【必読】知って得する!通学自転車の寿命って?【長く乗る秘訣とは】

自転車旅で使うコンポを「8速」にこだわる3つの理由

悩んでいる人
自転車旅人
  • 自転車旅で使う自転車本体の「コンポーネント」は、何を選べばいいのだろう?
  • 自転車旅をしている人は、どんなコンポーネントを使っているのだろう?
  • 旅に使う自転車の「こだわりポイント」が知りたい!

こんな方におすすめの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 私が自転車旅で「8速コンポ」にこだわる3つの理由
  • 自転車旅ならではの考え方
  • 自転車旅で高級コンポって必要ですか?

 

かける
かける

こんにちは、かけるです!

私は高校2年の頃から自転車旅を始め、2019年には日本一周もしました!

 

現在は自転車ショップで働いており、パーツに対する知識も豊富です。

 

そんな私ですが、本格的な自転車旅で使う自転車のコンポは「8速」と決めております。

強いこだわりでして、日本一周の時こそ、外せないポイントでした。

 

8速と言えば、普及グレードです。

スポーツバイクの中でいえば、最低グレードに位置します。

 

なぜ、8速を使うのか?なぜ、高級コンポを導入しないのか?

その理由について、詳しく解説します。

自転車旅で使うコンポを「8速」にこだわる3つの理由

結論、私はこれら3の理由から、8速コンポを好んで使っています。

  1. ランニングコストが安い(チェーンの耐久性が高い&価格が安い)
  2. パーツが入手しやすい
  3. トラブル発生時の修理費用が安い

 

本当に「自転車旅」ならではのこだわりでして、サイクリングで使う自転車は普通に“11速”を使っています。

 

3つの理由について、詳しく解説します。

ランニングコストが安い

8速チェーンを使うと、ランニングコストが安くすみます。

 

自転車には、様々な消耗品がありますよね。

チェーン、ブレーキシュー、バーテープ、ワイヤー…など。

 

その中で、コンポ(変速段数)によって変わるパーツと言えば、「チェーン」です。

8速の場合、チェーンのおかげでランニングコストが「お得」に済みます。

 

自転車旅では頻繁にチェーンを変えますから、大事なポイントの一つです。

 

お得とはどういうことか?

8速チェーンが他に勝るポイントは2つ。

  1. チェーンの耐久性が高い
  2. チェーンの価格が安い

 

チェーンの耐久性が高い

8速チェーンの寿命は、およそ「4-5000km」持ちます。

これは、8速~11速チェーンの中で一番長持ちする数字です。

 

チェーンは変速数が多くなるにつれて、厚みが薄くなります。

その結果、寿命が短くなります。

 

例えば、現在主流の「11速」では、約3000kmしか持たないのです。

 

チェーンの耐久性が高いので、交換する頻度が少なくなります。

そこで、次の項目に繋がるわけです。

チェーンの価格が安い

交換頻度が少ない上、チェーンが激安なんです。

例えば、8速チェーンの「CN-HG40」の値段を見てみてください。

 

Amazonで買うと異常に安いですが、定価で買っても1800円ほど。

つまりですよ?

4-5000kmに一回交換時期を迎えたとき、交換費用(パーツ代)が「1800円」しかかからないのです。

 

めちゃくちゃお得じゃないですか?

イマイチ安さが分からない方のために、11速と比べてみます。

 

11速で一番手頃な105グレードのチェーンがコチラ。

定価でおよそ、3800円です。

約3000kmで交換時期を迎え、交換費用に3800円もかかるのです。

 

このように比較すると、8速チェーンの手頃さが際立ちますよね。

別にお金がいくらでもあればいいのですが、そうではありません。

 

私は比較的“貧乏旅”ですから、なるべく出費を抑えたいところ。

その点において、8速に勝てるものはありません。

パーツが入手しやすい

自転車旅では、途中でパーツを交換することもあるでしょう。

壊れてしまったり、単に寿命を迎えて交換が必要だったり。

 

そんな時、8速は比較的入手性が高く、困りません。

特に、よく変えるパーツと言えば「チェーン」です。またしてもチェーンに関するお話。

 

8速チェーンは、チェーンの中で最も手に入りやすいと言えるでしょう。

なぜなら、ママチャリにも使われているから。

 

外装6・7・8段チェーンは全て兼用でして、同じものを使います。

だから、ママチャリ屋さんでも、ホームセンターの自転車コーナーでも、チェーンが手に入ります。

 

一方で、例えば11速チェーンだったらどうか。

11速チェーンはスポーツ用ですから、ママチャリには使いません。

つまり、ママチャリオンリーの店には在庫していないでしょうし、ホームセンターにもないでしょう。

あるのはスポーツバイクを扱う専門店が主です。

 

このように比べた時、8速チェーンの方が日本中のどこでも手に入りやすいですよね。

 

自転車旅では、スポーツショップがあるような大きな町のみを走るわけではないです。

田舎町が続くようなシーンだって多くあるわけです。

 

そんな時、入手性の高い「8速チェーン」なら、どこだって手に入れることができます。

「必要な時に、手に入る」

自転車旅において、非常に重要な観点です。

トラブル発生時の修理費用が安い

自転車旅では、パーツを壊したり、消耗して交換が必要になることもあるでしょう。

そんな時、パーツ自体が安いので、修理費用が安く済みます。コンポーネントの価格差ですね。

 

例として、8速VS11速のパーツでいくつか比較を出してみます。

自転車旅では実店舗からの購入がメインでしょうから、あくまでも「定価」で比較してみてください。

 

リアディレイラー

 

スプロケット

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥3,170(2022/07/04 15:51:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

STIレバー

 

結構な差がありますよね。

パーツ交換時の費用を考えた時、8速の安さは魅力的です。

グレードの高いコンポって、必要ですか?

「とりあえず105以上にしとけって!」

自転車を選ぶとき、よく耳にする言葉だと思います。

 

確かに、105以上の自転車を買えば、多くの人は不満ないですよね。

レーススペックを有したコンポですから、サイクリングで使うには十分すぎます。贅沢なくらいです。

 

では、自転車旅で使う時はどうなのでしょうか?

あくまでも個人の考え方はそれぞれですが、私は「高級コンポは必要ない」と考えています。

 

コンポのグレードが高くなるほど、精度が良くなったり、軽くなったり、変速段数が増えたり、剛性が上がったりしますよね。

要は、「走行パフォーマンスがあがる」わけです。

そこにお金を払っている。

 

しかし、自転車旅に「走行パフォーマンス」って必要ですか?

少なくとも、私のようにパニアバッグを積載して走るような旅では、ほとんど気にしないはずです。

 

「今日は平均時速を3km上げて、ガンガン漕いでトレーニングのように走ろう!」

そんなふうに旅をしているチャリダーは、いないでしょう。

サイコンすら付けない人も多いくらいですからね(笑)

 

ですからそもそも、高級コンポは必要ないのです。

使う環境と走り方を考慮した結果、「8速」が一番合理的だなと思い、使い続けています。

 

フロントトリプルギアの「24-32-42T」が使えるのも、地味に大きな魅力だったりします。

まとめ

まとめです。

 

【私が自転車旅で“8速”を使う理由】

  1. チェーンの耐久性が高い&価格が安い
  2. パーツが入手しやすい
  3. トラブル発生時の修理費用が安い

 

チャリダーならではの考え方ですね。

これから自転車を選ぶ方や、既に旅をしている方の参考になれば幸いです。

 

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました