「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

【報告】自転車安全整備士、技士試験に合格しました!

自転車安全整備士、技士合格
かける
かける

こんにちは、かけるです!

 

タイトルにもある通り、この度、受験した「自転車安全整備士」「自転車技士」の試験に合格いたしました。

せっかくブログをやっているので、この場で報告させて頂こうと思います。

 

【報告】自転車安全整備士、技士試験に合格しました!

自転車安全整備士、技士合格

 

こちらが交付された免許証。

合格したのはめちゃめちゃ嬉しいですが、業界人として、取得するのは当たり前といえばそうです(笑)

そもそもこれらの試験を受けるには、「実務経験が2年以上」必要になります。いくら自転車に詳しくても、非業界人だと受けることができません。

 

 

ザックリ試験内容を紹介すると…

  • 筆記試験
  • 実技試験

この二つに分かれています。

筆記試験

筆記試験は、自転車の技術や一般知識、工具の使い方、道路交通法関係、JIS規定…などなど、幅広い問が用意されています。

「自転車屋で働いていれば、余裕なのか?」というと、個人的にはそうではないと思いました。

 

問題に癖があるからです。

自動車免許の筆記試験に近いですね。

 

自分が知っている内容でも、堅苦しい表現で分かりにくかったり、ひっかけ問題みたいなのがあったりして、割とミスります。

私は業界歴5年目(バイト+社員)ですが、初めて筆記試験の過去問を解いた時は、合格点に届きませんでした(笑)

 

 

毎年出題される問題には傾向があるので、過去問を何度も解けば大丈夫です。

実技試験

実技試験は、指定の規格である自転車を使って行います。

全バラ全組…まではいきません。主要な部分の着脱です。

 

気になる方は、この動画を見るとイメージがつかめるはず。

 

実技試験の最重要ポイントは「ホイール組み」ですね。

あらかじめばらしておいたホイールと車体を、制限時間80分で完成車状態に組み上げます。

つまり、乗ってOKな状態にするということです。

 

 

教科書にも書いてあったのですが、実技試験の合否を分けるのは、ホイールをいかに早く組めるかどうか。

40分を超えると試験不合格の割合が多くなってくるそうです。ホイールに時間を掛けすぎて、車体組あげが間に合わなくなるから。

 

30分を目安にホイール組を行います。

 

私は試験当日、25分で組み上げました。この数値は別に早すぎるわけでもないし、遅くもないですね。友達もこのくらいでした。

 

ちなみに会場にいた中で最も早く組み終わっていた方は、15分でホイールを完成させてましたね。

どうなってるのか…?

 

まあ、実技試験の「ホイール組み」はお客様に渡すわけではありません。完璧を求めなくていいのです。

あくまでも試験に不合格にならないよう、規定を抑えつつ、妥協して完成させる。そんな感じです。

 

だから、私も、普段お店でホイール組をするとなったら、もうちょっと時間をかけて丁寧に行います。

一応「プロ」と名乗ってもいいのかな?

免許が取れたので、一応「プロ?」になれました。(とはいっても、プロの中ではアマチュアですが、、)

 

ブロガーをやっている私としては、「資格を取得していること」が一種の権威性であり、記事の信ぴょう性向上につながると思っています。

これからも記事を書いていきますので、ご覧いただけたら嬉しいです。

 

 

かける
かける

以上、無事「自転車安全整備士・技士」を取得できた、かけるでした!

チャージで最もお得にお買い物

普段からAmazonを使うあなたへ。

買い物するなら「ギフト券チャージ」が断然オトク。
最大2.5%も還元されるので、欲しいものが余分に買えちゃいます。

メンテナンス
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました