「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

【チャリダー必読!】自転車旅で使うホイールに求める2つの条件

自転車旅で使うホイールの絶対条件
悩んでいる人
荷物満載のチャリダー

自分は自転車旅が好きで、よくツーリングをするよ。

 

宿泊方法が「キャンプ」なのもあって、結構荷物が多め。

自転車が壊れてしまわないか、ちょっと不安だなあ…

 

荷物を沢山載せて自転車旅をする時、何か注意点とかあるの?

こだわった方がいいパーツとかあるの?

こんなチャリダーの方におすすめの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 自転車旅で“ホイール”にこだわるべき理由
  • 荷物の重いチャリダーが使うホイールに求められる2つの条件
  • 結論として、「鉄下駄ホイール」をオススメする理由
  • 自転車旅には向かないホイール
かける
かける

自転車日本一周、ショップメカニックの経験をもつ私が解説します!

 

突然ですが、

自転車旅で使う「ホイール」に、こだわりはあるでしょうか?

何かポイントを気にしたことはあるでしょうか?

 

「ない」「よく分からない」という方にこそ、見ていただきたい記事ですね。

なぜなら、自転車旅で使うホイール選びは非常に重要だからです。

 

使うホイールを間違えると、

  • すぐに壊れて(スポークが折れて)しまったり、
  • 自転車屋さんに行ってもすぐに修理できない

ということになりかねません。

 

自転車旅においては、致命的ですよね。ですから、ホイール選びはとても大切。

 

  • これから自転車旅を始める方
  • 自転車旅をしているけど、ホイールについて気にしたことがない方
  • 荷物を沢山載せるチャリダー

の方は、これから紹介するポイントを押さえるといいですよ。

 

初心者の方にも分かりやすいよう、解説しますね。

【チャリダー必読!】自転車旅で使うホイールに求める2つの条件

自転車旅で使うホイールの絶対条件

結論、自転車旅に使う“ホイール”に求める条件は2つです。

  1. とにかく頑丈で、壊れにくいこと
  2. 修理がしやすいこと

 

このままではすごく抽象的で、よく分からないと思います。

具体的に「どのポイントをみて、判断するのか」を、解説しますね。

とにかく頑丈で、壊れにくいこと

「頑丈なホイール」の判断基準って?

荷物が多いチャリダーほど、「頑丈であること」は重視すべきです。

では、何をもって頑丈なホイールと言えるのか?

 

実は、ホイールの「スポーク数」によるところが大きいです。

スポークとは

ホイールの振れ取り

スポークとは、「ホイールにある“棒”」のことを言います。“支柱”ですね。

知っている方も多いでしょう。

 

ホイールは、厳密にいうと4つのパーツから構成されています。

  1. リム
  2. ハブ
  3. スポーク
  4. ニップル

 

そのうちの「スポーク」です。

スポーク数は、全て一緒ではない

自転車には色々な種類がありますが、スポーク数は全て一緒ではありません。

少ないものもあれば、多いものもあります。

 

スポークが少なめ:軽量にでき、空気抵抗も減るが、衝撃に弱い

スポークが多め:衝撃に強いが、重いし、空気抵抗は増える。

 

例えば、「速く走ること」を目的としたロードバイクなら、スポーク本数は少なめです。

前輪なら20本以下、後輪なら24本以下とか。

 

舗装路の走行がメインであり、耐衝撃をあまり考えなくていいからですね。

 

反対に、衝撃だらけの“山道”をガシガシ走る「マウンテンバイク」の場合、スポーク数は多いです。

前後輪ともに28本以上とか。

 

まあとにかく、知ってほしいことは一つ。

スポーク数が多いほど頑丈で、少ないほど華奢。
 
スポーク(支柱)が多いほど、負荷や衝撃に強いです。

自転車旅でスポーク数の少ないホイールを使うと…

ではここで、あなたに聞きます。

自転車旅で使うホイールのスポーク数は、
【多め?少なめ?】
どちらが適しているでしょう?

 

 

分かりますよね。「多め」です。

 

では、少なめのホイールを使うとどうなるでしょうか?

 

例えば、ロードバイクで自転車旅に行くとします。

元々付いていたホイールのスポーク数は少なめ。前輪20本、後輪24本。

 

そんなことは知らずに、荷物をドカドカ載せて旅をしたら…?

 

はい。スポークが非常に折れやすくなります。というか、折れます。(笑)

直しても直しても、次から次へとスポークが折れる。

実際に、私の知り合いでそうなった人がいます。

「300km走るごとに、スポークが一本折れる。どうしたらいいの?」と、相談を受けたんですよね。

 

結論、ホイールを変えるしかありません。

スポーク本数が少ないホイールでは、重い荷物に耐えられませんから、「折れて当たり前」なのです。

 

これではまともに旅ができませんね。

結論:自転車旅に使うホイールは「スポーク多め」で

そんなわけで、自転車旅に求められるホイールの条件その1は「スポーク本数が多めであること」です。

 

特に、荷物の重さ+ライダーの体重を受ける「後輪」は、頑丈にしないとダメですね。

 

具体的にいうと、理想は「前後32本以上」かな。

最低限、28本は必要ですね。ちょっと心配ですが。

 

ツーリング系の自転車を選べば、最初からスポーク本数の多いホイールが付いてくるので、基本的にクリアしているでしょう。

しかし、注意してほしいのが、「ツーリング仕様にカスタムした自転車」に乗っている方。

 

例えば、ロードバイクやクロスバイクですね。

スポーク本数が少ない恐れがあるので、必要があればホイールを買い替えましょう。

修理がしやすいこと

自転車の修理(ホイール組)

条件その2、「修理がしやすいこと」について。

 

自転車旅をしていると、トラブルはつきものです。

いくらスポーク本数を多めにしたからと言って、絶対に折れないかというと、そうではありません。

 

ですから、トラブル対処がしやすいことも、求められる条件となります。

 

具体的に注意するポイントは2つ。

  1. 専用パーツが使われていないか
  2. スポーク交換作業が容易か

 

特殊なホイールだと、自転車屋さんに持ち込んだところで、すぐに直せなくなっちゃいますからね。

パーツ取り寄せ(出来ないところもあり)→大変な修理作業

になってしまい、時間が掛かります。

 

とはいえ基本、「高価なホイール」を選ばなければ、問題ないですね。

チャリダーの中で、変にホイールだけ高級なものを使っている方を見たことがないので、大丈夫なはず。

 

なので、割愛します。

自転車旅は「鉄下駄ホイール」が最強

  1. とにかく頑丈で、壊れにくいこと
  2. 修理がしやすいこと

この2点を考えた時、「鉄下駄ホイール」が使いやすいです。

粗大ゴミといわれることも多いですが、自転車旅では魅力的(笑)

 

 

今履いているホイールが旅に不向きなら、とりあえず「鉄下駄ホイール」に変えるのをオススメします。

倉庫に眠ってたりしませんか?

 

恐らく、後輪のスポーク数は28本以上ですし、専用パーツも使われていないでしょう。

中古なら数千円で取引されるので、旅用として持っておくのがオススメです。

 

とはいえ数千キロ規模の自転車旅をするなら、やはり「32本以上」が理想的ですけどね。

まとめ

では最後に、本記事の要点をまとめます。

【荷物の多い「自転車旅で使うホイール」に求める2つの条件】

  1. とにかく頑丈で、壊れにくいこと
  2. 修理がしやすいこと

 

めちゃくちゃ大切なので、覚えておいてください。

ご覧いただきありがとうございました!

 

チャージで最もお得にお買い物

普段からAmazonを使うあなたへ。

買い物するなら「ギフト券チャージ」が断然オトク。
最大2.5%も還元されるので、欲しいものが余分に買えちゃいます。

自転車旅
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました