【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

【ママチャリ】自転車のペダルが「ガタガタ」する原因と対処法

悩んでいる人
悩んでいる人

乗っている自転車(一般車/ママチャリ)のペダルを漕ぐとガタガタするんだよね。

ペダルがしっかり固定されていない感覚?というか、緩んでいて隙間がある?というか…。

 

これって何が原因なのだろう。

ペダルが壊れてしまったのかなあ?

 

もしお店で直すなら、修理はいくらくらい掛かりそう?

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 自転車のペダルがガタガタする原因と対処法
  • ペダルの緩みではなくて、BBの緩みである可能性が高い
  • 調整で直る時の費用、本体交換しなければならない時の費用

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

 

修理に持ち込むかどうかの判断や、参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

【ママチャリ】自転車のペダルが「ガタガタ」する原因と対処法

漕ぐとペダルが「ガタガタ」 - 原因と解決策 -

結論から言うと、おそらく「ボトムブラケット(※以下BB)の緩み」が原因である可能性が高いです。

ペダル本体(踏み面)がガタガタなることは、経験上あまり多くはありませんから。

 

 

かける
かける

本当に「BBの緩み」かを確認するために、あなたにやって欲しいことがあります。

 

 

左にあるペダルの棒(クランク)を握り、前後に動かしてみて下さい。

クランクのガタを確認する

 

横じゃないですよ。

奥に押したり、手前に引っ張ってみるのです。

 

 

クランクのガタツキチェック

 

一つの位置だけではなくて、少しずつ回転させながら、いろんな位置でやってみて下さい。

例えば12時方向→3時方向→6時方向→9時方向の4カ所とか。

 

 

ある特定の位置ではガタツキが起きて、他の位置ではならないことがあるからです。

 

 

手で力を加えたときにペダルの棒(クランク)が“ガタガタ”となるのであれば、あらためて「BBの緩み」が原因である可能性が非常に高くなります。

恐らく間違いないでしょう。

 

 

本来ここはカタカタなってはいけない場所。

少しでもガタツキを感じるなら、修理・調整が必要です。

BBの緩みとは?

自転車FAQ

原因である「BBの緩み」とは何か?を解説していきます。

 

 

まず「BB(ボトムブラケット)」とは、ペダルの棒が付いている軸とでも言いましょうか。

フレームの中に入っているパーツなので、一般の方はイメージが湧かなくて当然かなと思います。

 

 

BBの中にはベアリングがありまして、「ペダルを滑らかに漕ぐ」ことができるのはBBあってこそなんですね。

クランクとBB

 

↑のクランク軸の奥に見える黒いネジ山が、BBの一部です。

 

中を分解するとこんな感じになってます。↓

 

ママチャリのカップアンドコーン式BB

ママチャリのBB

 

このベアリングの穴の中に、ペダル(クランク)の軸が通っているわけです。

 

 

BBを取り付ける際には、締め付け具合を調整しながら「ガタツキが出ない、かつ、滑らかに回る締めところ」で固定をする必要があります。

この作業は自転車ショップの人がやるため、一般の方は知らなくて大丈夫。

 

 

使っているうちにBBが緩んでしまったり、あるいは中のベアリングが摩耗してやせ細ってくると、中に隙間が生じるんですよね。

その結果、ペダルの棒(クランク)がガタガタと動くようになり、「ペダルがガタガタする」という症状が出るのです。

BBの緩み、ペダルのガタツキを修理するには?

自転車屋

かける
かける

基本的にBBの緩みはは“調整”で直ることが多いです。

修理工賃の相場は1000-1500円程度。

 

専用工具を用いて修理するので、一般家庭にある工具でご自身でやるのは難しいでしょう。

 

 

 

しかしながら、中には調整では済まないこともあります。

ガタツキの原因が「BBの破損」「BBの寿命」であった場合ですね。

 

稀に中のベアリング及びその入れ物(リテーナー)がバキバキに壊れていることがありまして、そうなると基本的にBB本体の交換となります。

 

 

この修理になると修理費用は結構高め。

パーツ代&工賃含めて5000円~8000円程度になるのではと考えられます。

 

 

なぜこんなに高いかというと、BBの交換をするには「チェーンケース」や「クランク」といったパーツを全て外さなければいけないからですね。

作業に時間が掛かるので、どうしても工賃が高くなるのです。

 

 

恐らくお預かりでの修理になるでしょうから、時間には余裕をもってお店に行きましょう。

調整だけで済む場合は、5-10分もあればできます。

【例外】他に考えられる「ペダルのガタツキ」の原因

ギモンの声
 

ペダルの軸を手で動かしても、特にカタカタなる様子はないかな…

となると、他に考えられる原因って何がある?

中にはBBの緩み以外の原因で、ペダルのガタツキが起きていることもあるでしょう。

 

 

かける
かける

他に考えられる原因は…「ペダル本体の破損」ですかね。

ペダルの中にも実はベアリングが入ってまして、例えばベアリングの玉が割れてしまっていたりすると、漕いでいて「ガタガタ」となります。

 

でも冒頭でも述べた通り、あんまりないケースかな、、、という印象。

まずはBBのトラブルが疑われますので、是非自転車ショップへ持ち込んでみて下さい。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車のペダルが「ガタガタ」する原因と対処法】

  • おそらく「BB」のトラブルであることが考えられます
  • ペダルの棒を手で前後させてみて、ガタガタなるようなら要注意
  • 調整で直ることが多いですが、稀にBB本体の交換が必要なケース有
  • 他に考えられる原因はペダルの破損など

 

ガタガタした状態をほおっておくと、より悪くなる未来しかありません。

ガタツキを感じた時点で速やかに自転車ショップへ行き、調整・修理をしてもらってください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

created by Rinker
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥1,073(2022/09/30 15:34:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

タイトルとURLをコピーしました