「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

【知らなきゃヤバい】ロードバイクのタイヤの適正空気圧って?

ロードバイクのタイヤの適正空気圧とは
悩んでいる人
悩んでいる人

ロードバイクの空気を入れたいんだけど、「適正空気圧」ってどのくらい?何を見て、判断したらいいの?

 

最低空気圧は?最高空気圧は?ぶっちゃけよく分からない…。

 

初心者の私でも分かるよう、詳しく教えて欲しい!

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • ロードバイクの適正空気圧
  • 3種類ある空気圧の単位
  • 適正空気圧の確認方法
  • 空気圧を変えると、どんな違いがあるのか
  • 空気入れの頻度

 

かける
かける

ロードバイクのメンテナンス、まずはここから!

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数14万PV達成
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

【知らないとヤバい】ロードバイクのタイヤの適正空気圧って?

ロードバイクのタイヤの適正空気圧とは

結論、「使っているタイヤによって変わる」です。

なので、一概に「〇〇です」とお伝えすることはできません。

 

太さもそうだし、メーカーのモデルごとに違ったりします。

ロードバイクの中でも、「あのタイヤは〇〇だけど、このタイヤは〇〇!」というように、本当にそれぞれです。

では、どのようにして適正空気圧を確認したらよいのでしょうか?

適正空気圧の確認方法

「タイヤの側面」をぐるっと一周見まわしてみてください。

 

すると、どこかにこのような表記がありませんか?

タイヤのサイズ確認 700C

  • 〇〇BAR
  • 〇〇kPa
  • 〇〇PSI

とか。このタイヤの場合、「130PSI」との表記があります。

 

これが、適正空気圧です。

 

最高空気圧だけ表記のあるタイヤもあれば、最低-最高の範囲指定があるタイヤもあります。

例えば、

  • max 7.8BAR→「最大7.8BARまでだよ!」
  • min 6.2BAR-max8.5BAR→「6.2BAR以上、8.5BAR以下で入れてね!」

ということ。

 

なので、タイヤ側の表記通りに空気を入れていけばOK。

単位は主に「BAR(バール)」「kPa(キロパスカル)」「PSI(ピーエスアイ)」の3種類ありますが、どの単位を用いるかは、空気入れのメーターに合わせると良いでしょう。

 

例えば、私が持っているポンプの場合…

空気入れの気圧計

  • 内側のメーターが「PSI」
  • 外側のメーターが「kPa」

の2種類の単位がありますから、どちらか好きな方を使うって感じですね。どちらでもいいので、直感で選びましょう(笑)

 

ちなみに、<1BAR=100kPa>となっています。

適正空気圧の「範囲」と「違い」について

最初に目安となる空気圧

ギモンの声
ギモンの声

適正空気圧の確認方法は分かったけれど…

具体的にどれだけ空気を入れればいいわけ?

 

「max7.8BAR」って書いてあったら、最大まで入れるべきなの?

「min 6.2BAR-max8.5BAR」って書いてあったら、範囲が広くてどっちに合わせたらいいか分からないよ?

と思う方がほとんどでしょう。

 

ロードバイクを始めたばかりの方は、ひとまず「7BAR(700KPA/約100PSI)」と覚えておけばOK。

確認します、「7BAR」です。7BAR7BAR7BAR…。

 

はい、覚えましたね。

 

ただし、これはあくまでも目安でして、使うタイヤによって変わります。

そもそも最大空気圧が7BAR未満であったり、チューブレスタイヤで7BARだと入れすぎかなと思ったり。

 

そんな時は「最大空気圧の8割」を目安に入れればいいかなと思います。

空気圧の違いがもたらす影響

初めは基本「7BAR」に設定すればいいのですが、空気圧には範囲がありました。

例えば、「min 6.2BAR-max8.5BAR」だったら、6.2BAR以上8.5BAR以下で入ればOKということ。

 

ではなぜ、適正空気圧には「範囲」があるのか?空気圧を変えることで違いはあるのか?

