【免許不要に!】電動キックボード「LUUP(ループ)」の始め方
PR

ロングアーチキャリパーブレーキの4モデル紹介【シマノ/テクトロ】

ロングアーチを お探しですか?
悩んでいる人
悩んでいる人

ロングアーチのキャリパーブレーキを探してる。

 

自分の乗っているロードバイクは「ロングアーチ」のブレーキキャリパーしか付かないみたいなんだけど、現行モデルではどんな種類があるのかな?

 

シマノのブレーキのほとんどは、ショートアーチで使えないんだよね…。

 

とりあえず一覧みたいな形で教えて貰えると嬉しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • ロードバイクに使えるロングアーチブレーキキャリパー紹介
  • シマノ、テクトロから出ているブレーキの種類
  • ショートアーチのキャリパーをロングアーチ化できるブレーキシューもある
  • ロングが必要な自転車で、ショートアーチを付けるとどうなるのか?

 

かける
かける

自転車安全整備士、技士資格を持つ私が解説します!

 

 

この記事を書いた人
かける

かけると申します。
.
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周
■年越し宗谷岬
■ブログ最高月間アクセス数35万PV

SNSフォローはコチラ!

 

【気になる】街で見かける電動キックボード「LUUP」とは?
【気になる】街で見かける電動キックボード「LUUP」とは?

ロングアーチブレーキキャリパーのモデル紹介【シマノ/テクトロ】

ロングアーチを お探しですか?

ロングアーチのキャリパーブレーキをとりあえず4種類見つけてきました。

紹介します。(※クリックで商品ページへ移動)

 

  1. シマノ:BR-R451
  2. テクトロ:R539
  3. テクトロ:R559
  4. テクトロ:R737

 

かける
かける

中でも最もポピュラーなのが、やはりシマノの「BR-451」だと思います。

 

実際私も「ロングアーチ」と聞くと、真っ先にBR-R451が頭に浮かびますからね(笑)

自分が使っているブレーキっていうのもあるかもしれませんが。

 

 

現行でシマノが出しているロングアーチキャリパーは「BR-R451」のみですし、特にこだわりがないのであれば、無難にR451を買っておけば間違いないです。

ショートアーチを付けるとどうなる?

ジャイアントのロードバイクに乗る人

ロングアーチのキャリパーが必要な車体は、比較的太いタイヤを履かせることができるロードバイクです。

完成車状態で28C以上が標準で装備されているような車体ですね。

 

最近はディスクブレーキがほとんどになってきたので、中々ロングアーチ×太いタイヤっていうのは見かけなくなってきましたけれども。

 

そんな「ロングアーチ」が必要な車体に、通常のショートアーチを入れるとどうなるか。

 

ブレーキシューがリム面まで届かず、タイヤに擦れるようになります。

要するに全く使い物にならないってことです。

 

ショートアーチを付けてみて「あれ、なんか変だぞ?届かないぞ?」と思ったら、ロングアーチを買いましょう。

とりあえず、シマノ「BR-R451」を買えばOK

BR-R451

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/shimano/BR-R451.html

 

ロングアーチキャリパーが必要なら、あれこれ考えず「BR-R451」を買えばオッケーです。(笑)

アーチ長57mm。シマノの場合通常51mmです。

 

前後セットでこの価格↓ 色は二色あります。

 

性能面が気になるかもですが、実際に使ってますけど全然不足ないですね。

「太いタイヤが付いているロード」という時点でスピードを求めた使い方ではないでしょうから、これで十分です。

 

ちなみにグレード的にはTiagra相当です。確かに効き心地が似ています。

 

Tiagra相当…というのは、BR-R451は“シリーズ外コンポーネント”でして、グレード名がないのです。

クラリス、ソラ、ティアグラ…というグレードには属しておらず、ボッチで存在するというわけです。

「なんちゃってロングアーチ化」できるオフセットブレーキシューの存在

かける
かける
  • 「既にブレーキキャリパーを買ってしまった…」
  • 「今持ってるキャリパーを使いたいんだけどなあ…」

という方には、オフセットブレーキシューを使うという手もあります。

ニッチな商品なので、ご存じない方も多いでしょう。

 

 

「オフセットブレーキシュー」とは、ブレーキシューの取り付けボルトの位置から、実際シューの来る位置が下がったものですね。

 

例えばコレ↓ 10mmオフセットできる商品です。

created by Rinker
ギザプロダクツ(GIZA PRODUCTS)
¥3,168 (2024/05/25 17:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

このオフセットシューを使えば、通常のキャリパーブレーキを“なんちゃってロングアーチ化”できるわけです。

 

もちろん制動力は落ちるのでロングアーチを買うのが一番ですが、事情によって難しい場合はこんな手段もあるので試してみて下さい。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【ロングアーチキャリパーブレーキの4モデル紹介】

  1. シマノ:BR-R451
  2. テクトロ:R539
  3. テクトロ:R559
  4. テクトロ:R737

とりあえず、BR-R451を買っておけば間違いなしです。

本体を買うのが難しい場合は、オフセットブレーキシューという手もあります。

 

というわけで以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

ブレーキメンテナンス

__________________

【お願い】

※当ブログを参考にし、情報発信される場合は、必ず参照元リンクの紹介をお願い致します。
もし無断で内容を模倣するような行為を見つけた際は、確認の連絡をさせていただきます。

以前に警察&弁護士へ相談した件が発生したため、注意喚起をしております。

__________________