「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

クロスバイクの「グリップ(ハンドル)」がズレる時の解決策

エスケープR3 グリップ
悩んでいる人
すぐにグリップがズレてしまう人

クロスバイクに乗っているのだけど、力を加えると、グリップが“グルッ”と回ってしまうんだよね。

直してもすぐにずれてしまうから、鬱陶しい。

 

どうにかずれないようにする方法ってないのかな?

 

解決策があれば教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • クロスバイクのグリップがすぐにズレてしまう時の解決策
  • ロックオン式グリップの紹介
  • グリップ本体の値段&工賃(目安)

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

クロスバイクのグリップ部の問題でダントツに多いのが、「ベトベトする」「ぐるぐる回る」の2つかと思います。

 

ベトベトする時の対処法については、以前こちらの記事で解説しました。

 

今回は、残り一つである“ズレる問題”について解決策をお伝えできればと思います。

是非最後までご覧ください。

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

クロスバイクの「グリップ(ハンドル)」がズレる時の解決策

エスケープR3 グリップ

解決策を結論からお伝えすると、「ロックオン式のグリップに変えましょう」です。

 

おそらくですが、今あなたが使っている“回るグリップ”は、「圧入式」のグリップです。

圧入式とは、要はグリップをハンドルに挿しているだけ。

摩擦抵抗のみで回るのを抑えています。

 

しかし、ゴムが劣化したり、汗や水などが中に入って滑るようになると、ぐるぐる回ってしまうんですよね。

残念ですが、圧入式グリップの場合、これを直す方法は…ありません。

 

グリップが回るのは気持ち悪いですし、なにより力が入るタイミングでズレると危ないですよね。

直せないからと言って、そのままにしておくのはオススメしません。

 

だから、ロックオン式のグリップに買い替えましょう。

ロックオン式グリップならズレずに快適

“ロックオン式グリップ”とは、グリップの端にボルトが付いており、締めることでハンドルに固定するタイプです。

圧入式と違い強力に固定出来るため、よほどのことがない限りずれません。快適です。

 

そして何より、高くないですよね。

 

グリップは消耗品ですから、いずれ必ず交換が必要になるものです。

ロックオン式のグリップは、1000-3000円であります。

 

ぐるぐる回るのが気になるのなら、思い切って変えてしまうのがいいと思います。

グリップの交換はいくら掛かる?

メカニックのイメージ写真

グリップ本体は、1000-3000円程度と言いました。

お店に作業を頼むなら、「工賃」も掛かりますよね。

 

なので、ザックリした工賃をお伝えしておくと、“500円”です。高くありません。

 

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 自分で交換するのが面倒だ
  • 交換のやり方がよく分からない

というのなら、お店にお任せするといいでしょう。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【クロスバイクの「グリップ(ハンドル)」がズレる時の解決策】

  • 結論、ロックオン式のグリップに買い替えましょう。
  • 圧入式でずれるのは、ある種仕方のないことです…
  • (モノにもよりますが)本体+工賃で2000-3000円といったところです
  • 決して高くないので、ぐるぐる回るのが嫌なら交換すべき

 

本記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

チャージで最もお得にお買い物

普段からAmazonを使うあなたへ。

買い物するなら「ギフト券チャージ」が断然オトク。
最大2.5%も還元されるので、欲しいものが余分に買えちゃいます。

ハンドルメンテナンス
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました