【必読】知って得する!通学自転車の寿命って?【長く乗る秘訣とは】

自転車のスペアキーを作る(注文する)方法【結論:お店でOK】

自転車のスペアキー どうやって作る?値段は?
悩んでいる人
悩んでいる人

自転車のカギを失くしてしまって、もうスペアキーの残りが無い…。

 

今後失くしたら大変だから、先に新しいスペアキーを作っておこうと思うのだけど、どうしたら作れるのだろう?

自転車屋さんに行って注文すればいいのかな?

 

よく分からないから、教えて貰えると助かるなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 自転車のスペアキーを作る(注文する)方法
  • スペアキーを注文する時に必要なモノ
  • スペアキーの相場価格
  • 安価な自転車なら「カギ本体の交換」の方が安くて早い場合もある

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

 

「スペアキーを作りたい」と悩んでいる方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

自転車のスペアキーを作る(注文する)方法【結論:お店でOK】

自転車のスペアキー どうやって作る?値段は?

結論からいいますと、自転車のスペアキーを作るなら「自転車屋さん」に行けばOKです。

取引先との兼ね合いもあるので、なるべく“購入店舗”へ行くと間違いありません。

必要なもの

必要なものは一つだけ。

  1. 自転車本体

 

自転車によって付いている鍵のメーカーが違います。カギのナンバー(カギに刻印がしてある)が変わります。

車体本体がなくてもスペアキーの注文ができることもありますが、あった方が絶対によりスムーズに手続きが進むでしょう。

 

自転車ショップの店員がカギを特定し、該当メーカーへ注文を入れるので、それで終了です。

スペアキーの相場価格

スペアキーの相場は、一本900円程度。

最低単位を“2本”にしているところが多いので、実際は900円×2=1800円ほどかかります。

 

注文してからの納期は?

メーカーによってまちまちです。

たいてい1-2週間といった感じですが、受注生産の場合は~1カ月くらい掛かることもあります。

 

注文する段階で店員に「納期ってどれくらいになりますか?」と聞いておけば、ザックリとした予定を教えてくれるでしょう。

 

いずれにせよ、スペアキーの“在庫”を店で持っているわけではないので、必ず注文が必要です。少なからず時間が掛かりますので、ご注意ください。

カギ本体を変えた方が早くて安い場合もある

あなたの乗っている自転車が比較的安価なものなら、「カギ本体の交換」の方が都合がいいかもです。

具体的には1万円~3万円くらいの廉価車ですね。ブリヂストンとか、通学車のカギは別です。

 

このあたりの価格帯の自転車に付いてくるカギは、汎用性のあるものです。

一言でいえば「安く買える」ということ。

 

例えば、自転車のリング錠ならこのぐらいの価格からあります。

定価でいっても1000円から2000円といったところ。

 

 

ここでスペアキーの話を思い出してみて下さい。

最低注文数の2つを買ったとして、約1800円です。納期も掛かります。

 

でも、例えば1500円のカギ本体を買い、300円ほどの工賃を払えば、同じ価格で「新しい鍵」に交換できますし、「スペアキー」も手に入ります。

 

ですので、比較的手頃な自転車に乗っているなら、スペアキーを買うのではなくカギ本体を買うという手もあります。

このあたりは最適な方をショップ店員が勧めてくれると思うので、話を聞くと良いでしょう。

 

※車体によっては専用のカギが必要になるので、そういう場合はスペアキーの注文になります。カギ本体の交換は結構高め。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車のスペアキーを作る(注文する)方法|結論:お店でOK】

  • 自転車屋さんに自転車本体を持って行き、注文できる
  • スペアキーの相場価格は1本900円程度。
  • 最低注文個数が「2本から」の場合が多いので、およそ1800円~必要ということ。
  • 通学車やメーカー車であれば、スペアキーの作り直しでOK
  • しかし、比較的安価(1-3万くらい)な自転車なら、「カギ本体の交換」をした方が早く、安くできることもある
  • ひとまず、自転車ショップに相談を。

 

というわけで、以上です。困っている方の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました