冬のキャンプって寝るときは寒くないの?【寝袋選びがポイントです】

冬キャンプ 寝る時寒くないのかキャンプ
悩んでいる人
これから冬キャンにチャレンジする人

これから冬キャンプを始めてみようと思うんだけど、寝る時って寒くないの?

冬だったら、外気温が0度近くまで下がることもあるよね。

 

家の中ですら寒いのに、テントで、しかも寝袋で寝ても平気なのかな?

やっぱり、寝る時はめちゃめちゃ厚着しないと寝られない?

 

冬キャンプにチャレンジする上で心配だから、教えて欲しい。

 

こんな方にオススメの記事です

【この記事で分かること】

  • 冬キャンプは寝るときに寒くはないのか
  • ヌクヌクと快眠するためには何が大切なのか
  • 激安寝袋を買ったら寒くて寝れなかった話
  • 冬キャンプにオススメの寝袋

-4度の環境下でもキャンプをした経験のある私が解説します。

 

 

初めて寒い時期のキャンプにチャレンジするとき、「寒くないのかな?ちゃんと寝れるかな?」って気になりませんか?

私もそうやって、アウトドアショップの店員さんに尋ねたことがあります。

 

私が冬キャンプの様子をSNSにあげると、キャンプを経験したことのない友達から「この時期によく寝れるな!」「風邪ひくぞ!」なんてコメントが来ます。

きっとあなたも、同じように思っていると察します。

 

もし、冬キャンプが「寒くて寝られない」のだとしたら、どうして冬にキャンプをする人が多くいるのでしょうか?これだけ流行っているのでしょうか?

 

・・・ちゃんと寝られるからです。

 

「冬でもなぜ寒くないのか?」について、詳しく解説しますね。

冬のキャンプって寝るときは寒くないの?【寝袋選びがポイントです】

冬キャンプ 寝る時寒くないのか

結論:寒くない

寒くないどころかヌクヌクして暖かいです。

家の羽毛布団で寝るのと何ら変わりません。(言い過ぎか)

 

ただ、体は暖かいですが、寝袋からはみ出ている「顔(特に鼻)」は冷えますけどね(笑)

どうして寒くないの?

寝る時に寒いか・寒くないかは「寝袋」の性能によります。

 

寝袋にはいくつかグレードがあり、夏用の薄いものから、冬用の分厚くて保温力に優れたものまであります。

環境にあった冬用の暖かい寝袋を使えば、寒いことはまずありません。

 

私は2019年に自転車で日本一周をしていたのですが、0度前後の気温が続く2月でさえ、基本的に熟睡できました。

峠で寝た時だけは-4度になってしまい、寝袋の対応温度を下回ってしまったため、寒くて起きたことがあります。

 

例えば同じシチュエーションでも、より暖かい寝袋を使っていたら、目を覚ますことなく寝れていたと思います。

 

それくらい冬キャンプの寝袋選びは大切。

 

寝袋さえしっかりしていれば、0度の環境でもインナーシャツ一枚だけで寝ることが可能ですよ。

実際私がそうでしたから。

厚着をすると、かえって汗をかいて寝られないほどです。

 

なので、寝る時の気温にあった寝袋さえ選べば、「寒くて寝られない」という心配はありません。

これが答えです。

 

同じ“寝袋”でも、夏用の寝袋では冬キャンプで寝られないのは言うまでもないですね。

凍え死にます(笑)

【失敗談】Amazonの激安寝袋に騙された話

自転車で尾道駅へキャンプツーリング

初めての冬キャンプ、大失敗

冬用の寝袋を買ったはずなのに、寒くて寝られなかった自分の失敗談を話します。

 

私が初めて冬キャンプをしたのは高校3年生の時。

当時お金に余裕がなく、Amazonにあった4000円の「冬用、-30度まで対応!」と謳う寝袋を買いました。

 

今考えると、4000円で‐30度まで対応しているなんて、どっからどう見ても“怪しい”商品

しかし、キャンプ初心者の私は純粋に信じてしまったのです。

ホームセンターにある2000円程度の寝袋しか印象になく、冬用寝袋の相場を知りませんでした。

 

季節は12月末。

天気予報の最低気温が「2度」の中、初めての冬キャンプに挑戦しました。

 

どんな服装で寝たらいいのか分からなかったため、とりあえず厚着で就寝。

結果どうだったか。

 

「寒くて寝られなかった。」

夜中の2時に目が覚めてしまい、とてもじゃないけど寒くて再び寝付くのは無理でした。

 

体を温めるためにスープを作ったり、自分しかいないキャンプ場を走って体を温めたりしながら、日が昇るまで過ごした覚えがあります。

 

この通り、初めての冬キャンプは大失敗。

-30度対応の寝袋を買ったのに、どうして?」と思いましたよ。

 

原因は明確で、その寝袋が-30度まで対応していなかったんです。

 

 

この失敗談から伝えたいことは何か、「寝袋はケチると痛い目に合う」ということ。

冬キャンプをするなら、絶対にお金を出し渋ってはいけません。

 

お金を用意できないなら、冬キャンプは諦めた方がいいかなと。そのくらい大切です。

【失敗しないために】冬用の寝袋を買う時の注意点

私のような失敗をしないために、冬用の寝袋を購入する時は注意してほしいことが2つあります。

  1. 信頼できるメーカーか
  2. 常識から大きく外れた値段ではないか

信頼できるメーカーか

気になっているその寝袋、どこのメーカーですか?

聞いたことのあるメーカーですか?

 

聞いたことないような怪しいメーカーだったら、やめておきましょう。

 

信頼性に欠けるからです。

私みたいに失敗することになりますよ。

 

でも中にはこう思う方もいらっしゃいますよね。

ギモンの声
 

確かによく分からないメーカーと言えばそうだけど・・・

Amazonのレビューがよかったから、大丈夫なんじゃない?

私が買った寝袋だって、レビューは良かったですよ。

  • 「冬キャンプに最適です!」 ★5
  • 「-5度でも暖かく過ごせました。コスパ最強です」 ★5

みたいな。

 

ただ、あれに全信頼を置くのはちょっとリスキー。

 

大学の知人である中国人留学生の話をしましょう。

彼が作業しているパソコンの画面に「丸秘なんとか~(中国語)」って書いてあったので、「何これ?」って尋ねたんです。

 

すると、「あんま大きい声じゃ言えないけど、Amazonの商品を届けてもらって、★5でレビューすると、無料で貰えるんだ」って。

 

もしかしたら私が買ったあの寝袋も、そうしたレビューが含まれていたのかもしれません。

あなたが気になっているその寝袋も。

 

なので、レビューを参考にするのも間違いではないですが、一番は「信頼できるメーカー品」を購入するのが安心です。

常識から大きく外れた値段ではないか

私が買った怪しい寝袋は、「冬用、-30度対応」にもかかわらず、“4000円”という破格です。

 

でもこの「4000円」が破格かどうかって、寝袋の相場を知らないと判断できないですよね。

 

例えば、非常に使用者が多く、コスパがよいとして知られる「モンベル」の秋冬用寝袋を見てみましょうか。

モンベル 冬用寝袋

(モンベル 公式サイト)

 

上から順に、この値段。

  1. 38,000円(+税)
  2. 30,000円(+税)
  3. 26,000円(+税)

 

そう、冬用の寝袋って2-3万円は超えるんですよ。

それが普通なんです。

 

もし今検討中の寝袋があまりにも激安なら、この“常識”を疑ってみてください。

冬キャンプにオススメの寝袋

自転車でキャンプ

私は人よりもキャンプ経験が豊富ですが、プロかと言われればそうではありません。

各メーカーの製品情報とかは、あまり詳しくないです。

 

なので、「他のメーカーと比較してどうだ!」ということはできませんが、少なくとも自分が冬に使って満足したオススメの寝袋がこちら。

モンベルの「ダウンハガー800#2」です。

 

これから冬キャンプを始める方にオススメで、失敗はさせません。

快眠、熟睡を保証します(笑)

 

使用感(特に寒くなかったか)を詳しくレビューしているので、気になる方は上の記事をご覧いただければと思います。

まとめ

本記事の要点をまとめます。

【冬キャンプって寒くないの?ちゃんと寝れる?】

  • 寝袋次第です。暖かい寝袋なら熟睡できますし、薄い寝袋だと寒くて寝られません。
  • だからこそ、「信頼できない怪しいメーカー品」を買うのはやめましょう。

 

【冬用寝袋を買う上での注意点2つ】

  1. 信頼できるメーカーか
  2. 常識から大きく外れた値段ではないか

→個人的にオススメするのが、モンベルの「ダウンハガー800 #2」です。

 

この記事がこれから冬キャンプを始める方の参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

初心者の方に見ていただきたい記事はこちらです。

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
キャンプ
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました