【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

フロントディレイラーのスキッドプレート【役割/互換性/交換方法】

FDのスキッドプレート 役割とは 互換性の確認方法 交換手順
悩んでいる人
悩んでいる人

フロントディレイラーの黒い板「スキッドプレート」を交換したいのだけど、どうやって選べばいいのかなあ?

 

FDの型式に応じて、使うスキッドプレートも違うよね?

確認はどうしたらよいのだろう。

 

選び方や互換性、交換方法について教えて貰えたら助かるなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • フロントディレイラーのスキッドプレートの役割
  • スキッドプレートの選び方、互換性
  • 交換方法について

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

スキッドプレートは小さな部品ですが、実が大きな役割を担っています。

 

値段も安いので、ある程度消耗したら交換しちゃいましょ!

 

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

フロントディレイラーのスキッドプレート 役割は?

FDのスキッドプレート 役割とは 互換性の確認方法 交換手順

フロントディレイラーの内側には、スキッドプレートというパーツが付いています。(一部モデル除く)

樹脂製の黒い板みたいなもの」です。

 

こんなやつ↓

シマノ フロントディレイラー スキッドプレート

 

なぜスキッドプレートが付いているか?役割はというと…

  1. FDとチェーンが擦れて“カラカラ”音鳴りしにくくするため
  2. FD本体(金属部分)の削れ/摩耗を防止するため

 

かける
かける

特に「2」の役割は大きいですね。

フロントディレイラーの寿命を延ばします。

 

「スキッドプレートが無いとこうなるんだ…」と思った、私が経験した事例として…

スキッドプレートが摩耗して無くなっている
→FD本体(金属部分)が直接チェーンに触れる
→そのままずーーーっと乗り続ける
FDが削れて穴が開いている
→本体交換しか修理手段がない

というのを見たことがあります。

 

そう。スキッドプレートは小さなパーツで軽視されがちですが、実は超重要。

最終的にフロントディレイラーに穴が開くからです。

 

 

もちろん、それ以前の悪影響として、「フロント変速が決まりにくくなる」という症状も出ます。

 

 

樹脂製パーツで削れていく運命。

消耗品ですから、適宜交換が必要です。

 

 

“寿命”は何とも申し上げにくいのですが、「~1万キロに1回」くらいは変えておくと安心なのではと思います。そうすぐに削れて無くなるものではないですね。

スキッドプレートの選び方、互換性

スキッドプレート一覧

フロントディレイラーの型式に応じて、選ぶべきスキッドプレートが変わってきます。

どうやって選んだらよいのか?互換性を確認する方法はどうか?

 

 

一番確実な方法は、「FDの型式を、シマノディーラー向けサイトで検索」ですね。

手順を解説しましょう。

 

 

まずはFDの型番を確認です。

フロントディレイラーの型番は、↓のあたりに刻印があります。

>>>モデルナンバー記載場所

 

 

例えばR7000系の105だとしたら「FD-R7000」と刻印があるでしょう。

この刻印を覚えた上で、シマノのディーラー向けサイトへアクセス。

 

https://si.shimano.com/ja/#/

 

 

>>トップページで「型式(例:FD-R7000)」を検索」

 

 

>>>検索結果から黄色の「EV(分解図)」を開く

 

 

 

>>>図から欲しいパーツの“番号”を確認(例:④のスキッドプレート)

 

 

 

>>>ページを下へスクロールし、該当パーツの“シマノコード”をコピー

 

あとはパーツコードをGoogleなり、Amazonなりで検索。

お持ちのFDに互換性のあるスキッドプレートが手に入ります。

 

 

よくご自身で自転車イジりをされる方なら、この「ディーラー向けサイトでの分解図の見方」を覚えておくと便利です。

フロントディレイラー「スキッドプレート」の交換方法

スキッドプレートの交換方法は以下の通り。

https://si.shimano.com/ja/pdfs/dm/RAFD001/DM-RAFD001-05-JPN.pdf

 

  1. ニッパーで切込みを入れて、取り外す
  2. スキッドプレートを取付穴に差し込む
  3. 爪がしっかり入っているか確認

たったこれだけ。

 

自転車知識も技術も特に求められませんから、誰でも出来る内容です。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【フロントディレイラーのスキッドプレート】

<役割>

  • FDとチェーンが擦れて“カラカラ”音鳴りしにくくするため
  • FD本体(金属部分)の削れ/摩耗を防止するため

<互換性の確認>

  • シマノディーラー向けサイトから「EV(分解図)」でパーツコードをチェック

<交換方法>

  • ニッパーで切って取り外し、付け替えるだけ

 

以上です。

スキッドプレートの状態を確認し、削れがあったら変えましょう。

デュラエースのでさえ約250円で買えてしまうほど安いパーツですから(笑)

タイトルとURLをコピーしました