【注目記事】夏の暑さでパンク急増?よくある原因はコレだ!

【正直…】オーライトの人気シリーズ新作「RN600」レビュー

オーライト「RN600」 レビュー
悩んでいる人
悩んでいる人

スポーツタイプの自転車におすすめのライトってないかなあ?

 

調べて見つけた、オーライトの「RN600」ってのが気になるのだけど、どうなのだろう?

実際に使ってみた人の意見が知りたいなあ。

 

他シリーズとの比較した感想も教えて貰えたら最高なんだけど…

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • オーライトの人気シリーズ新作「RN600」のレビュー
  • RN600の梱包内容
  • ライトを夜に使ってみた写真
  • 個人的にお気に入りの上位モデル「RN1500」との比較
  • 同価格帯、同照度の「AMPP300」と比較した感想

 

かける
かける

この度はオーライト様より「RN600」の商品提供を頂きました。

ありがとうございます。

その上でイチ使用者として、忖度の無いレビューをさせていただきます。

 

これまで私はオーライト様より、以下モデルの商品提供を頂いています。

 

ですので、それらとの比較した感想をお伝えできればなと思います。

 

私自身の使い方として、

  • サイクリング
  • 通勤(通学)
  • 自転車旅

って感じです。オーバーナイトでライトを使うようなことはありません。

特に同じような環境で使う方にとって、参考になれば幸いです。

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数20万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

RN600 開封

開封シーンについては、毎度同じなのでサクッと流します。

 

スマホが入っているようなケースに梱包されて届きます。硬い厚紙。

オーライト RN600

毎度思うのですが、パッケージの高級感がスゴイですよね(笑)

 

安いパッケージだと何も考えずにびりびり破りたくなるのですが、これは「丁寧に開けていこ」って思います。レビュー用でなくとも。

オーライト RN600

裏面には商品の特徴が記載。公式サイトへ行けば日本語で書いてあるので、そっちを見るのが良いです。エイゴ、ワカリマセン。

 

オーライト RN600

 

商品が顔を出します。

オーライト RN600

RN1500に比べてちょっと小ぶり。長さがコンパクトになってますね。幅、高さは同じ感じです。

オーライト RN600

だいたい手のひらの横幅と一緒くらい。

オーライト RN600

RN1500と比べてみると、2CMくらい短いかな?といったところ。

 

箱の中に入っているのは、これらが全て。

オーライト RN600

 

【内容物】

  1. RN600本体
  2. ハンドルバーマウント
  3. シリコンストラップ×3(サイズ別)
  4. 3mmの六角レンチ(固定用)
  5. Goproマウント
  6. 充電用USB-Cケーブル
  7. 取扱説明書

 

他モデルと特に変わりはありません。急速充電に対応したUSB-Cを採用しているところが好感を持てます。

オーライトの人気シリーズ新作「RN600」レビュー

本商品が気になっている方にお伝えすべき「RN600の特徴」は以下です。

  1. 最大600ルーメンの明るさ、普段の使用に最適な300ルーメンで2時間50分持つ
  2. USB-Cの急速充電により、満充電まで約2.5時間
  3. ガーミンマウント互換&GoProマウント対応

 

 

「オススメかどうか?」先に結論をお伝えすると…

「特別オススメする点は無い。まずまずな性能ではあるけれど、この製品特有の気に入る点は無いかな。」

って感じです。

値段から考えて、クロスバイクやロードバイクの購入時に「最初の一台としてとりあえず」で買うならいいかもですね。

 

ぶっちゃけ、私なら倍の値段を出して「RN1500」を買います、

値段は二倍…(といっても約8000円)ですが、そちらを買った方が満足できると思うから。

通勤通学で使う人にも、サイクリングで使う人にも、です。

 

絶対的な価格ではなくて、相対的な価格で見たときに、「RN1500の方が“安くて良い製品”」って思います。気に入る点も多いです。

いやむしろRN1500が良すぎるので、他がショボく感じてしまうのかもしれません。

 

感想を述べていきます。

 

最大600ルーメンの明るさ、普段の使用に最適な300ルーメンで2時間50分持つ

RN600は、最大600ルーメンで1時間半の使用ができます。

街中で使うには最適な300ルーメンで2時間50分。

 

普段使いにはちょうどいい明るさを持ちますが、それ以上でも以下でもないかなと。

 

最大照度の600ルーメンで使うとすぐに切れるので、実際は300ルーメンで使うシーンが多くなると思います。

  • 本製品は300ルーメンで2時間50分、約3600円

 

同程度のモデルでは、キャットアイの「AMPP300」があります。

  • 300ルーメンで3時間、定価3850円。

 

こう考えると、「ほぼ変わらない」ですよね。

オーライトの方が値段が3分の2とかなら「コスパでも優れてる」と言えるのですが、本製品に限っては“普通”と感じました。

 

もし私自身が2つの製品で迷ったら、AMPP300を選びますかね。

キャットアイのマウント(フレックスタイト)の方がうんと使いやすいからです。

  • 3台の自転車を持っているので、入れ替えがしやすい点
  • キャットアイのライトは前後方向にスライドして取り付け出来ること

が決め手です。

 

オーライトのマウントは3ミリの六角レンチでボルトを緩める必要があるので、ぶっちゃけ面倒です。

複数台の自転車に取り替えをするのは大変なので、あまりしたくないと感じてしまいます。

 

また、オーライトのマウントへライトを取り付けるには、本体を90度回転させる必要があるんですね。

つまり、回転するだけの範囲にはモノを置けません。干渉するからです。

 

その点キャットアイは前後にスポッとスライドさせるだけで、干渉を考えなくていいので楽です。

USB-Cの急速充電により、満充電まで約2.5時間

USB-Cの採用により、急速充電できるのは良いですね。

2.5時間で充電が完了します。

 

AMPPの場合は「4時間~」となっているので、その差は大きいです。

 

ただ、ブルベとか限られた時間の中で充電するのであれば「充電時間の差」は大事でしょう。

しかし、普通の人はたいてい寝る時に充電をすると思います。

 

ですので、数時間の違いはあまり影響しないと考えます。

ガーミンマウント互換&GoProマウント対応

ガーミンマウント&ゴープロマウントに対応しているので、汎用パーツは選びやすいですね。

純正のマウントが気に入らない場合は、他に選択肢がありますから。

 

ハンドルコックピットを整理したいなら、使いやすいかなと思います。

RN600の明るさは?実際に照らしてみた

弱:150ルーメン

オーライトRN600レビュー

中:300ルーメン

オーライトRN600レビュー

強:600ルーメン

オーライトRN600レビュー

対向車目線

オーライトRN600レビュー

結構まぶしい…。

感想

照射範囲が広いからでしょうか?

同じルーメン数のライトよりも、うんと明るく感じました。

 

 

私は普段、通勤にVOLT400を400ルーメンの状態で使っているのですが、RN600の300ルーメンは、それよりも「うんと照らしてくれるなあ」「道の状態が見えて安心だなあ」と感じました。

 

この価格で、これだけの明るさのライトが手に入る。

いい時代になったと思います。

RN600より、RN1500をオススメする理由

オーライトRN600レビュー

てなわけで、RN600の率直な感想は「まあ、よくあるレベルの製品だなあ」て感じでした。

特別な魅力を感じることはナカッタ…かなあ。

 

商品提供を受けておいて、ごめんなさい。でも正直な意見です。

 

やはり、私のオススメは「RN1500」ですね。

  • 普段のサイクリングで使うにしても
  • 毎日の通勤通学で使うにしても
  • ウーバーイーツ的な配達をやるような人も
  • 夜通し走るような人でも
  • 最強に明るいライトが欲しい人も

全ての人にオススメできるライトだからです。

 

 

「そんなにRN1500の何がいいの?」と思うでしょう。

簡潔に言いますね。

  1. 300ルーメンで12.5時間使用可能
  2. モバイルバッテリーとして使える(出力できる)
  3. 同レベルのライトと比べてコスパが最強

 

300ルーメンで12.5時間使用可能

300ルーメンが普段使いでは十分な明るさです。それが12.5時間持つ。

RN600が約3時間ですから、持ちが約4倍ということ。

 

それはつまり…

  • 充電をする回数が4分の1になって楽
  • 夜のサイクリングでも切れる心配が無くて安心

ということです。

 

自分も通勤に自転車を使っているのですが、ライトの充電が意外と面倒くさいものです。

例えば片道4㎞だとしたら、20分から30分は掛かるでしょう。

RN600(約3時間)なら、一週間持つかどうか…というところ。

 

日によっては寄り道もするでしょうし、実際はもっと多くの時間ライトを付けると思います。

そうなると、「充電が面倒」に感じるんですよね。

 

RN1500なら、使える時間が約4倍。つまり充電回数が4分の1になります。

この特徴は、多くの人にとってメリットに感じるのではないでしょうか。

モバイルバッテリーとして使える(出力できる)

私がRN1500を気に入っている大きな理由が、「モバイルバッテリーとして使えること」です。

オーライト「RN1500」レビュー

RN1500はなんと「出力」もできてしまうのです。スマホに充電ができる。

 

もちろんRN600でも試してみましたが、ダメでした。

オーライト RN600

出力は非対応のようです。

 

私は普段お買い物に出かける時も、サイクリングをする時も、いつも「モバイルバッテリー」を携帯します。

スマホの充電ってすぐ無くなりませんか。だから、充電できるようにいつもバッグに持っているのです。

 

でもRN1500があれば、モバイルバッテリーがいらなくなります。

それはつまり「荷物の軽量化」になるということ。

 

持てる荷量が限られるサイクリング時に大活躍でして、気に入ってます。

同レベルのライトと比べてコスパが最強

RN1500は豪華な性能ですが、これで値段が高ければ買いにくいですよね。

でも、値段も含めてRN1500の魅力だと思います。

 

なんと、約7000円~8000円程度。(時期やクーポンによって変動)

 

同じ明るさ、同じ機能を持った他社のライトを買おうと思ったら、2万円近くはすると思います。めちゃくちゃ安い。

 

ライトって、最初に買ったら中々買い替えませんよね。

だからこそ良いものを買って、気に入るものを長く使ってほしいと思うのです。

 

絶対的な値段が安いRN600を買うのも悪くは無いですが、そこはもう少しお金を掛けて、RN1500を買った方が得られる満足度はうんと大きいと思いますね。

 

お金の価値観、ライトの価値観は人それぞれ。

でもどうせなら、私はRN1500をオススメします。あれ買って後悔する人、ほとんどいないでしょ。

 

詳細はこちらの記事でまとめています。

>>【20%クーポン有】オーライト「RN1500」をレビュー

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【オーライトの人気シリーズ新作「RN600」レビュー】

  • 結論、「特別オススメするような製品ではなかった」ですね。悪いわけではなくて、普通。
  • 特徴:
    最大600ルーメンの明るさ、普段の使用に最適な300ルーメンで2時間50分持つ
    USB-Cの急速充電により、満充電まで約2.5時間
    ガーミンマウント互換&GoProマウント対応
  • 値段も性能も“普通”かなあ。
  • どうせ買うなら「RN1500」を買った方が幸せになれる人は多いと思う。
  • 理由:
    300ルーメンで12.5時間使用可能
    モバイルバッテリーとして使える(出力できる)
    同レベルのライトと比べてコスパが最強

 

というわけで、このレビューが少しでも役に立ったなら幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

 

なお、オーライトは現在セール中。

4月24~28日まで期間限定価格ですので、お早めにどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました