「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

【ロードバイク】チューブレス/レディに「シーラント」は必要?

チューブレスタイヤにシーラントを入れる
悩んでいる人
チューブレスタイヤを勉強中の人

自転車のチューブレスタイヤに、「シーラント」って必須なの?

絶対入れなきゃダメなのかなあ?

場合によっては「入れなくていい」とか聞いたことがあるけれど、あれは何だろう。

 

よく分かってない部分も多いから、詳しく教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • チューブレスタイヤに「シーラント」は必須なのか
  • 「チューブレス」「チューブレスレディ」の違い
  • シーラントの役割

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します。

 

【ロードバイク】チューブレス/レディに「シーラント」は必要?

チューブレスタイヤにシーラントを入れる

結論からいうと、「チューブレスレディ(TLR)」のタイヤを使っている場合は、シーラントが必須。

でも、「チューブレス(TL)」のタイヤを使っている場合は、必ずしも入れなくてOK。

 

ギモンの声
ギモンの声

そもそも、「チューブレス」と「チューブレスレディ」って何よ?

そこから教えて欲しいんだけど…

という方がほとんどでしょう。

 

 

前提知識から、説明していきます。

「チューブレス」と「チューブレスレディ」タイヤの違い

フカヤのHPにある説明が非常に分かりやすく、参考になりますよ。

 

上記サイトから画像をお借りします。

 

【チューブレス(TL)タイヤの特徴】

  • タイヤ内側にエアシール層(空気保持層)がある
    →空気が漏れない
  • エアをシールするビード形状
    →空気が漏れない

→「真のチューブレス(TL)タイヤは、空気漏れしない!」と覚えよう。

 

 

【チューブレスレディ(TLR)タイヤの特徴】

  • タイヤ内面にエアシール層(空気保持層)がない
    →自然と空気が漏れる
  • ホイールにガッチリはまり込むビード形状
    →比較的空気が漏れやすい

チューブレスレディだと、空気漏れを起こします。そういうものなのです。

 

シーラントが必須なのは「チューブレスレディ」

 

横軸が上から順にチューブレスホイール、チューブレスレディホイール。

縦軸が左から順にチューブレスタイヤ、チューブレスレディタイヤ。

 

それぞれを組み合わせて使う際の、比較表です。

本記事では「シーラントは何に必要か?」というテーマ。

 

表を見れば分かりますが、あらためて、

  • チューブレス(TL)タイヤを使用
    →シーラント不必要
  • チューブレスレディ(TLR)タイヤを使用
    シーラント必要

となります。

 

自分がどちらのタイヤを使っているかは、タイヤ側面を見れば分かります。

どこかに書いてあるはず。

「チューブレス」タイヤにもシーラントは入れてOK

説明した通り、原則「チューブレス」タイヤにはシーラントは必要ありません。

しかし、シーラントを入れることもあります。入れなければどうしようもないこともあります。

 

“チューブレス(TL)”タイヤなのに、どうしてシーラントを入れるのか?

 

  1. パンク予防として
  2. エア漏れ防止として

 

パンク予防として

シーラントを入れておくと、パンクしにくくなります。

タイヤに穴が開いても、シーラントが入り込み、固まり、エア漏れを防ぐからですね。

 

小さな穴であれば、たいてい塞いでくれます。

だから、本来シーラントの必要ないチューブレスタイヤでも、シーラントを入れている方は多いです。

 

特に、ロングライドするような方は入れた方がいいですね。

 

エア漏れ防止として

チューブレスタイヤでも、エア漏れするタイヤもあります。

日にちが経つとすぐに抜けてしまったり、あるいは、そもそも漏れてビードが上がらなかったり。

 

そんな時は、「エア漏れ防止」にシーラントを入れておきます。

 

そんなわけで、TLでもシーラントが必要になることは多いです。

タイヤの特性を知った上で、要・不要を判断するといいかなと思います。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【チューブレス/レディに「シーラント」は必須?】

  • チューブレス(TL)タイヤは入れなくてもいい
  • チューブレスレディ(TLR)タイヤは必要不可欠
  • TLでも、パンク防止やエア漏れ防止のために入れることが多い

 

あ、ちなみにですが、ロードバイクタイヤのシーラント目安量は“30ml”です。

タイトルとURLをコピーしました