【低予算】日本一周中のお風呂事情【節約術】

自転車旅
・日本一周中のお風呂ってみんなどうしているの?
・なるべく銭湯代をかけないにはどうしたらいい?
こんな悩みを抱えた方にオススメな「日本一周中のお風呂事情」についての記事です。

 

旅をしているとお風呂に入らないのは決して珍しいことではないですが、

もちろん普通の人はそうではないですよね(笑)

旅が終わってからも、どのようにして生活していたのかを聞かれることが多いです。

 

そこで、私が日本一周中にどのくらいの頻度でお風呂に入っていたかを紹介したいと思います。

お風呂・シャワーの頻度

日本一周中のお風呂の頻度は、皆さんの予算によって大きく回数が異なってくると思いますが、金銭的に余裕が無かった私は2-3日に一回程度のペースでした。

 

一番間隔があいてしまった時で、8日間お風呂に入らなかった事が2回あります。

 

周りの話を聞いていても毎日入っている人の方が少なく、概ね私と同じような頻度でした。

 

一方で、旅人の中にも「お風呂に入らないなんて絶対無理!」という方もいらっしゃいました。

 

実は私も旅を始めた当初は、お風呂に入らずに寝に着くなんて無理!気持ち悪い!なんて思っていましたが、そういった生活を送る中で「慣れ」が生じてしまったようです。

約一年間その生活続けたせいで、日本一周が終わって家に帰った時も習慣的に入らない日なんかもありました(笑)

 

結局は自分の旅の予算とスタイルによってお風呂の頻度を設定するといいと思います。

お風呂(シャワー)に入れる場所

いくら我慢できるとはいえ、ほとんどの人が出来れば毎日お風呂に入りたいと思っているはずです。もちろん私もそうでした。

 

そこで、限られた予算の中でお風呂の頻度を少しでも増やすためにはどうしたらよいでしょうか?

節約旅だった私が日本一周中に訪れていた場所を紹介します。

温泉

お風呂と言えば温泉が思い浮かびますよね!
しかし、温泉は600円以上する場所が多く、使用頻度はとても低かったです。

 

1日の生活費を1500円としていたため、その三分の一程度が入浴に充てられるというのは大きな出費です。

そのため「どうしても入りたい時にそこしかない!」という状況でなければ極力使いませんでした。

 

とはいえ、観光地ともなれば話は別です。せっかく訪れたのだから絶対にケチってはいけません!

「観光としての入浴だから」と、理由を付けて入浴を存分に楽しんでいましたよ。

銭湯

旅中に一番多く使ったのが銭湯です。
温泉よりも安く、400-500円ほどで入ることができます。

基本的に石鹸類やタオルは有料となりますので、自前の物をお忘れなく。

 

昔ながらの銭湯にいる番台さんや常連の方はとても人情味があり、「若い人が来た」というだけで気さくに話しかけてくれることが多かったです。

 

日本一周中だということを伝えると興味津々に話を聞いて下さり、のぼせてしまう程お風呂で話こんでしまった事もしばしば。

安いだけではなく、こんな素敵な出会いがあるのも銭湯の魅力の1つだと感じています。

コインシャワー

銭湯の400円でも十分安いですが、シャワーだけでいいからもっと安く済まないかなと思ったことはありませんか?

 

でも、そういったコインシャワーだけを置いているような施設ってほとんどないですよね。

 

中にはキャンプ場にあったり、マリンスポーツを楽しめる海沿いにはあったりしますが、それもごく稀です。

 

そんな中、町中でシャワーを安く浴びられる方法を発見したのでご紹介します。

それは、町の体育館です!

 

トレーニングルームや、スポーツの出来る体育館にはシャワーが設置されている場合が多いです。

私はそれに気づき、時間がある内に調べてはマップにピンを打っていました。

 

検索方法はグーグルマップで「体育館」と調べ、比較的大きくてキレイな場所から詳細を見ます。

口コミに書いてある場合もあれば、ホームページに記載がある場合があり、「〇〇を利用した方のみシャワー利用可能」などといった特別な条件が無ければ使うことができます。

 

料金は0円か100円で、時間は5分から無制限のことが多かったです。

 

全ての体育館にあるわけではないので調べる手間はかかりますが、

とにかく節約したい人にとってはオススメできる方法です。

快活クラブ

最後の一つとして紹介するのが、旅人御用達の快活クラブです!

効率的に使うことで、シャワーと朝食、飲み放題合わせて300円*ほどで使うことができます。

※快活クラブは店舗によって料金が異なります。

 

まずは行くお店の条件として

・シャワー無料
・朝食無料

これら2つのサービスがあるか確認してください。

 

店に入ったらプランを選択します。

一番安く済ませられるプランは「飲み放題カフェ」ですが、時間が短いので「ブース」でも大差ありません。

 

使い方はとても簡単。

 

朝食無料の時間帯に入店し、30分以内でシャワーと食事を済ませて退店するだけです。

タオルもシャンプーも備え付けてあるので、貴重品と着替えだけ持っていけばOK!

 

そうすることで、300円程度で朝食とシャワーを済ませることができます

※土日は料金がプラスされます。入会金は除きます。

 

学生なら更に2割オフですから、相当コスパいいですよね。

近くに快活がある場合はとてもオススメです。

近くにお風呂が無い場合

日本中を旅していると、どうしても近くにお風呂が無い状況が出てきます。

 

エンジンが付いている乗り物なら多少遠くても行くことができますが、私のように自転車となると厳しいです。

実際私はお風呂の場所が3km以上離れていたら諦めていました。

 

体のべたつきが気になるけど、お風呂が無い!

そんな時に行っていた方法がこちらです。

走行中に部分的に洗う

人の迷惑にならない場所であれば、腕だけ・足だけ・顔だけ というように部分的に体を洗っていました。

たったそれだけでもやらないのとでは全然違ってきます。

 

ちなみに私が持ち歩いていた石鹸はシャンプーのみで、全てを賄っていました。

匂いの強いものの方がいい香りが漂うので、風呂上り感があってイイです(笑)

お湯で体を拭く

キャンプ場に着いた時にどうしてもベタツキが気になる場合にやっていたのは、

自分の持っている調理用の鍋を使ってお湯を作り、そこにタオルをぶち込んで体を拭いていました。

冷水で拭くのとは違い、温かい(熱め)と皮脂が溶けるので爽快感がまるで違います。

 

拭いた後に産毛がフサーっと立ち上がって気持ちがいいですよ!

 

騙されたと思ってやってみてください。

沸騰まで多少時間はかかりますが、それ以上の価値があります(笑)

おわり

このように頭を働かせることで、より安く、より頻繁にお風呂(シャワー)に入ることができます。

 

自分の体臭は気づきにくいですが、お風呂に入っていないと確実に臭ってきます。

旅をしていると沢山の人に出会いますから、常に清潔感を心掛けて過ごせるといいですね。

 

ご自身の旅のスタイルに合わせて、よければ参考にしてみてください。

ご覧いただきありがとうございました。

かける

愛知県出身の23歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■274日で日本一周完走
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログアクセス数10万PV/月
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!
自転車旅
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました