【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

スノーピーク「エントリーパックTT」の中身【テントとタープの正体】

悩んでいる人
悩んでいる人

スノーピークに「エントリーパックTT」ってセットがあるけど、中身は何だろう?

 

テントとタープのセットらしいけど、具体的な商品名とかあるのかな?

単品で購入するのと、セットで買うのはどちらが安いのだろう?

 

検討中で気になってるから、教えて欲しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • エントリーパックTTに入っている「テント」「タープ」の内容
  • 別々に買うのとどちらが安いのか?
  • セットに入っていない、別途必要なモノ

 

かける
かける

先日、エントリーパックTTに入っている「テント」のみを購入しました。

 

私もその時同じ悩みを抱えていましたので、調べた結果をまとめてお伝えしますね。

 

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

スノーピーク「エントリーパックTT」の中身【テントとタープの正体】

エントリーパックTT テントとタープの中身は?

エントリーパックTTの“TT”は「テント」「タープ」の頭文字。

 

セットになっているテントとタープの中身は何かというと…

  • テント → ヴォールト
  • タープ → “ほぼ”アメニティタープヘキサLセット

となっています。

 

 

エントリーパックTTの写真

スノーピーク 公式EC

 

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥57,200(2022/09/29 16:47:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

それぞれ単品で購入すると、

  • テント→定価税込み33,000円
  • タープ→定価税込み31,680円

合計およそ64,680円でして、エントリーパックTT(57,200円)が7000円ほど割安であると分かります。

 

 

かける
かける
  • テントもタープもセットで購入したい
  • これから初めてキャンプを始める(一式揃えていく)

という方には、エントリーパックTTの購入がオススメです。

 

テントとタープについて、具体的な内容をお話ししていきますね。

エントリーパックTTのテント→ヴォールト

ヴォールトのイメージ写真

エントリーパックTTのテントは「ヴォールト」といいます。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥33,000(2022/09/30 15:41:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

かまごこ型のテントで、インナーテントは吊り下げ式。設営簡単。

フライシートだけで「シェルター」のようにも使えます。

 

 

大人なら3人がちょうどよく、家族なら大人2・子供2だとピッタリ。

 

ヴォールトは前室も広く、使いやすいという印象です。

料理を作ったり、荷物を置いたり…用途は色々。

 

テントの感じを知りたいなら、スノーピークが公式で出している設営動画を見ると分かりやすいかもです。

 

ペグダウンの本数が多いこと、非自立式テントであること…ゆえに設営は2人以上が好ましいですね。

一人だと超大変。ソロには向きません。

 

エントリーパックTTのタープ→“ほぼ”アメニティタープヘキサLセット

ヘキサタープ

>>>アメニティタープ  ヘキサLセット

 

エントリーパックTTのタープは、ほぼアメニティタープ ヘキサLセットです。

“ほぼ”というは、単品で売られている商品とは少し違う点があるから。

 

【エントリーパックTTと単品のタープの違い】

  • 若干色合いが違う
  • コネクションテープが付いている(小川張りをする用)

 

タープがあると日を遮れますし、雨に打たれず外で作業をすることができます。非常に便利。

もし、テントと一緒にタープを考えていたならば、「エントリーパックTT」で決まりでしょう。

エントリーパックTTのオプション品

かける
かける

エントリーパックTTさえ購入すれば、テント関係の装備はもう大丈夫かな?

と思うかもですが、実は足りません。

 

エントリーパックTTにセットになっていないものがあります。

 

こちらのセット↓

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥17,600(2022/09/30 14:23:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

Amazonなら、テント+タープ+マット類がセットになって販売もされています。

 

 

これらは“オプション品”ですが、無くてはならないものです。

特に「グランドシート」は超大事。インナーマットは地面の硬さを和らげたいなら必要でしょう。

 

 

ギモンの声
ギモンの声

グランドシートってなに?テントだけじゃダメなの?

というキャンプ初心者の方もいるでしょうから、簡単に解説です。

 

 

グランドシートとは、テントの下に敷くピクニックシートのようなものです。

クロノスドームのグランドシート

 

これを敷いた上で、テントを設営していきます。

クロノスドーム 一人用テント

 

なぜ、グランドシートが重要なのか?3つあります。

  1. テントの汚れを防止するため
  2. テントへ湿気が付くのを防ぐため
  3. テントが傷つくのを防止するため

 

こんなペラペラなシート一枚ですが、めちゃ大事なアイテム。

「高いから買うのやめようかなあ…」とはできません。

 

 

なぜなら、地面に直接ズボンで座るようなものだから。

一瞬なら汚れるだけですが、ずっと座ってると水分が染みてきますよね。それと一緒です。

 

 

テントの中で一日過ごすと、それなりに底面が汚れます。だから防止しないと。

グランドシートを敷かないと、本体がとっても汚れるので仕舞うのも掃除も大変です。

 

 

だから、グランドシートが必要。忘れずセットで買っておきましょう。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥17,600(2022/09/30 14:23:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

かける
かける

でも実は私自身、純正のグランドシートは購入していません。

月に1回程度テントを使うだけなので、そんなにお金を掛けたくなかったからです。

 

「出費を抑えたい」という方には、私が使っている格安の非純正シートを紹介しますね。よければご覧ください↓

 

>>>【エントリーパックTT】ヴォールトに使えたグランドシートの代用品

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【スノーピーク「エントリーパックTT」中身は?テントとタープの正体】

 

 

かける
かける

エントリーパックTTは、これから複数人でキャンプを始める方にオススメです!

 

見た目もかっこいいですし、値段も手ごろ。

なにより「スノーピークの所有欲」が満たされます(笑)

 

テントを買って、皆で楽しい思い出作っていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥57,200(2022/09/29 16:47:20時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました