「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

ロードバイクに空気が入らない時に再確認すべき4つのこと

【えっ、どうして…】 空気が入らない時に 再確認すること
悩んでいる人
悩んでいる人

ロードバイクに空気を入れようと思ったら、なぜか入らないんだよね。

どうしてだろう…?

 

やり方が間違ってるのかなあ。

 

空気が入らない時に確認すべきポイントを教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 空気が入らない時に確認すべき3つのポイント
  • どうしても空気が入らないときの対処方法

 

かける
かける

もしかすると、やり方が間違っているのかもしれません。

記事の手順を見つつ、やってみてください。

 

ロードバイクに空気が入らない時に再確認すべき4つのこと

【えっ、どうして…】 空気が入らない時に 再確認すること

結論、再確認すべきポイントは4つ。

 

  1. 空気入れはバルブの種類に対応しているか
  2. フレンチバルブの先を緩めているか
  3. 空気を入れる前に、バルブ押しているか
  4. 空気入れを“ロック”しているか

 

それぞれ解説します。

空気入れはバルブの種類に対応しているか

あなたがお使いの空気入れは、ロードバイクに対応したものでしょうか。

 

すでに、過去に空気を入れられた経験がある方は大丈夫です。

初めて空気を入れようとして、入らないのであれば再確認しましょう。

 

ロードバイクの空気入れの種類は、(おそらく)フレンチバルブですよね。

自転車のバルブの種類(英式、米式、仏式)

写真中央のものと、同じタイプでしょう。

 

でしたら、フレンチバルブ対応の空気入れを用意する必要があります。

 

ママチャリ(英式)専用の空気入れでは対応しておりませんので、注意してください。

フレンチバルブの先を緩めているか

ここからは、空気を入れる手順の中で誤りがないか確認していきます。

 

一番よくあるミスが、「フレンチバルブの先を緩めていない」ことです。

 

フレンチバルブの場合、空気を入れる前にバルブの先を緩める必要があります。

ロードバイクに空気が入らない ロードバイクに空気が入らない ロードバイクに空気が入らない

 

ここがネジになっているので、「反時計回し」で緩めましょう。

 

バルブの先が上にこればオッケーです。

ここを間違えていた方は、一度空気を入れなおしてみてください。

 

おそらく入るはず。

空気を入れる前に、バルブ押しているか

ロードバイクに空気が入らない

まだ空気が入らなかった方は、次の確認事項です。

 

空気を入れる前に、「バルブの先」を指で押してみて下さい。

既にタイヤに空気が残っていれば、「プシュッ」と言う音とともに空気が抜けるはず。

 

こうすることで、空気が入るようになるかもしれません。

 

というのも、バルブの中にゴミが詰まっていて、空気が入らないことがあるんですよね。

空気を出すことでゴミが取り除かれ、直ることがあるからです。

 

  1. バルブのネジを緩める
  2. 空気を入れる前にバルブを押す

 

この2つをやれば、空気が入るようになっているはず…。

空気入れを“ロック”しているか

ロードバイクに空気が入らない

 

あと、稀にあるのが空気入れの「ロック忘れ」です。

 

空気入れをセットした後、「レバーを倒す/レバーを立てる」どちらかの作業をすることで、バルブをロックします。

 

立てるか倒すかは使っている空気入れによりますから、一概には説明できません。

 

グッと押し込んだ後、しっかりロックし、空気を入れてください。

出来ることは以上です。

【どうにもダメなら】チューブ交換しよう

自転車のチューブ

これだけやってダメなら、もうチューブ自体が使えなくなっている可能性があります。

 

なので最悪、チューブを新品に交換しましょう。

「長年ロードバイクを放置していた」という方は、その可能性が高いです。

 

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【空気が入らない時に試すこと】

  1. 空気入れはバルブの種類に対応しているか
  2. フレンチバルブの先を緩めているか
  3. 空気を入れる前に、バルブ押しているか
  4. 空気入れを“ロック”しているか

 

これで直れば幸いです。

 

なお、「どのくらい空気を入れたらいいか?」は、こちらの記事で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました