【免許不要に!】電動キックボード「LUUP(ループ)」の始め方
PR

【お尻痛い?雨大丈夫?】ブルックスの革サドル「B17」レビュー

革は痛い? 雨大丈夫? ブルックスのサドル「B17 」レビュー
悩んでいる人
革サドルに興味がある人

ブルックス(BROOKS)の革サドルに興味があるから、使った人のレビューが知りたいなあ。

 

なにせ“革”のサドルだから、耐久性とか、雨に濡れても大丈夫なのかとか、メッチャ気になる。

 

それと「馴染むまではお尻が痛い」ってよく聞くけど実際どうなの?

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 1万キロ以上使い込んだブルックス「B17」のレビュー

  • “革”の耐久性はどのくらいあるのか

  • 雨に濡れても大丈夫なのか?

  • 馴染むまでお尻が痛くて、馴染んだら痛く無くなるのは本当か

 

この記事を書いた人
かける

かけると申します。
.
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周
■年越し宗谷岬
■ブログ最高月間アクセス数35万PV

SNSフォローはコチラ!

 

かける
かける

革サドル(ブルックス B17)を1万キロ以上使ってきた私が解説します。

良ければ購入の参考にしてみて下さい。

【気になる】街で見かける電動キックボード「LUUP」とは?
【気になる】街で見かける電動キックボード「LUUP」とは?

ブルックスの革サドル「B17」のレビュー

革は痛い? 雨大丈夫? ブルックスのサドル「B17 」レビュー

結論から申し上げると、ネットでの評判の良さが納得できるほど、良いサドルでした。

先にどんな人にオススメできるサドルかを伝えておくと…

 

【オススメする方】

  • お尻が痛くて悩んでる方
  • ゆったりとしたサイクリングを楽しむ方
  • クラシックな雰囲気の自転車に合うサドルをお探しの方
  • 一生モノのサドルを使ってみたい方

こんな方にオススメのサドルだと思います。

 

それでは解説していきます。

製品スペック

まだ詳しくB17について知らない方のために、まずは製品スペックから簡単に紹介します。

created by Rinker
ブルックス(Brooks)
¥19,980 (2024/04/21 13:51:36時点 Amazon調べ-詳細)
175mm
全長 275mm
高さ 65mm
重量 520g
フレーム Black Enamelled Steel
BLACK / HONEY / BROWN / APPLE GREEN / BLUE / RED

 

B17は100年以上に渡って生産されるブルックスの定番のクラシックモデルですね。

「ザ・ブルックス!」って感じだと思います。

良かった点

【良かった点】

  1. 座り心地
  2. 耐久性
  3. 見た目

座り心地

かける
かける

後述する「慣らし期間」が終わったあとは、乗り心地がこの上なく良かったです。

逆に言えば、馴染むまでは痛かったですね…(笑)

 

 

 

「革サドルはお尻が痛くない」…他の人のレビューを見ている時は半信半疑でしたが、使ってみて実感しました。

私がこのサドルに乗っていた格好は普通のハーフパンツ。パッドが入っているサイクルジャージではありません。

それなのに、100km走ってもお尻がヒリヒリしなかったり、ジーンと痛んでくることがありませんでした。

 

かける
かける

サイクルジャージでならわかりますが、ハーフパンツでこれだけ走れたのは、お尻のデリケート(笑)な私にとって驚きでしたね。

 

ロードバイクなのでロングライドをすると、その日は走りきれたとしても、翌日再びサドルにまたがると、前日の痛みが残ってたりしますよね。

なので、連続して長距離を乗ろうすると辛いです。

 

 

しかし、ブルックスのB17はそうではありませんでした。

 

 

私が日本一周をしていた時は毎日テント泊で、体力回復には決していいとは言えない環境だったにもかかわらず、お尻の痛みが全く残らなかったんです。

 

かける
かける

最初は革サドルが高いから購入を躊躇していたのですが、本当に買ってよかった。

 

一万円ちょっとでお尻の痛みから解放されると考えたら、とても安い買い物です。

耐久性

“革サドル”を使う上で、とても気になっていたのが「耐久性」です。

結論、日本一周で使っても大丈夫なくらい全く問題ありませんでした。

 

日本一周では雨の中走ることもあるし、汗もかくし、何より毎日漕いで1万キロ以上の距離を酷使してきました。

 

革サドルは、

  • 濡らしてはいけない
  • 湿度の高い場所で保管してはいけない
  • なるべく汗が付かないようにした方がいい

とよく言われますが、その全て破ってきました。要するに傷みやすい環境で使っていたわけです。

 

 

それで実際どうだったのか?

 

 

日本一周を共に完走した、B17の状態がコチラです↓

雨に濡れたブルックスの革サドル 雨に濡れたブルックスの革サドル 雨に濡れたブルックスの革サドル 雨に濡れたブルックスの革サドル

・・・どうでしょうか?

手入れを欠かさず行っていたこともあり、比較的綺麗な状態を保っていると思います。

 

私のように酷使してもなおこの状態でいられたということは、「耐久性が高い」といってもいいでしょう。

 

かける
かける

使う前は、

  • 「ちょっと濡らしたら変形しちゃうのかな?」
  • 「日本一周で使ったら、最後まで持たないかな?」

なんて思っていましたが、杞憂に終わりました。

 

私の使い方でさえこれだけの耐久性があったので、普通にサイクリングで使う方なら、過度に丁寧な使い方をしなくても十分長く使い続けられると思いますよ。耐久性の高さに驚きました。

見た目

外せないのが「見た目の良さ」です。

 

高級感の漂うサドルは、クラシカルな自転車に似合います。

ランドナーやクロモリロードなど、クラシックな雰囲気の自転車に合わせると最高です。

 

乗り込んでいくと見た目も変化してくるので、愛着がわいて面白いですよ。

気になった点

かける
かける

一方で、気になった点が2つあります。

 

【革サドルの気になった点】

  1. 慣らし期間は確かにお尻が痛かった
  2. 手入れ後に乗るとズボンが汚れる

慣らし期間は確かにお尻が痛かった

かける
かける

革を慣らすまではお尻が痛い!」と聞いたことがあったのですが、私もそう感じました。

 

確かに痛いです…(笑)

 

 

 

私の場合、初期の革サドルは「カーボンサドルと乗り心地が似ている」と感じたほどです。

まるでクッションの薄いカチカチ系のサドルに乗っているかのようでした。

 

革の馴染みだし期間は約3000㎞と言われています。

500㎞おきにオイルの塗布⇒革の張り調整を繰り返しながらサドルを自分のお尻の形に育てていきます。

 

かける
かける

慣らし期間中・・・特に使い始めて間もない頃は少し我慢が必要ですが、慣らし終わった後のサドルは最高の乗り心地ですよ。

 

“自分だけのサドル”になってくれるので、全くお尻が痛くならないようになります。

手入れ後に乗るとズボンが汚れる

革サドルにオイルを塗布し、拭き取った後に自転車に乗ると、お尻が黒く汚れてしまいます。

これはちょっと気になりました。
(※具体的な手入れ方法については後述します)

 

 

まるで「う〇〇」を漏らしたかのような見た目になってしまうので、少し大変でした。(笑)

コンビニへ入るにも、施設へ入るにも、ズボンの汚れが気になってしまいましたね。

 

かける
かける

特に私が黄色いハーフパンツを履いていたせいもあったかもしれません。

 

オイル塗布後に乗る際は、黒に近い色のズボン・汚れてもいいズボンを履くことをオススメします。

使用上の注意点

革サドル使う上で大切なことが2つあります。

 

【大切なこと】

  1. 水濡れ厳禁
  2. 手入れ必須

水濡れ厳禁

かける
かける

“革”なので、水濡れは出来るだけ避けた方がいいです。

 

やむを得ず雨の中を走ることが予想されるのなら、純正のサドルカバーを一緒に持ち歩きましょう。

サドルのためのカッパです。直接水に濡れることを防ぎ、サドルの劣化を抑えます。

 

 

とはいえ先述した通り「耐久性」のある商品なので、「濡らしたらおしまいだ…」というわけではありません。

少し雨天走行が混じるような場合でも、過度に心配せず使えばいいと思います。

 

かける
かける

でも、「一日中雨の中を走り続ける」ようなシチュエーションが想定されるなら、革サドルはやめた方がいいかもです。

 

もし雨天でもガッツリ使うなら「カンビウム」という防水サドルの方が適切でしょう↓

 

手入れ必須

革サドルを使うなら、手入れは欠かせません。

 

【必要な手入れ】

  • オイル(プルーファイド)の塗布
  • 革の張り調整

 

誰でも簡単にできる作業なので欠かさず行いましょう。

手入れをしていかないと革サドルの良さを引き出せません。

 

かける
かける

…もし、革サドルを使おうと思っている方で、手入れを続けられる自信がないという方は、正直使うのをやめたほうがいいかもしません。

 

せっかくの革サドルが台無しになってしまうからです。

さいごに

ブルックスの革サドルは、評判通り非常にいいサドルでした。気に入りました。

手入れの面倒さはあるものの、それ以上に魅力のあるサドルです。

 

気になっている方は1度使ってみてください。

病みつきになって、他のサドルが使えなくなる…かもしれないですね(笑)

 

 

かける
かける

↓に関連商品を載せておきますね。

created by Rinker
ブルックス(Brooks)
¥25,850 (2024/04/21 13:51:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ブルックス(Brooks)
¥25,850 (2024/04/21 13:51:43時点 Amazon調べ-詳細)
商品紹介

__________________

【お願い】

※当ブログを参考にし、情報発信される場合は、必ず参照元リンクの紹介をお願い致します。
もし無断で内容を模倣するような行為を見つけた際は、確認の連絡をさせていただきます。

以前に警察&弁護士へ相談した件が発生したため、注意喚起をしております。

__________________