • 家にある“アレ”で簡単に直るはず
  • 新品のスタンドに交換するとなると、いくら掛かるか?

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します。

 

スタンドも定期的なメンテナンスが必要です。

たまに“アレ”を吹いてあげるだけで、滑らかに動くようになりますよ。

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

【1分で直る】自転車のスタンドが上がりにくい時の原因と解決策

ここに オイルを掛けるだけ

スタンドが上がりにくい時の原因は、主に「サビ」や「潤滑油が切れたこと」によるものです。

もちろん他に考えられる原因もありますが、たいていの場合はこれ。

 

それが原因でスタンドを上げる時の抵抗が増し、スルッと上がり切らず、途中で止まってしまう…というわけですね。

要するに「動きが悪くなっているだけ」です。

 

スタンドを見たときに“茶色のサビ”が出ていたりしたら、その可能性は非常に高い。

 

 

では、どうしたら直せるのか?

しっかり最後まで滑らかに上がるようになるのか?

 

 

かける
かける

潤滑油(スプレー)をサッと吹き掛けるだけで、見違えるほど滑らかに動くようになると思います。

まずはやってみましょう。

 

 

 

使う潤滑油は、みなさんお馴染みの「クレ 5-56」でOK。他に有名なのはワコーズのラスペネとか。

 

 

両立スタンドの場合

自転車のスタンドの動く部分に噴射しましょう。

自転車のスタンドが上がりにくい時の原因と解決策

ママチャリの両立スタンドであれば、“○”の部分。プシューと掛けてください。

反対側(チェーンがある側)も同じようにやります。

 

チェーンがある側のスタンドにオイルを掛ける時は、一つ注意点があります。

ブレーキの内部には掛からないようにしてください。

ママチャリのバンドブレーキ

↑これがブレーキでして、中にオイルが入ると効かなくなるからです。

豪快にスプレー噴射するのではなく、優しく吹きかけることと。あとはノズルの角度を下に向けるなどして、注意して掛けてください。

 

片足スタンドの場合

ママチャリ、スポーツバイクなどの片足スタンド場合も同様です。

スタンドの可動部分にオイルを掛けます。

だいたい“赤〇”の部分。

金属が擦れるのはプレートの内側ですので、外側も含めて全体に掛けてください。

 

オイル塗布後はなじませる

オイルの塗布が終わったら、しっかり動くか確認です。

その場でスタンドを「下ろす→上げる」を5回くらい繰り返してみてください。

 

明らかに動きが良くなっていませんか?

しっかりスタンドが跳ねあがるようならOK。

 

まだ動きが鈍いようであれば、もう一度オイルを掛けてみましょう。そして確認。

それでもだめなら…次の項目で解説します。

オイルの塗布で直らない場合

困る人、悩む人

オイルを掛けてもダメならば、原因は他にもありそうです。

 

考えられるのはこんなところ。

  • スタンドが曲がっている
    →金属が強く当たって擦れ、抵抗になり、うまく上がり切らない
  • 長年の使用でスタンドのバネが伸びてへたっている
    →収縮する力が弱くなっており、上がり切らない

 

ただこれらの判断は、経験がものをいうところ。

特に自転車知識がない方が見ても、「何が正常か?」「最初はどうだったのか?」が分からないですからね。問題を発見できません。

 

 

オイルを塗ってもダメならば、一度自転車ショップに持ち込んでみて下さい。

スタンドを交換するなら、費用はいくら?

自転車屋

今のスタンドが壊れていて、新しいスタンドに交換するとなるといくら掛かるか?

参考程度にお伝えします。

 

かける
かける

本体+作業工賃含めておよそ「3000円」ってところです。

 

 

created by Rinker
昭和インダストリーズ
¥1,605(2022/08/09 12:10:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただし、モノによっては例外もあります。

 

例えば、てこの原理で軽やかに止めれるタイプのスタンドや…

 

スタンドとハンドルロックが連動するタイプのものや…

 

メーカー純正品のスタンド などですね。

created by Rinker
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥4,316(2022/08/09 12:10:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

価格も含めてお店に相談してみましょう。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車のスタンドが上がりにくい時の原因と解決策】

  • 多くの場合は「サビ」や「オイル切れ」です
  • 5-56などの潤滑油を塗布すれば治ることがほとんど
  • それでも直らない時は、スタンドの曲がりや、バネのへたりが考えられます
  • 新品のスタンドに変えるとなれば、およそ3000円くらいです ※例外あり

 

この記事が少しでも参考になり、問題解決に役立てばと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました