「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

自転車の空気は何ヶ月に一回入れるべき?【最適な頻度は…】

ママチャリのタイヤ
悩んでいる人
悩んでいる人

自転車の空気って、どのくらいの頻度で入れたらいいんだろう?

何ヶ月に1回?何週間に1回?

 

目安として覚えておきたいから、教えて欲しいなぁ。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 自転車の空気を入れる最低頻度
  • 何カ月に一回か、何週間に一回か
  • 空気が減りすぎるとどうなるのか
  • 自転車に乗らなくても空気を入れる必要はあるのか

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

自転車の空気は何ヶ月に一回入れるべき?【最適な頻度は…】

ママチャリのタイヤ

空気を入れる頻度は、自転車の種類によって異なります。

 

  • 一般的な自転車(ママチャリ)
    1ヵ月に一回
  • スポーツバイク
    2-3週間に一回

 

およその目安はこんな感じ。

最低これぐらいの頻度で入れておけば、「空気が減りすぎている状態」は避けられるでしょう。

 

 

もちろん、もっと細かくメンテナンスをしたい方は、頻度を上げてOK。

  • ママチャリなら2週間に一回
  • スポーツバイクなら1週間に一回(サイクリングで使うときは、そのたびに入れる)

 

これくらいが理想です。

でも、「この頻度で空気を入れるのは大変…」という方がほとんどでしょうから、先に紹介した“最低限の頻度”さえ守ってもらえたらなと思います。

 

 

乗っていなくても、空気は減るの?

よく、こんな質問をされます。

ギモンの声
ギモンの声

自転車にあまり乗らなくても、空気を入れる必要ってあるの?

空気って勝手に減っていくの?

 

はい、空気を入れる必要はあります。

おっしゃるとおりで、空気は徐々に自然と抜けていくものだからです。

 

 

これは、決してパンクしているのではなく、当たり前の現象。

だから、「自転車に乗った・乗らなかった」にかかわらず、最低限の頻度以上は空気を入れましょう。

 

 

なお、自転車を長期間放置する時も、定期的に空気を入れるほうがいいですよ。

 

空気がないまま放置していると、タイヤが悪くなりますから。

ゴムが変形したり割れたりして、交換が必要になってしまう。

乗ってないのに、です。もったいないですよね。

 

改めて、どんな時も空気は入れておきましょう。

 

 

空気を入れないと、絶対にパンクする

チューブの摩耗パンク

タイヤの中で擦れて、ボロボロに

空気がない状態で走ってしまうと、必ずいつかパンクします。

運ではなく、必然的に。

 

空気が少ないことで起こるパンクは主に3種類あります。

 

  1. リム打ちパンク
  2. 摩耗パンク
  3. バルブの根元折れパンク

 

 

これらの詳しい説明は省きますが、とにかく「空気さえ入れていれば、ほとんど防げるパンク」です。

逆に空気を入れていないだけで、時限爆弾のようにいつかパンクするのです。

 

月に一回、5分もかからない「空気を入れ」をするだけでパンクを防げるのに、もったいない。

 

この記事を見た方は、これから定期的に空気を入れる癖をつけましょう。

 

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車の空気を入れる頻度は?】

  • 一般的な自転車(ママチャリ)
    1ヵ月に一回
  • スポーツバイク
    2-3週間に一回

 

最低限、この基準は守りましょう。

空気を入れなかったことでパンクしても、完全に自己責任です。

 

タイトルとURLをコピーしました