「日本一周中」の看板を掲げるメリットはあるのか?【僕は付けた】

「日本一周」の看板は付けるべき? 【3つのメリットとは】自転車旅

先日、知り合いであるかきぴーさん(@kakky921)が、このようなツイートをしていました。

 

日本1周に看板をつけるのって賛否あるみたいだけど、抵抗なければ「つけるのをオススメ」するな〜

・同じ旅人と話すキカッケになる

・身分証になる

・見た人が声かけやすい

ってメリットがある。 旅中職質された時警察も看板見て「なるほどね」って感じで対応が早かったし、話も弾んだ!

 

本記事では、「日本一周の看板」について、私の意見をお話ししようと思います。

 

日本一周をしている方の多くは、「日本一周中!」という看板を掲げて移動をしています。

私もその一人で、自転車のホムセン箱に看板を取り付けていました。

日本一周で使った自転車

 

看板を付け始めたのは、人生で初めて自転車旅をした高校2年生の頃からです。

先人(先輩自転車旅人)のブログ記事を見る中で、看板を付けている方が多く、単純に憧れた?から。

「なんか、旅人らしくてかっこいい!」と思ったんですよね。

 

ただ、実際に看板を付けて走ってみると、「かっこいい」以外のメリットがあることに気づいたのです。

だからそれ以来、大きな旅をする時は看板を掲げてきました。

 

「旅人はなぜ看板を掲げるのか?」「日本一周看板は必要なのか?」

実体験を交え、詳しくお話しします。

 

本記事で分かる内容はこんな感じ。

  • 看板を付けることのメリット
  • 看板がもたらした機会

 

ではどうぞ。

「日本一周中」の看板を掲げるメリットはあるのか?

「日本一周」の看板は付けるべき? 【3つのメリットとは】

メリットがあると思ったので、私は看板を掲げていました。

 

看板を付けることは、一部自己満足の世界でもあります。

なんというか、自己顕示欲的な。「旅してるぜー!!!」って感じ(笑)

 

ただ、それだけではありません。実は、「メリット」もあるんですよね。

私が感じたメリットは主に3つ。

  1. 他の旅人と繋がるきっかけになる
  2. 一般人から声をかけてもらいやすくなる
  3. 毎回聞かれる質問の省略

 

特に私は、「他の旅人と繋がるきっかけになる」のが非常に大きなメリットだと感じました。

 

これら3つのメリットについて、詳しく解説します。

他の旅人と繋がるきっかけになる

 

看板があると、旅人と繋がるきっかけになることがあります。これは本当です。

パッとみただけで、「何をしている人か」が分かるからですね。

同志だと分かれば、そりゃあ話しかけたくもなるでしょうし、繋がりたくもなります。

 

看板を付けないと、そんな“縁”を逃してしまうかもしれません。

実際に、「看板をつけていたがゆえに知り合った」という例を紹介しましょう。

 

私が「話しかけた側」の話です。

 

日本一周中、私は徒歩で日本一周をしているよこみーと、行動を共にしていました。

16時くらいだったでしょうか。

徒歩で、移動スピードの遅いよこみーが、先に寝床となるキャンプ場へ向かいました。

自転車の私が食料の買い出しをしたのち、あとから合流する予定でした。

 

スーパーを出て、キャンプ場へ向かう最中のこと。

ふと、ガストに駐輪してあった自転車に目が留まったのです。

なぜなら、「日本一周中」という看板が付いていたから。

 

数少ない同志の内の一人。店内にいたので、どんな方かは分かりません。

でも、店の中に必ずいるのです。

私と同じ“自転車”ということもあり、気になって仕方がありません。

 

少し待っても外へ出てこなかったので、私はその自転車にメモを残し、キャンプ場へ向かいました。

「私も日本一周をしているかけると申します。

同じ日本一周勢を見かけたので、声をかけずにはいられませんでした。今晩、ここから数キロ先にある〇〇キャンプ場に泊まります。

もし都合が合えば、そこでお会いしませんか?」

と。

 

キャンプ場でよこみーと合流し、あったことをはなし、ご飯を作っている時のことでした。

その方が来て下さったのです。出会いが生まれました。つながりができました。

 

…というように、「看板」が旅人同士をつなぐきかっけになることがよくあります。

今回話した例でも、ガストに止まっていた自転車に「日本一周」という看板が無かったら、私は素通りしていたと思います。

「荷物を積んでる自転車があるけれど、どっか近場でキャンプでもするのかな?」程度にしか思わなかったことでしょう。

 

でも、看板があったことで、「同じ目的を持った方なんだ!」ということが分かり、どうしても話しかけたくなったのです。

 

看板は、そんなきかっけを作ってくれることがあります。

大きなメリットですよね。

一般人から声をかけてもらいやすくなる

大きく「日本一周中!」と掲げていたら、街の人から声を掛けてもらいやすくなる。

これが、すごく励みになるんですよね。メリットです。

 

同じだけの荷物を持っていても、同じ格好をしていても、“看板”がなかったら声を掛けられる数は減ると思います。

なぜなら、「何をしている人か分からない」から。これも、さっきと理由は同じ。

 

「めっちゃ荷物持ってるけど、何してるんだろう?」

「この人は、どこへ行くのだろう?」

と、見た町の人は心の中では思うでしょう。

 

しかし、気になってはいるけれど、「何の人か」の確信が無いので、声を掛けづらいのだと思います。

 

例えば、分かりやすいイメージでいうと…

「たくさん荷物を背負ったバックパッカー」がいたとしましょうか。

日本一周中かもしれないし、旅をしているかもしれないし、ただ部活の帰りかもしれないし、これから山に行くかもしれない。荷物が多いだけで、友達の家に泊まりに行くだけかもしれない。

→つまり、何の人かが分からない。だから、話しかけづらい。

 

しかし、「日本一周中」と看板があれば、

「ああ、この人は日本一周をしているんだな。おもしろそう。ちょっと声を掛けてみるか」となる可能性が上がります。

 

だから、街の方から声を掛けられやすくなるんですね。

で、「声を掛けられる」ということが、励みになるのです。

 

看板を付けることに、メリットはあると思います。

毎回聞かれる質問の省略

看板を付けることで、「テンプレ質問の省略」になり、手間が省けます。

どういうことか。

 

日本一周をしていると、会う人会う人に同じ質問を繰り返されます。

 

  • 「どこから来たの?」
  • 「何をしてるの?」
  • 「いつから旅してるの?」

 

当たり前ですよね。私が“町の人”の立場だったとしても、とても気になります。

絶対に聞いてしまう質問です(笑)

 

聞く側からしたら、初めての質問。

ですが、聞かれる側は、もう何度も何度も同じことを説明しているはずです。

 

「〇〇から来ました。日本一周中です!〇月から旅をしています」と。

新しい出会いはとても嬉しいですが、ちょっと、このやりとりが手間に感じることも0ではなかったです。

 

そんな時に、「看板」です。

看板にこれらの情報を書いておけば、事前に簡単な自己紹介が済んでいるようなもの。

毎回聞かれる質問を、省くことができます。

だから、“時短”になりますよね。

 

そういった意味でも、看板は大いに活躍しました。

旅に看板はあったほうがいい?

私もかきぴーさんの意見と同じで、「看板を付けるのはオススメ」ですね。

あった方がいいと思います。

理由は、紹介した3つのメリットがあるから。

 

もちろん、付けなければいけないかというと、そうではありません。

「迷ったら、付ければいいんじゃない?」と思います。

 

デメリットと言えば、「乞食だ」とか言われることがあるくらい?

私は言われませんでしたが、中にはそんな意見があるようですね。

 

まあ、気にしなくていいでしょう。

まとめ

では最後に、本記事の要点をまとめます。

  • 他の旅人と繋がるきっかけになる
  • 一般人から声をかけてもらいやすくなる
  • 毎回聞かれる質問の省略

 

もし、看板を付けようか迷っているのなら、付けた方がいいかなと私は思います。

結構なメリットがありますからね!

 

よければ参考にしてみてください。

 

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
自転車旅
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました