【これで解決】ローラーブレーキの音鳴りの原因は「グリス切れ」

ローラーブレーキが音鳴りする原因、グリスの入れ方ブレーキ
悩んでいる人
ブレーキの音鳴りがする人

音鳴りがしにくいはずの「ローラーブレーキ」を使った自転車に乗ってるんだけど、最近“ギーギー”系の異音がするんだよね。

 

うるさくて、ブレーキするのをためらってしまうほど。

 

これって、何が原因なのかな?どうしたら直るのかな?

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • ローラーブレーキから音鳴りがする時の原因と対処方法
  • ローラーブレーキに使うグリスの選び方
  • グリスの適切量と、入れ方について

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

 

【これで解決】ローラーブレーキの音鳴りの原因は「グリス切れ」

ローラーブレーキが音鳴りする原因、グリスの入れ方

結論から申し上げますと、ローラーブレーキから音鳴りがするなら、原因は「グリス切れ」でしょう。グリスを注入すれば、直ります。

 

新品のローラーブレーキの内部は、グリスが充填された状態です。

それが長年の使用によって抜けることで、ブレーキ時に異音が出るようになります。

「ガーガー」「ギーギー」みたいな音です。

ちなみにですが、「キーッ」っと高い音が鳴るブレーキは、バンドブレーキですね。

 

経験からして、およそ3年以上乗った自転車に多いかなーという印象です。

1-2年ならまず鳴りません。

 

特に多いのが、電動アシスト自転車ですね。

高価な自転車ですので長く乗る方が多く、それに伴い音鳴りが発生率も高まります。

 

まあとにかく、音鳴りがしにくいはずのローラーブレーキから変な音がするようになったら、グリス切れを疑いましょう。

ローラーブレーキに使うグリスは?

ローラーブレーキには専用のグリスがあります。こちら。

黒っぽい色をした、特殊なグリスです。

 

「グリスを買うのはもったいないから、家にある適当なグリスや、5-56でも注してみるか!」

なんてふうに思う方も中にはいるかもしれませんが、ダメですよ。必ず専用品を使ってください。

グリスの量と入れ方

シマノのディーラーマニュアルを見れば、丁寧に解説してあります。

ローラーブレーキのグリスの量と入れ方

 

グリスの量は約5g。

…といっても感覚ではよく分からないので、計りに載せつつ作業を行うと確実です。

 

入れ方は簡単。

  1. グリス穴キャップを外す
  2. チューブを12mm以上差し込み、車輪をゆっくり回転させながら、グリスを注入する
  3. キャップを締める

 

最後に試走してみて、音鳴りや制動力が正常になれば完了です。

特に自転車の知識が無くてもできますので、初心者の方でも「グリス」さえ買えば自分で行えるでしょう。

 

自転車ショップにお願いするのももちろんOK。

グリス代工賃込みで、100円-300円くらいが相場かなと思います。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【ローラーブレーキから音鳴りが発生した時は…】

  • 原因は「グリス切れ」であることがほとんど
  • グリスを注入すれば、直るでしょう。
  • 専用グリスがあるので、必ずそれを使うこと。適当なオイルではダメです。

 

少しでもお役に立てば幸いです。

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
ブレーキメンテナンス
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました