【パンクの原因8割が空気圧不足】ママチャリの空気の入れ方解説

【ロードバイク】8速から11速にカスタムするには何が必要か?

ロードバイク 8速→11速化 何が必要?いくら掛かる?
悩んでいる人
悩んでいる人

今乗っている8速のロードバイクを、11速にカスタムしようと思ってる。

 

コンポーネントをグレードアップさせたら、より軽く、より速く走れるよね?

めっちゃ面白そう。

 

ところで、8速→11速化にコンポ交換するには、何が必要なのかな?

どのくらいの必要が掛かるのかな?

 

興味本位で調べてるだけだから、ザックリ教えて貰えると嬉しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • ロードバイクを8速→11速へカスタムする時に必要なモノ
  • かかる費用の目安
  • ぶっちゃけ、カスタムをするより完成車を買った方がお得?
    →実際に自分がやってみた感想

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックをしている私が解説します!

 

エントリーロードを買って自転車にハマると、「カスタム欲」が湧いてきますよね。

「もっとグレードの高いコンポに変えたらどうなんだろう?」ってな感じ。

 

例外なく私もそうなりまして、実際に8速→11速化をいたしました(笑)

 

その経験を踏まえて、8速→11速化に必要な情報をお伝えします。

具体的な作業解説ではないです。

 

「本当にカスタムするかしないか」の判断の参考になればと思います。

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数25万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

【ロードバイク】8速から11速へのカスタム費用

ロードバイク 8速→11速化 何が必要?いくら掛かる?

先に、11速化にいくら必要なのか?をお伝えします。

ぶっちゃけ「軽い気持ちでやってみる」カスタムではないかなと思いますね(笑)

  • 105のグループセット(コンポ代/新品/標準的な実売価格)は約7-8万円
  • 11速対応ホイールへの交換が必要なら、最低限プラス1万円
  • バーテープ代約3000円
  • 作業をお店に全て任せるなら、工賃2-3万円
  • →全て含めると掛かる費用は約10万円

 

もし作業を自分で全てできるとか、パーツを中古で仕入れてくるとかでしたら、もっと安くカスタムはできるでしょう。

 

8速から換えるには何が必要で、何を流用できるのか?

順に解説していきます。

8速から11速にカスタムするには何が必要か?

自転車屋

基本的に交換しなければいけないパーツは、このようになります。

  • コンポーネントのグループセット↓
    STIレバー
    RD
    FD
    ブレーキ
    クランク
    チェーン
    スプロケット
  • バーテープ
  • (必要なら)ボトムブラケット
  • (必要なら)11速対応ホイール

 

 

補足です。

  • ケーブル類は全てSTIレバー(新品)の中に入っているので、別途購入する必要はありません。
  • チェーンのピン(クイックリンク)は新品で買えば付属します。
  • ブレーキは流用できると思いますが、せっかくなら一緒に変えるべきでしょう。
  • クランクの種類が違うなら、BB交換は必要です。
  • 8速(9速)用ホイールなら、11速対応ホイールへの交換が必要です。

 

要するに「フレーム以外のほぼすべて」ですね。

というのも、“8速コンポ”と“11速コンポ”には互換性が無いからです。

 

コンポーネントは基本的に変速段数が変われば互換性が無くなります。

当然ですよね。「STIレバーが8速分しかないのに、11速もどうやって変速させるんだ!」って話です。

 

 

このあたりの「互換性の情報」は、シマノのディーラーサイトを見て確認するといいでしょう。

初心者の方が使いこなせるよう、詳しく解説しています。

>>>【シマノ】自転車コンポーネントの互換性チャートの確認方法

 

ぶっちゃけ「11速の完成車」を買った方がお得?

ロードバイクの傷防止に使う「ネジネジ君」

8速から11速へのアップグレードは、想像以上にお金が掛かります。

私の個人的な意見としては、「(自分で全てできるような方/家にパーツが転がっているような方ではない限り)11速コンポの付いた完成車を買った方がいいのでは」と思いますね。

 

もちろん、カスタムに比べて絶対額は高いですけどね。でも相対的にお得かなと。

例えば105搭載のカーボン完成車が22万円だとして、そっちを買った方がきっと「乗ったときにの違い」は得やすいですよ。

今乗っているエントリーロードとは、大きな差がありますから。

 

 

実際、私は約8万円のエントリーロード(クラリス搭載)を、105に換装したことがあります。

その時乗った感想は「めっちゃ軽くなったし、めっちゃ速くなった!」と思いましたが、費用10万円掛かったとしたら、費用対効果は微妙ですね。

フレームがエントリー用なので、所詮重いです。剛性が低いです。エンデュランス系として乗り味は良いですけど。

 

 

私の場合は、

  • 自分で全て交換できた
  • たまたま105のパーツがホイールを含めて余っていた

から11速化したわけですが、そうでなかったらやってないですねー。費用10万円がもったいないと思うから。

 

 

そこにお金を掛けるなら、私なら…

  • 今のエントリーロードはそのままで、街乗り用にする
  • もう一台ミドルグレードの11速のロードバイクを買い、メインのサイクリング車にする

という使い方をします。

 

 

コンポで乗り味に差は出るのは当然ですが、それ以上に軽視してはいけないのが「フレーム性能」です。

少なくとも「より速く、より軽やかに走ること」を目的にグレードアップさせたいと思うなら、もう完成車で買ってしまった方が結果的に幸せになれると思います。

もちろん、どうするかは自由です。自分の納得のいく判断を。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【ロードバイク|8速から11速にカスタムするには?】

  • 基本的にコンポーネント間に互換性は無いため、ほぼ全ての交換が必要。
  • 105のグループセット(コンポ代/新品/標準的な実売価格)は約7-8万円
  • 11速対応ホイールへの交換が必要なら、最低限プラス1万円
  • バーテープ代約3000円
  • 作業をお店に全て任せるなら、工賃2-3万円
  • →全て含めると掛かる費用は約10万円
  • 場合によっては完成車を買った方が“相対的にお得”ということもある。

 

8速から11速化は、想像以上に経済面での負担が大きいです…(笑)

もちろん、コンポーネントをアップグレードすれば乗り味はうんと変わります(経験談

)が、8速コンポが付いている→エントリーグレードのフレームでありますので、完成車で買ってコンポとフレームどちらもアップグレードさせた方がいい場合もあります。

 

「アップグレードで何が得たいのか?」を明確にした上で、コンポ交換するかしないかを決めるといいのではないでしょうか。

 

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました