「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

自転車(ママチャリ)は“車”に積めるのか?【軽でもOK】

ママチャ 車 積む
悩んでいる人
ママチャリを積みたい人

ママチャリを車に積みたいんだけど、入りきるかなあ?

自分の車は大きくないし…厳しそう。

 

かといって、車に積めないのは困るなあ。

 

小さめの車でも、ママチャリって入るものなの?

ちょっと教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 自転車(ママチャリ)は車に積めるのか?
  • 積載時に必要な作業
  • 積載する時のイメージ

 

かける
かける

こんにちは、かけるです。

私は自転車ショップで働いているのですが、よく、こんな質問を受けます。

「自転車を買って帰りたいんですけど…車に入りますかね?無理ですよね…」と。

 

そこで私が車のサイズ、車内の状況を確認するのですが、たいてい“積み込める”場合が多いです。

つまり、一般人が思う「車の中に自転車を入れた時のサイズ感」は、過大にイメージしてしまっていることが多いのです。

 

本記事では、これまで何台もの自転車を、いろんな車に載せてきた私が、「どのようにして入れるのか?」を解説しますね。

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

自転車(ママチャリ)は車に積めるのか?【軽でもOK】

ママチャ 車 積む

結論からいうと、たいていの車に積めます。軽自動車でもOK。

 

体感として積みにくい車は、“車体が小さい車”というより“天井が低い車”ですかね。

セダンタイプとかだと、「厳しいかな~」と感じることがあります。

 

どのように車に積載するかというと…

  1. 寝かして入れる
  2. 立てて入れる

 

立てるか寝かすかは、車の状況によりけりです。

倒れる心配がない「寝かす」方が、安全ですね。立てて入れると安定が悪いので、支えが必要です。

 

車内に入れた時のイメージは、こちらの記事が参考になりますよ。(写真が無いので紹介です)

 

ポイントは、「後部座席の足元部分に前輪を落とす」ですね。

すると、自転車の全長がコンパクトになるので、トランクも閉まります。

立てて入れる時も、寝かせて入れる時も、ハンドルを切った状態で落としてから積載するといいです。

というか、こうしないと入りきらないことが多い。

 

 

他に行う方法として、

  • 運転席と助手席の間に前輪をはめ込む
  • 車の左側にある座席を倒し、人は右側に乗り、自転車を収納する

といったこともあります。

 

 

とにかく、「あまりに狭い車ではない限り入るので、大丈夫です」ということが伝わればOK。

車に載せる時なら下準備を

ビワイチの無料駐車場「ピエリ守山」

「パンクした自転車を取りに行く」

「お店で自転車を買って帰る」

など、自転車を載せると分かりきっているなら下準備をしましょう。

 

  • 車に乗っている余分な荷物は家に置いてくる
  • 必要最低限の人数で行く
  • 自転車を載せる時に“傷防止”の布などを持つ
  • 自転車が暴れないようロープなどを持参する

 

 

例えば先ほど「軽自動車でも入る」と言いましたが、

  • 車内は満席状態(シートを倒せない)
  • トランクに荷物はいっぱい

といった状況では、さすがに自転車を入れるのは厳しいです。

 

車を広々と使えるよう、準備をしましょう。

スポーツバイクならホイールが外せる

エスケープR3 スキュワーナット

ちなみにですが、車に載せる自転車が「スポーツバイク」なら、余裕で入りますよ。

ホイールが簡単に外せるようになっているからです。

 

クロスバイクやロードバイクに乗っているなら、ホイールの外し方を知っておくと便利。

前輪だけでも外せれば、自転車がずっとコンパクトになります。

 

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車(ママチャリ)は“車”に積めるのか?】

  • 経験上、たいていの車に積めますよ
  • 難しい車は、「屋根が低く、狭い車」
  • (車種にもよりますが)一般的な軽自動車なら大丈夫
  • 自転車を載せるとわかっているなら、下準備を欠かさず行うこと。

 

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

チャージで最もお得にお買い物

普段からAmazonを使うあなたへ。

買い物するなら「ギフト券チャージ」が断然オトク。
最大2.5%も還元されるので、欲しいものが余分に買えちゃいます。

よくある質問
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました