【パンクの原因8割が空気圧不足】ママチャリの空気の入れ方解説

【持ち物/写真/感想】ドルフィンファームしまなみでグランピング

ドルフィンファームしまなみ
悩んでいる人
行き先を調べる人

「ドルフィンファームしまなみ」でグランピングをしてみようと気になっているのだけど、良いところかなあ?

公式サイトにも写真は載っているけれど、イマイチ現場のイメージがつかめなくて。

 

グランピングでは「ドームテント」ってやつに泊まるつもりだけど…

  • 中はどんな雰囲気か?
  • 持ち物は何が必要か?
  • 施設の設備はどんな感じか?
  • 注意すべきことは何があるのか?

よく分からないから、こんなことを知れたらいいなあと思う。

 

実際に行ってみた人の感想が聞きたいな!

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • ドルフィンファームしまなみのグランピングサイト「ドームテント」に泊まってみた感想
  • ドームテントの内部設備、併設するテーブル(BBQやる所)の雰囲気
  • 公式ホームページに詳細情報の無い「トイレ」「シャワー」「本当に必要な持ち物」について
  • 雨の日でも楽しめそうか?

 

かける
かける

一泊二日で行ってきました!

 

グランピングって楽しいのかな?」と思っていましたが、部屋も景色もBBQもほんっとに最高でしたー!

 

この施設をより多くの人に紹介したいと思い、記事を書くにいたりました。

気になっている方は最後まで目を通して頂けると嬉しいです。

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数25万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

ドルフィンファームしまなみとは?

今回私たちが訪れたドルフィンファームしまなみは、愛媛県今治市、しまなみ海道は「伯方島」にああります。

 

 

 

ドルフィンファームでは、グランピングをしました。

泊まったのは「ドームテント」です。

 

今回私は宿泊に加え、BBQをするために「コンロセット」を予約しました。

料金は以下の通り。

  • 宿泊料金(人):11,000円
  • コンロセット:1,500円

 

BBQコンロは持参するより借りる方が断然楽だと思い、予約しました。

(掃除しなくていいし、手ぶらでいいし)

 

なぜお肉もついた「BBQセット」にしなかったかというと、HPに乗っているお肉の写真があまり魅力的ではなかった(笑)のと、自分たちで好きなものを好きな量食べたいと思ったからです。

アクセス

尾道から高速で

ここへのアクセスは基本「高速道路」になりますね。

私たちは尾道側から乗り、約40分で目的地へ到着。

 

平日ETC料金で、片道1500円くらいだったと思います。

尾道は観光目的で寄ったのではなく、必要なモノを買うためです。

 

しまなみ海道へ高速で入ってしまうと、食料品の調達が伯方島内でしかできません。

田舎なので大きなスーパーは無く、あるのはドラッグストアとコンビニくらい。

 

ですので、尾道にあるイオンでお肉や飲み物を調達した上で目的地へと向かいました。

 

BBQをするしないに関わらず、高速に乗る前に大きな買い物は済ませておいた方がいいですよー。

ドームテントでグランピングしてきた!

ここから、実際にグランピングしてきた写真と共に紹介をしていきます。

 

施設概要はこんな感じ。

あらためて私たちが泊ったのは「ドームテント(A:青色)」ですね。

 

予約は事前にネットで行っておいたので、入場してすぐに名前を確認されただけで、スムーズに部屋へ案内されました。

ドームテントの周辺

宿泊するドームテントの真向かいに車を停められるので、重い荷物を運ぶのも楽ちん。

目の前には海が広がっているので、もうこの時点で「景色最高やんー!」ってなります(笑)

 

ちなみに周囲の雰囲気はこんな感じ。

泊まった日の利用者は他に1組だけで、非常に静かでした。

でも、人が多くてもドームテントの周りには人がこない(テント張る場所じゃない)ので、どんな時でも比較的落ち着いた時間が過ごせると思います。

 

 

ドームテントの向かいにはイルカの泳ぐビーチがあり…

 

横には遊泳可能な浜があります。

早めからチェックインしておいて、海で遊ぶのも楽しそう。

めーっちゃキレイ!

ドームテントの内装

ドームテントの部屋内は超良いです。マジでいいです。雰囲気はこんな感じ。

 

「写真だから盛れてる」とかそんなことはなくて、そのまま。

この部屋にきてテンション上がらない人はいないと思います(笑)

 

 

カーテンを開けて外を眺めてると、イルカが“ドバーンッ”って飛び跳ねてるんですよ。

目の前に広がる瀬戸内海もキレイで、「非日常感」が半端なかった。部屋にいるだけでワクワクしちゃう。

 

 

室内設備の紹介です。

クーラー

大きいクーラーで、すぐ冷えます。

 

ベッド

ダブルベッドが2つ。一人で寝るには大きすぎます。

フカフカで気持ち良かった!

 

【その他】冷蔵庫・ティッシュ・電気ケトル・消毒用アルコール・ゴミ箱・電子レンジ・Wi-Fi・コンセント

ドームテントはグランピングですが、アメニティ類はほぼありません。

ベッドの他にあるものはこの通り。

  • 冷蔵庫
  • ティッシュ
  • 電気ケトル
  • 消毒用アルコール
  • ゴミ箱
  • 電子レンジ
  • Wi-Fi
  • コンセント(3カ所にあり)

 

 

写真が全てです。

そう、「何でもかんでも用意してある」系の施設ではないので、無いものをしっかり把握して持って行く必要があります。

バーベキュー(貸出コンロセット)

コンロセット

1500円の「コンロセット(単品)」は、このようなBBQ台でした。十分十分。

 

炭は自分たちで買ってきたものです。単品コンロセットには含まれないので注意。

それと…着火剤とかもないので、自分たちで用意していきましょうね。

 

私はこれを買っていきました。火が付かなかったら最悪ですからね、、、

 

BBQの雰囲気

ドームテント横にある屋根付きのテーブルで、BBQを楽しめます。

雰囲気はこんな感じ。

 

 

 

朝ご飯は持参したガスコンロ&ホットサンドメーカーで、ピザパンを作りました。

 

 

 

お肉を焼きつつ、奥にあるリクライニングシートで寝そべってみたり。

波の音を聞きながら、ゆーっくりした時間を過ごせます。

この日はお客さんが少なかったこともあって、本当に邪魔するものが何ひとつなかったです。

 

蚊の多い時期は「蚊取り線香」系のアイテムを持っておくとよさそう。

ビニールカーテンと電灯あり

ギモンの声
ギモンの声

外でBBQをする時に雨が降ってたらどうしよう?

暗くなった時に明かりはあるのかな?

自分が行く前に疑問に思っていたことです。

 

「雨」についてですが、海側一面にはビニールカーテンが広げられるようになっているので、その方向からの雨や風はある程度防げます。

風のおだやかな日の雨なら問題なし。

 

ですが、風も強い(風速5m以上とか)+雨も強いとなるとさすがに濡れるので、どうしても悪天候が予想されるときはカッパとか持って行くといいかもですね。

 

 

次は「明かり」について。

 

「ランタンを持って行こうか?」とも考えていたのですが、不必要でした。

電灯が備え付けてあるからです。

 

真っ暗になっても気にせずBBQができます。

その他の写真

こんな感じの場所。

公式HPは写真が少なく、いろいろ見たい人もいると思ったので紹介です。

 

 

 

トイレ、手洗い場、シャワーの様子

トイレ

トイレはドームテントから歩いて50mくらいのところにあります。

近いので全く苦にはなりません。でも、夜(21:30以降は消灯)は真っ暗なので、一人だと怖いかも?

 

 

私は手持ちのライトを持って行きました。趣味の自転車用ですけど(笑)

スマホのライトだけだと“暗い”と感じると思います。

 

 

女子トイレ

 

男子トイレ

 

 

多目的トイレ

 

 

キャンプ場のトイレは汚いイメージなのですが、ここは綺麗でしたね。

予備のトイレットペーパーも豊富にありましたし、不快には感じないと思います。

 

(季節によるかもですが)トイレ内の虫も少なかったですね~。

 

手洗い場

ドームテントから歩いて20mほど、シャワールームの横に手洗い場があります。

 

キャンプサイトの方に行けば炊事場があるのですが、遠いので基本ここから水を汲んだり手を洗ったりしていました。

シャワー室

ドームテント内に風呂場はないので、屋外にあるシャワールームへ行きます。歩いて20mほど。

 

 

 

こういう感じのシャワールームにしては、キレイな方だなと感じました。

ニオイも無かったですし、ヌメりとかカビも気にならなかったですね。

 

お湯の温度も勢いもお家と変わりなしってところです。

頭上に荷物置きがあります。

 

 

ドライヤーは横の更衣室に備え付けてあります。

 

自動販売機アリ

施設内に自販機があるので、飲料は手に入ります。

ゴミ捨て場あり

BBQなどで出た“燃えるごみ”は捨てられます。

ただし、「ペットボトル」「ビン」「カン」「※その他(写真の内容)」は捨てられないので気を付けましょう。(あれ?自販機の横に捨てれたような…ゴホゴホ。基本買ったやつだけカナ。)

 

 

なお、ゴミ袋も持参必須。お忘れなく。

ドームテントへの宿泊で本当に必要なモノ

実際に泊まってみて、「本当に必要なモノ」を書き出してみますね。

HP見てるだけだと、ここまで思い浮かばない人も多いはずです…。

 

【お風呂・トイレ関係】

  • 着替え
  • お風呂セット(設備は何も無いよ~)
  • タオル
  • (消灯以降)外歩き用のライト
  • (雨なら)傘

【部屋関係】

  • 充電用のコンセントタップ、コード等
  • 飲み物、食べ物

 

【BBQ関係】

  • (コンロセットを借りても)炭、着火剤やガスバーナー、必要なら肉
  • (朝ご飯も作るなら)ガスコンロ&調理器具など
  • 紙コップ、紙皿、割り箸
  • 調味料(焼肉のたれ、塩コショウなど)
  • 大きなゴミ袋
  • 肉ひっくりかえす用のトング(支給は1つだけなので。)
  • ウェットティッシュ

こんなところでですかね。

 

とにかく「ほとんど何もない」ので、一度頭の中でシミュレーションをしてみて、必要そうなものはすべて持っていた方がいいです。

【ちなみに】施設からの買い出しはコンビニかドラッグストアへ

ドルフィンファームからの買い出しは、近くのコンビニかドラッグストアがオススメです。

車で行けばどちらもすぐですね。

歩くとなると、ローソンは近いですが、ザグザグへは12分くらい掛かります。

 

夜散歩するのもまた楽しかったですけどね。食後のアイスを買いに。

グランピングしてみた感想

ドルフィンファームしまなみ

ドルフィンファームでグランピングをしてみた感想は…

かける
かける

超最高でした!

何がいいかって…

  • とにかく景色は最高
  • 目の前の海にイルカがいるのも良い
  • ドームテントの中も最高の空間
  • 手軽にBBQを楽しめること
  • 人の通行が少なくて、ゆっくり楽しめるのもグッド

 

「また行きたいな!」と思える場所でした。行って損は無いです。人にもオススメできます。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【持ち物/写真/感想|ドルフィンファームしまなみでグランピング!】

  • ドームテントは1泊(人)11,000円
  • コンロセットは借りると楽
    →プランによっては炭と肉も無い。着火剤は無いので買っておくこと。
  • 朝ご飯作るなら、ガスコンロがあると楽しい。
  • 高速乗る前に、大きな買い物は済ませておくべし!(尾道にイオン&隣にホームセンターあり)
  • ドームテントの目の前にはイルカが泳いでる。
  • 横に遊泳可能な浜辺あり
  • 燃えるゴミは捨てられる。ゴミ袋持参。
  • BBQのテーブルは電灯あり。一面だけビニールカーテンあり。
  • 場内に自販機あり
  • 21:30消灯以降は暗いので、手持ちのライト(スマホ×)を持って行くと良い
  • 「持ち物」は上記参照

 

 

準備さえしっかりしていけば、最高に楽しめると思います!

是非参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました