【パンクの原因8割が空気圧不足】ママチャリの空気の入れ方解説

【通学自転車アルベルト】ノーマルとロイヤル、6つの違いとは?

アルベルトとロイヤルの違い
悩んでいる人
違いが知りたい人

ブリヂストンのアルベルトが気になっているのだけど、「ノーマル」と「ロイヤル」では具体的に何が違うのだろう?どう違うのだろう?

 

カタログやHPを見ただけだと、よく理解できなくって…。

 

詳しい人からすると、どっちがオススメなのかな?

まとめて教えて貰えると助かるなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • アルベルトのノーマルとロイヤルの具体的な違い
  • どちらがオススメか?
  • 個人的に選ぶとしたら…

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

 

アルベルトには「ノーマル」と「ロイヤル」の2種類が存在します。

名前の通りロイヤルの方が高級なわけですが、具体的に何がどう違うのか分からない方も多いでしょう。

 

そんな方のために、違いを説明していきますね。

少しでも参考になれば幸いです。

【通学自転車アルベルト】ノーマルとロイヤル、6つの違いとは?

結論からいうと、6つの違いがあります。

 

ロイヤルだけに付いている(アップグレードしている)箇所がこちら。

  1. ニューワイドパワー点灯虫
  2. 空気ミハル君搭載
  3. ノンスリップペダル
  4. スーパーコンフォートサドルⅣ
  5. スマートコントロールブレーキ
  6. グリップベル

 

※パーツが変わるので、重量も変わります。ロイヤルの方が、ノーマルより約700g重いです。

 

 

反対に、ザックリ共通する部分は以下です。

  • アルミタフフレーム
  • フローティングベルトドライブ
  • ホイール(空気ミハル君以外)
  • タイヤ
  • ソーラーテール
  • カゴ
  • 泥除けなど…

これらに関して詳しく知りたい方は、カタログやHPを見ていただくといいでしょう。

 

本記事では「違い」のみにフィーチャーして、説明していきます。

ニューワイドパワー点灯虫

ニューワイドパワー点灯虫

前方を照らすライトがノーマルモデルとは異なります。

ロイヤルの方が足元まで広く明るく照らしてくれるのです。だから、夜道もより安心して走れます。

 

前方への照度で言えば、大きく変わらない印象ですね。ノーマルも十分すぎるほど明るいです。不満ナシ。

 

「残光機能」が付いているのはどちらも共通です。

走っている時に光るのはもちろんですが、信号待ちなどでストップしている時も、ピカピカ点滅します。

存在感をアピールできるので、相手から気づいてもらいやすくなります。

空気ミハル君搭載

空気ミハル君

ロイヤルのホイール(車輪)にだけ、「空気ミハル君」が付いています。

 

空気ミハル君とは何かというと、空気を入れるタイミングを知らせてくれる便利な機能です。

空気が抜けてくると赤い線が見えてくるので、そうしたら空気を入れればOK。

 

これは一般人にとってすごく便利な機能かなと思います。

なぜなら、「適正空気圧」を保てている人って、すごく少ないからですね。

 

たいてい空気が少ないです。そして空気が少ないがゆえに、運ではなくて“必然的”にパンクを起こす。

 

でも、「どこまで空気を入れたらいいか」って、よく分からない方が多いと思います。

入れすぎて破裂したら怖いし…と。

 

そんな時に空気ミハル君が役に立ちます。

感覚ではなく、客観的に「空気が減っている状態」「どこまで空気を入れたらいいか」が分かるからです。

 

あくまでもサブ機能になりますが、自転車に詳しくない人ほど付いていて嬉しいツールだと思います。

ノンスリップペダル

(画像が無くて申し訳ないのですが…)

ロイヤルには「ノンスリップペダル」が採用されています。

表面にすべりにくい素材を使用しており、踏み込みしやすいペダルですね。

 

通学で自転車を使うなら、雨の日に乗ることもあるでしょう。

そんな時、ノンスリップペダルが効果を発揮します。

 

ツルっと滑りにくくなっているので、安心してペダルを漕げるからです。

スーパーコンフォートサドルⅣ

スーパーコンフォートサドル

ロイヤルには「スーパーコンフォートサドルⅣ」というサドルが付いています。

ブリヂストンいわく、「疲れにくく柔らかいサドル。長距離でも快適な座り心地」とのこと。

 

 

…とまあ個人的には、驚くほどの違いは無いように感じました(笑)

ノーマルアルベルトのサドルも十分柔らかいですし、耐久性もありますから。

スマートコントロールブレーキ

スマートコントロールブレーキ

ロイヤルにだけ、ちょっといいブリヂストン独自のブレーキが付いています。

制動力がアップし、より軽い力でよく効く。

 

ノーマルアルベルトも不満なく効きますが、安全面を重視する方であれば、こちらのブレーキは魅力的かなと思います。

グリップベル

ロイヤルには「ブリップベル」が付いています。

ノーマルアルベルトは、普通のベルです。

 

グリップベルがどういうものかというと、手をひねると音が鳴る仕組みのベルです。

 

自転車って、右手をグルッとひねると変速しますよね。(グリップシフト)

それと同じように、左手をグルッと回すと“チリン”と音が鳴ります。

 

グリップと一体型ですから、見た目がよりスマートというメリットがありますかね。

【アルベルト】ノーマルとロイヤルの価格差は?

色々と違うノーマルとロイヤルですが、価格差はいくらでしょう?

「27インチ、L型、5段シフト」と条件を揃えて比較してみると…

 

  • ノーマルアルベルト:税込み79,000円
  • アルベルトロイヤル:税込み90,000円

価格差は11,000円となります。

ノーマルかロイヤルか、どっちがオススメ?

「どちらがオススメか?」は、一概には言えません。

求めるポイントによって変わってくるからです。

 

イメージをまとめてみました。

 

【ノーマルアルベルトがオススメな人】

  • 通学で酷使するから、良い自転車が欲しい人
  • 「これさえ買っておけば大丈夫」という後悔しない一台が欲しい人
  • 長持ちする自転車が欲しい人
  • アルミフレームの自転車が欲しい人
  • 錆びにくい自転車が欲しい人
  • 必要十分な機能があれば大丈夫という人

基本的に「ノーマル」がオススメです。十分すぎるほどの完成度、質の良い自転車ですから。

実際にお店で売れるのも、ノーマルの方が圧倒的に多いです。

 

 

 

【アルベルトロイヤルがオススメな人】

  • これ以上ない最高峰の通学自転車が欲しい人
  • より安全安心な自転車が欲しい人
  • “違いのあるパーツ”に魅力を感じた人

ノーマルでは少し物足りないと感じる人にオススメです。

 

  • 「どうせ買うなら最高級な自転車がいい!」
  • 「長い期間通学で使うから、妥協したくない!」
  • 「より安全安心な自転車が欲しい!」

といった具合ですかね。

 

 

 

もし自分が買うとしたら…「ノーマル」を選びます。それで十分だからです。

アルベルトを買おうとしている方の中には、こう悩んでいる方もいるでしょう。

ギモンの声
ギモンの声

校則で「両立スタンド」と「リアキャリア」が必要なんだよね。

アルベルトはどっちもないけど、付けれないのかな~?

結論、付けられます。

オプションパーツでブリヂストンの純正品がありますので、それを使うのがいいでしょう。

 

詳しくはこちらの記事でまとめています。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【<通学自転車アルベルト>ノーマルとロイヤル、6つの違いとは?】

  1. ニューワイドパワー点灯虫
  2. 空気ミハル君搭載
  3. ノンスリップペダル
  4. スーパーコンフォートサドルⅣ
  5. スマートコントロールブレーキ
  6. グリップベル

※車重も変わり、ロイヤルの方が約700g重いです。

 

「どんな人にオススメか?」は上記の通り。また、参考にしてみてください。

アルベルトは本当にいい自転車なので、通学という“酷使”が強いられる状況において、非常にオススメです。

メンテナンスもほぼしなくていいで、ラクチン。

 

空気入れくらいですかね。空気を入れていないと必ずパンクするので、ポンプだけは合わせて購入することをオススメします。

自転車(ママチャリ)の空気圧ってどのくらい?【目安と確認方法】

 

タイトルとURLをコピーしました