【必読】知って得する!通学自転車の寿命って?【長く乗る秘訣とは】

自転車のリング錠(カギ)が掛からない時の原因と解決策

自転車の鍵が掛からない
悩んでいる人
悩んでいる人

ママチャリの鍵が、なぜか掛からなくなってしまった…

 

レバーをグイっと押しても、棒が下に潜っちゃうんだよね。

前まではちゃんとロックできたのに、どうしてだろう?

 

原因と解決策があれば、教えて欲しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • ママチャリ(一般的な自転車)のカギがうまく掛からない時によくある原因
  • その解決策
  • スポークの曲がりを確認する
  • カギ交換の目安料金

 

かける
かける

自転車ショップでメカニックとして働く私が解説します!

 

「カギが掛からないんですけど…」というのは、よくあるトラブルです。

そして原因はたいてい同じ。詳しくお話しします。

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

自転車のリング錠(カギ)が掛からない時の原因と解決策

まず、本記事が想定している「カギが掛からない状態」を定義します。

 

このような形の鍵で、「ツマミ」を下に押したとき…

自転車の鍵が掛からない

赤色の部分で、「カギの“棒”がうまく筒に入らず、下に潜ってしまう」という状況を指します。

たまになることもあれば、毎回なってしまう人もいるでしょう。

 

もしこの症状が当てはまるようなら、本記事を読み進めてください。

違う方はバックして頂いて大丈夫でです。


 

 

さて、カギがうまく掛からない原因ですが…

結論:棒の曲がりですね。

 

よくあるトラブルです。

ではなぜ鍵の棒が曲がってしまったかというと、「カギが掛かったまま、間違えて発進させたことによるもの」です。記憶にないですか?

「さあ漕ぎ始めよう!」と思ってペダルを踏んでみたら「ガンッ」となってカギが閉まっているのに気づいたことが。

 

この時にカギの棒にダメージが入って、曲がるのです。

 

曲がる→筒に入らなくなる→鍵が掛からなくなる

という典型的なパターン。

 

「いやいや記憶にないんだけどなあ…」

という方は、以下の方法で確認をしてみてください。

カギにダメージが入っていないか確認する方法

自転車の車輪には「スポーク」と呼ばれる針金みたいな棒がありますよね。

あれがカギにゴツーンとあたるわけです。

 

ちょうどスポークがあたるのは「赤色」で示したあたり。

ここに細かな棒状の「凹み」がありませんか?あるなら、恐らくカギを掛けたまま発進した痕跡です。

 

あるいは、後輪のスポークの「カギに当たりそうな位置」が曲がっていないか確認してみて下さい。

 

曲がったスポーク

写真「赤丸」のあたり。

一本一本見ていくと、右図のように「く」の字に曲がったスポークがありませんか。

 

それがカギにぶつけた衝撃で曲がったものです。

スポークにも、カギ側にもダメージが出るわけですね。

 

スポークが曲がっていたり、カギに痕跡が残っていれば、「衝撃によるカギの曲がりで、掛からなくなった」説が濃厚になります。原因を特定できました。

曲がって掛からない!カギはどうする?

ママチャリのカギ

これを直すには、基本的に「カギ本体の交換」が必要です。

曲げ直しで直ることもありますが、うまくいかないことの方が多いです。たいてい交換。

 

カギ本体の料金的には、1500円から5000円といった感じ。

安い自転車には安い鍵が、高い自転車には高い鍵が使われています。

 

ブリヂストン等、通学とかで使われる自転車の鍵は高級で、しかも取付ネジがフレームにあったりします。

こうなると汎用品は使えませんので、注文ですね。5000円くらい。

 

逆に安い鍵は汎用性があるので、恐らくお店にある在庫で対応できます。

 

詳しいことは自転車屋さんに相談してみて下さい。

※ちなみにですが、自損になるので品質保証は使えません。有償での修理になります。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車のリング錠(カギ)が掛からない時の原因と解決策】

  • 原因の多くは「カギを掛けたまま発進し、曲がり、入らなくなった」ためです。
  • カギに棒状の痕跡が無いか?スポークが「く」の字に曲がっていないか?
  • 基本的に本体交換をして対処します。
  • 料金的には1500円から5000円ほど。
  • 自転車の価格に比例して高くなります。

 

というわけで以上です。

「カギが掛からない」とお困りの方に、少しでも参考になればと思まいます。

タイトルとURLをコピーしました