【パンクの原因8割が空気圧不足】ママチャリの空気の入れ方解説

【シマノ油圧ブレーキレバー】BL-MT200と201の違い

【シマノ油圧ブレーキレバー】 BL-MT200と201の違い
悩んでいる人
悩んでいる人

シマノのフラットバー用油圧ブレーキレバーを買いたくて調べていたら、

  • BL-MT200
  • BL-MT201

っていう2つのモデルを見つけた。

 

これらの違いって、具体的に何なのだろう?

どっちを買うのがイイかなあ…。

 

もし分かるなら、教えて欲しいな。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • シマノのフラットバー用ブレーキレバー「BL-MT200」と「BL-MT201」の違い
  • カタログ上で分かる違い
  • 実際にシマノに聞いてみた結果
  • どっちを買えばいいのか?

 

かける
かける

ふとシマノのカタログを見ていたら、「MT200」の他に「MT201」というモデルがあり、気になって調べてみました!

 

結果をまとめたので、良ければ購入の参考にしてみて下さい!

 

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数25万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

【シマノ油圧ブレーキレバー】BL-MT200と201の違い

【シマノ油圧ブレーキレバー】 BL-MT200と201の違い

 

 

 

かける
かける

結論からいうと、これらレバーの違いは「素材」ですね。

BL-MT200

  • BL-MT200が「スチール」
  • BL-MT201が「アルミ」

でできており、もちろんBL-MT201の方が高グレードに位置します。

 

 

シマノの公式サイトであらためて確認してみましょう。

BL-MT200

 

 

 

BL-MT201

 

 

「特徴」欄は一緒ですが上の方に“アロイレバー”、“スチールレバー”って書いてありますよね。

そう。違いは主にそれだけでして、あとほんの少しだけ形が違います。

 

他の用事でシマノに電話をすることがあったので、一緒に聞いてみたのですが、上記の違いで間違いないとのことでした。

どっちのレバーを買えばいいか?

より軽量なレバーが欲しい方は「MT201」を、特にこだわりが無いなら「MT200」を選べばいいと思います。

というか、完成車などに付いてくるレバーを見ても「MT201」は少数派でして、たいてい「MT200」ですね。

 

どちらにせよ高いパーツではないので、お好きな方をどうぞ!って感じです。

結局自己満足の世界ですからね。(笑)

 

推奨ブレーキキャリパー

ちなみにですが、BL-MT200/201に組み合わせるシマノ推奨ブレーキキャリパーは以下の2つ

 

 

2種類ありますが、選択肢として選べるのではなくて…

  • ポストマウントならBR-MT200
  • フラットマウントならBR-UR300

となりますね。

 

まずは3種類あるブレーキのマウント方式を知っておく必要があります。

自分の自転車が何かを把握しておかなければなりません。

 

もし分からなければ、こちらの記事からご確認ください。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【シマノ油圧ブレーキレバー BL-MT200と201の違い】

  • レバーの素材が違います。(形状も若干変わる)
  • MT200がスチール
  • MT201がアルミ
  • 推奨ブレーキキャリパーは「BR-MT200」か「BR-UR300」です。
  • ディスクブレーキのマウント方式には3種類あるので、まずはその確認からです

 

以上!

少しでも参考になればと思います。ご覧いただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました