【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

リアフラットマウントに必要なアダプター解説【140/160mm】

フラットマウント アダプターが必要な場合って?
悩んでいる人
悩んでいる人

シマノの「フラットマウント」タイプのディスクブレーキを買ったんだけど、どうやらアダプターが必要みたい。

 

  • ローター径に応じて、選ぶものが変わるのかな?
  • フロント、リア、どっちもアダプターが必要なの?

正直よく分かってなくて…。

 

詳しく説明して貰えると助かるなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • フラットマウントにアダプターが必要な場合はどんなときか?
  • フロントには元々アダプターが付いている
  • リアは160mmローターに使用時、アダプターをかませる
  • 新しくブレーキを買う時は、「ボルト長」に注意

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

 

どんなときにアダプターが必要なのか?」を、分かりやすく説明しますね。

 

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

フラットマウント(リア)に必要なアダプター【140/160mm】

フラットマウント アダプターが必要な場合って?

結論から言いますと、リアのローター径が160mmの時はアダプターが必要です。

本体とは別に別途購入が必要になります。

 

逆に、リアのローター径140mmの場合はアダプターを介さず、ダイレクトに取りつけます。

 

 

 

使うアダプターの商品名は「SM-MA R160 D/D」です。

フラットマウントキャリパー用アダプター

 

フラットマウント ローター径に応じたアダプター

厳密に言えば、160mmの場合はアダプターと(付属する)ワッシャーを取り付ける形になります。

 

 

 

かける
かける

写真でお見せしましょう!

 

 

↓が140mmローターに対して、ダイレクトマウント(アダプター無し)している状態。

 

 

↓が160mmローターに対して、アダプターをかませている状態。

 

 

ただそれだけです。難しいことはありません。

リアはフレームの厚みに応じてボルト長が変わる

もしリアのフラットマウントタイプのブレーキを新調したならば、確認することがあります。

ボルト長」ですね。

 

 

フラットマウント ボルト長の測定方法

 

フレームの厚みに応じて使うボルトの長さが変わりまして、基本的には本体と別途購入が必要になります。

 

  • 「どうやって長さを特定したらいいの?」
  • 「ボルトにはどんな種類があるの?」

 

詳しくはこちらの記事でまとめています。よければご覧ください↓

 

フロント側は、アダプターを別途購入しなくてOK

ちなみにですが、フロント側のフラットマウントキャリパーは、元々アダプターが付いてきます。

どんな自転車にも付いてます。

 

フラットマウント 160mm

フロントの場合はアダプターを上下させることで「140mm」「160mm」に対応するので、リアのようにアダプターを加減する必要はありません。

ボルトの長さも一つしかなく、別途購入する必要はナシです。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【フラットマウント(リア)に必要なアダプター[140/160mm]】

  • リアが160mmローターなら、アダプターを噛ませる必要があります
  • 逆に140mmなら、ダイレクトマウントで取り付けます
  • ちなみにフロント側は元々アダプターが付いており、上下させることで140/160mmに両対応します
  • リアブレーキキャリパーを新調品したなら、ボルトの長さを測り、別途購入しなければなりません

 

 

以上です。少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました