【Amazonプライムデー開催中】気になる自転車グッズ11選をまとめてみた

フロントディレイラーが「アウターに入らない」原因と対処法

フロントディレイラーがアウターに入らないギア周り
悩んでいる人
悩んでいる人

なんか最近フロントディレイラーの調子が悪いんだよね~。

全然アウターギアに入らなくなっちゃって。

 

どうしたら直るのかな?

原因と解決方法を教えて欲しい。

 

こんな方にオススメの記事です。

【この記事で分かること】

  • フロントディレイラーがアウターギアに入らない時に考えられる原因3つ
  • それぞれの対処方法

 

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します。

フロントディレイラーが「アウターギアに入らない」原因と対処法

フロントディレイラーがアウターに入らない

フロントディレイラーがアウターに入らないんだけど!」という時に考えられる主な原因は3つあります。

  1. シフトワイヤーの伸び(緩み)
  2. シフトワイヤーが切れている
  3. フロントディレイラーのH側アジャストボルトの調整ミス

 

それぞれ解説しますね。

シフトワイヤーの伸び(緩み)

シフトワイヤーが伸びることで緩みが生じ、アウターギアに上がらなくなることがあります。

シフトワイヤーが緩むと、適切なギア位置までフロントディレイラーを動かすことができなくなってしまうからです。

 

恐らく、一番可能性が高い原因です。

まずはこれを疑いましょう。

 

ではなぜ、「緩み」が生じてしまったのでしょうか?

実は、シフトワイヤーが緩むのはごく自然なことなのです。

 

シフトワイヤーは使うことによって“伸び”が生じ、その結果「緩み」ます。

 

特に新品(新車)のワイヤーを使い始めてすぐに必ず起こる「初期伸び」には注意が必要です。

 

初期伸びとは、使い始めすぐのシフトワイヤーが大幅に伸びて緩むことであり、それによって必ず変速の調子が狂います。

これは、事前にどれだけ完璧に調整していたとしても、必ず起こってしまうのです。

 

なので、シフトワイヤーの伸びが確認できた時点で、再度調整を行う必要があります。

つまり、フロントディレイラーでいうところの「アウターギアに入らなくなった・入りにくくなった」という症状が現れたらですね。

 

初期伸びが終わってからもワイヤーが伸びることはありますが、初期伸びほど大幅に伸びることはありません。

 

  • 「新車を購入してすぐなのにアウターギアに入らなくなった!」
  • 「自転車に乗り始めてから100キロくらい走ったら、アウターに入りにくくなた」
  • 「シフトワイヤーを交換したばかりで、ちょっと前までは問題なかったのに、気づいたらアウターギアに入らなくなてしまった・・・」

という方は、初期伸びが原因となって、変速不調を起こしている可能性が高いです。

 

そうではない方も、自然な伸びによって変速不調になっていることが考えられます。

 

解決方法は「シフトワイヤーの張り直し」をすればOK。

こちらの動画が参考になります。

 

ただ、初心者の方が自分で直すには厳しいかと思います。

フロントディレイラーの調整はシビアで、リアディレイラーの調整よりも難しい。

 

単純に「上げる・下げる」以外に、「トリム」の位置を調整しなければならず、これが難しいんですね。

 

なので、自転車を買ったお店で見てもらうことをオススメします。

 

※トリムがうまくできないと、チェーンとFDが当たって「音鳴り」が発生するようになってしまいます。

シフトワイヤーが切れている

シフトワイヤーが切れ掛け

寿命を迎えたシフトワイヤー

シフトワイヤーが完全に切れてしまっていると、フロントディレイラーが動かなくなります。

なぜなら、変速レバーを押しても、シフトワイヤーを引っ張ることができなくなってしまうからです。

 

すると、フロントディレイラーは初期位置である“インナーギア”に固定され、アウターギアに入らなくなります。

シフトワイヤーが切れると、変速レバーを押したときに抵抗が無くなります。

「スカッ、スカッ」と、軽い力で押せるようになってしまうんですね。

 

なので、以前と比べて変速レバーの感覚が変わったというのなら、シフトワイヤーが切れている可能性が高いです。

フロント側のシフトワイヤーの寿命は、大体5000km~切れ始めることが多いです。

 

この問題を解決するためには、「シフトワイヤーの交換」が必要になります。

参考動画はこちら。

しかし、この作業にはFDの調整が含まれます。

先述したとおり、難しい内容です。

 

なので、お店にお任せするのがオススメですね。

フロントディレイラーのH側アジャストボルトの調整ミス

フロントディレイラー トリムの説明

フロントディレイラーには2本の調整ボルトがあります。

H側とL側の調整ボルトです。

 

このうち、アウター側の可動範囲を決める「H側」のボルトを締めすぎていることによって、アウターギアに入らなくなることがあります。

 

しかし、これが原因となるのは「最近フロントディレイラーの調整をした」という方のみかと。

なぜなら、走行中に勝手に調整が狂うものではないからです。

 

なので「急に入らなくなった」という方は、恐らく対象外です。

他の原因を探りましょう。

 

 

この問題を解決するには、「H側アジャストボルトを緩める」必要があります。

アジャストボルトを緩めると、フロントディレイラーのアウター側可動域が広がり、ギアに入るようになりますよ。

 

ただ、緩めすぎるとチェーン落ちるする危険性があります。

もし自分で挑戦された方は、最後にお店の方にチェックしてもらうと良いですよ。

まとめ

本記事のまとめです。

【「アウターに入らない時」の原因と対処方法】

  1. シフトワイヤーの伸び(緩み)⇒ワイヤーの張り直し
  2. シフトワイヤーが切れている⇒ワイヤーの交換
  3. フロントディレイラーのH側アジャストボルトの調整ミス⇒アジャストボルトを緩める

 

この記事が原因解決に役立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

★関連記事★

シフトワイヤーの「初期伸び」とは?自転車への悪影響と対処法を解説

自転車のシフトワイヤーの交換時期は?【目安は3000km~】

【自転車のリア変速がおかしい】主な7つの症状と原因・解決方法

タイトルとURLをコピーしました