【Amazonプライムデー開催中】気になる自転車グッズ11選をまとめてみた

【一体ナゼ】自転車の空気が“突然”抜けた時の原因と対処方法

タイヤチューブ
悩んでいる人
空気が抜けて困っている人

なんでかわからないけど、自転車の空気が急に抜けてしまったよ。

 

昨日(ついさっき)までは普通だったのに…

どうしてだろう。

 

もしかしてパンクしてるのかな?

もし原因が分かるなら、教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 自転車の空気が“突然”抜けた時のよくある原因
  • 虫ゴムとは何か
  • リム打ちとは何か
  • スローパンクについて
  • パンクしているのかセルフチェック

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

 

【一体ナゼ】自転車の空気が“突然”抜けた時の原因とは?

「自転車の空気が突然抜けた!」という方によくあるのが、以下の3つの原因です。

 

  • 虫ゴムの劣化
  • リム打ちパンクを起こした
  • 寝ている間にスローパンクしていた

 

…と、これだけでは理解できないと思いますので、詳しく解説しますね。

 

虫ゴムの劣化

「虫ゴム」とは、バルブ(空気を入れるところ)の中にあるパーツの1つです。

ゴムが、空気の出し入れをする穴を塞いで“弁”の役割を担っています。

 

空気を漏らさないために、大事なパーツ。

 

自転車の虫ゴムを交換 自転車の虫ゴムを交換 自転車の虫ゴムを交換

この黒いゴムが「虫ゴム」です。

 

虫ゴムは消耗品であり、使用時間とともに劣化していきます。

ゴムが劣化しひび割れたり取れていたりすると、空気が抜けてしまう。

 

なぜなら、空気の穴を塞ぐ“弁”の役割を果たせなくなるからです。

 

「バルブ付近から空気が抜ける」という典型的な症状から、「虫ゴムが原因である可能性が非常に高い」と申し上げたのはそのためです。

お店で働いていると、毎日1件以上はあるくらい頻出するトラブル。

 

 

まずは虫ゴムの劣化をチェックしましょう。

虫ゴムの取り外し方、交換の仕方はこちらの記事で解説しています。

 

 

虫ゴムは、自転車屋さんのみならず、100円均一やホームセンターでも売っています。

大体100円で買えますね。

 

もし、虫ゴムの交換だけで、今起きているパンクのような症状が直ればラッキー。

重い自転車をショップに持って行く手間も省けますし、何より費用も掛かりません。

 

リム打ちパンクを起こした

「走ってるときに、突然空気が抜けた!」

というのなら、リム打ちパンクである可能性が高いです。

 

 

一つ質問をさせてください。

 

かける
かける

最近空気を入れたのはいつですか?

タイヤがプニプニの状態で走ってはいませんでしたか?

もし「1-2カ月以上前」だとしたら、「リム打ちパンク」をした可能性が高いです。

以下の説明を、注意して聞いてください。

 

リム打ちのイメージ写真

「リム打ちパンク」とは、空気の少ないタイヤが押しつぶされることによって、中のチューブに穴が開くパンクのことです。

主に、段差などを乗り越えたときに起こります。

 

上の写真を見てください。

空気圧が低い状態だと、タイヤが深くへこみます。

 

段差への衝撃が強いと、もっと深くへこむことになり、「段差と車輪」に挟まれたチューブに穴が開きます。

 

 

リム打ちパンクは、典型的な症状が現れます。

チューブに2つ大きな穴が開くのです。

 

その結果、空気が突然抜ける。一瞬で抜ける。

 

だから、「走っているときに突然空気が抜けた!」と言うのなら、リム打ちパンクを疑いましょう。空気を入れていなかった方はなおさらです。

 

対策は、空気を入れるだけ。

空気を入れていれば、リム打ちパンクはほとんど無くなります。

 

修理方法は、基本的に「チューブ交換」ですかね。

ママチャリなら、工賃+チューブ代含めて2500円~3000円くらいです。

 

もしタイヤも変えるなら、別途タイヤ代が掛かってきます。+2000円ほど。

寝ている間にスローパンクしていた

「朝起きたら、突然空気が抜けていた!昨日までは何ともなかったのに、、、」

これもよく聞く言葉です。

 

おそらくですが、原因は「スローパンク」かなと思います。

寝ていたあなたにとって“突然空気が抜けた”ように感じたかもしれませんが、本当は就寝中にゆっくりと抜けていたのです。

 

スローパンクとは、チューブに小さな穴が開いていることを指します。

 

大きな穴が開いているときは、すぐに空気が抜けるでしょう。

でもスローパンクは違い、穴が小さいので時間をかけてゆっくりと抜けます。

 

だから、「帰宅時はパンクしていなくても、朝起きたら空気が抜けた!」なんてことが起こる。

 

対処方法としては、パンク修理になります。

 

可能であればパッチ修理(一般的なパンク修理)。

それが難しいようであればチューブ交換で対応します。

 

修理費用の目安は、1000円から3500円ほど。

タイヤ交換が必要なら、別途掛かります。

パンクのセルフチェック

自転車のタイヤがパンク

時間があるなら、「本当にパンクしているのか」を自分でチェックしてみましょう。

特別な知識は必要ありません。

 

手順は以下の通り。

  1. 虫ゴムを外し、状態を確認する。(傷んでいたら交換)
  2. 空気を入れて一日待つ
  3. 空気が抜けたら→パンク
  4. 抜けなかったら→虫ゴムの劣化が原因

 

パンクしていたら、自転車屋にお持ち込みです。

 

虫ゴムの確認&交換方法は、こちらの記事で解説しています。

 

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車の空気が“突然”抜けた時の原因と対処方法】

  • 虫ゴムの劣化→虫ゴムを交換
  • リム打ちパンクを起こした→チューブ交換
  • 寝ている間にスローパンクしていた→パンク修理

 

とりあえずセルフチェックを行って、様子を見ましょう。

タイトルとURLをコピーしました