と気になりませんか。

 

適正空気圧の範囲内で、タイヤの空気圧を調整することで、ザックリ2つの要素に影響があります。

  1. 乗り心地
  2. 転がり抵抗(スピードの出やすさ

 

【空気圧を“低め”にすると…】

  • クッション性が増して、乗り心地が良くなるため、乗り手が疲れにくい
  • しかし、タイヤが変形することで路面抵抗が増え、スピードが出にくくなる

 

【空気圧を“高め”にすると…】

  • タイヤの変形量が減るため、路面抵抗が減り、スピードが出やすくなる
  • しかし、タイヤが硬くなることでクッション性が悪くなり、乗り心地が悪化し、乗り手が疲れやすい

 

この辺りの調整は、自転車に乗る中で「好み」を見つけると良いでしょう。

細かく言えば、乗り手の体重や乗り方によっても異なるので!

 

改めて、そのバランスがいいところが「7BAR(700KPA/約100PSI)」であり、初心者が目安にすべき基本的な空気圧となります。

最低空気圧、最高空気圧の範囲外になると…

空気圧の調整は、あくまでも「適正範囲内」で行わなければなりません。

上限・下限を超えてしまうと危険ですから。

 

【上限を上回る(入れすぎ)】

  • バーストが起こるかも
  • ホイールが割れる

 

【下限を下回る(空気が少なすぎ)】

  • パンクしやすくなったり
  • 真っ直ぐ走りにくかったり
  • コーナリングで曲がりにくかったり
  • 最悪の場合、走行中にタイヤが外れるかも…

 

なので、空気を入れる際は、しっかりとタイヤごとに設定された「適正空気圧」を確認するようにしましょう。

ロードバイク空気を入れる頻度

GIANT PROPEL(プロペル)で猿投神社

ロードバイクは、小まめな空気圧管理がとても大切です。

最低でも2週間に一回、できることなら乗る度に空気を入れるようにしましょう。

 

その方が、(最低空気圧を下回った状態で走る時に比べて)パンクのリスクが大きく減りますし、走行への悪影響も少ないです。軽い力でスーッと走れたりします。

 

よく、初心者の方からこんな質問をされます。

ギモンの声
ギモンの声

そもそも、なぜ空気を入れなければいけないの?

「空気が減るから」だとしたら、それはパンクとは違うわけ?

空気を入れなければいけない理由は、「空気が減るから」です。その通り。

 

ゴムチューブの中に空気が入っているのですが、時間の経過に連れて空気がゴムをすり抜けて、出ていってしまうんですね。

確かに、パンクもしてないのに空気が抜けるのは、ちょっとおかしな話に思えるかもしれません(笑)

 

でも、身近なものでもこの現象って起きてるんですよ!

 

例えば、「ゴム風船」がそうです。

空気を入れた後に口を固く縛っても、日が経つにつれてしぼんでしまいますよね。それと同じです。

 

なので、すこーしずつなら勝手に空気が減っても、決して「パンク」ではありません。

最低限2週間に一回を目安に、空気を入れるようにしてください。

 

まだポンプをお持ちでない方は、必ず用意しましょう。

 

ロードバイクの場合、バルブの種類はほほとんど全て「仏式」です。

対応したポンプでないと使えませんので、注意してください。

 

 

ギモンの声
 

「バルブの種類ってなに?」

と、気になった方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

【ロードバイクの適正空気圧は?】

  • タイヤによって変わる
  • 基本「7BAR」が目安(または最大空気圧の8割くらい)
  • 慣れてきたら、適正範囲内で調整してOK
  • 空気圧の調整をすることで、メリット・デメリットがある

 

この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

 

かける
かける

ちょっと最後に、「ロードバイクを始めたばかりの方」にオススメの記事を紹介しますね!

 

よければ、続けて見ていってください。

必ずお役に立つ情報だと自負しております(笑)

 

 

タイトルとURLをコピーしました