「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

ソロキャンプには「クロノスドーム」or「ムーンライト」?

ムーンライトとクロノスドームどっちがいい
悩んでいる人
ムーンライトかクロノスドームで迷う人

ソロキャンプを始めてみようと思ってるんだけど、テントの候補としてモンベルの

  • ムーンライト
  • クロノスドーム

のどちらにしようか迷っているよ。

 

一応私のイメージは、ゆったり楽しむキャンプをやりたいなあって感じ!

料理を作ったり、焚火をしたり、テント内でくつろいだりね。

 

わー!考えるだけでワクワクしてきちゃった!

こんな私の使い方にあっているのは、どっちのテントかな?

 

こんな方にオススメの記事です

【この記事で分かること】

  • ソロキャンプで使うなら、「クロノスドーム」「ムーンライト」どちらがオススメか
  • どんな場合に、どっちのテントを選べばいいのか
  • ムーンライトをオススメする人
  • クロノスドームをオススメする人

実際に両方のテントを使ったことのある私が解説します。

 

ソロキャンプで使うテント選びに悩んでいませんか?

私も昔、めちゃくちゃ悩みました。

 

私は自転車旅で使うテントを探していたのですが、ムーンライトかクロノスドームで迷っていたんですね。

きっと、この記事に訪れたあなたも、バイクや自転車でのツーリングを考えているのではないでしょうか?

 

私は人生初めての一人用テントに、「ムーンライト」を選びました。

しかし、今は「クロノスドーム」を愛用しています。

 

なぜかというと、不満が生じたからです。

その理由や経験を元に、本記事を執筆します。

 

ソロキャンプのテント選びの参考にしていただければ幸いです。

それではご覧ください。

※あくまでも本記事は同じ“1型”で比べた感想です。

ムーンライトでも、大きなモデルを使えば感想は変ってくると思います。

商品概要

本記事の内容をお伝えするにあたって、それぞれのテントの特徴を知っている必要があります。

 

まだ詳しく知らない方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明しますね。

ムーンライト

紹介文を公式サイトより引用します。

モンベルが誇るロングセラーモデル「ムーンライトテント」。

月明かり(ムーンライト)の中でも簡単に設営可能というコンセプトはそのままに、大幅な軽量化と広々とした居住空間を実現しました。

雨の多い日本の気候に最適な保水しにくい生地を使用し、蒸れにくい優れた通気性を備えています。

自転車・バイクのツーリングやトレッキングのベースとして活躍します。1人用。

 

特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 設営が簡単で超スピーディー
  • 比較的軽量
  • 抜群の通気性
  • ただし、狭い

クロノスドーム

では、クロノスドームはというと・・・?

ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム(特許取得済)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテントです。

ショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能。抜群の通気性も備えるので、ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。

本体用、ポール用、ペグ用のスタッフバッグが付属します。1~2人用。

>>>モンベル公式サイトより引用

 

  • 幅広い居住空間が売り
  • 3シーズン対応
  • 重くも軽くもない
  • 比較的簡単に設営

それぞれの違い

両者の比較をしたうえで、勝っているポイントを紹介します。

【ムーンライト】

  • より軽い
  • より設営が簡単
  • よりコンパクトに持ち運べる
  • より通気性がいい

 

【クロノスドーム】

  • より広々としている

 

こうすると、なんだかムーンライトの方が魅力的に見えますね。

ソロキャンプには「クロノスドーム」「ムーンライト」どっちが最適?

ムーンライトとクロノスドームどっちがいい

しかし、結論として、ソロキャンプに使うなら「クロノスドーム」の方がオススメです。絶対に。

 

一番大きな理由が「広いから」です。

クロノスドームが広いというより、ムーンライトが狭すぎる。(同じ“1型”で比べた時)

 

改めて、私の使い方は自転車旅です。

自転車旅のキャンプ泊では、このような使い方をします。

  • テント内に荷物を入れる
  • 雨の日はテント内で一日過ごす
  • 疲れた体をゆっくり休める
  • テントの前室を開けて、ご飯を作る
  • 寒い時はテント内でご飯を食べる

 

このように、テント内にいる時間が割と長いんですよね。

なので、広くて快適なクロノスドームの方が良かったです。

 

また、私と同じように、キャンプツーリングの荷物をテント内に入れようとしている方。

無条件でクロノスドームを選びましょう。

 

じゃないと、狭くて寝られないです。

あくまでも、1型での話ですけどね。

 

私が一番最初にムーンライトを買って失敗した理由は「狭すぎた」ことです。

 

ムーンライトは頭から尾にかけてだんだんと細くなっていきます。

一番天井が高くて、広々としているのは、入り口付近だけ。

 

なので、何をするにも不便なんですよね。

 

  • ご飯を食べる
  • 着替える
  • 荷物を置く

などを、常に天井に頭が付いたような状態で行わなければなりません。

 

しかも、荷物を置いたらテント内のスペースに余裕など一切ナシ。

それどころか、寝るスペースすら奪われます。

 

中でも面倒だったのが、テントの出入りです。

 

ムーンライトの出入りは、お尻を滑らせるようにして行います。

先が細くなっているので、そうしないと入れないんですよね。

 

出る時は首をたたみながら靴を履き、立ち上がります。

 

一人でキャンプをするとわかりますが、意外と出入りは多いものです。

  • トイレに行くとき
  • 水を汲みに行くとき
  • 作業して戻る時

 

一日に何回も出入りを繰り返すんですよ?

あまりにも面倒で、大きな不満でした。全く持って快適じゃなかった。

 

ですから、「焚火して、ご飯作って、優雅なキャンプをしたいなあ」と考えているなら、絶対にクロノスドームの方がオススメです。

ムーンライトをオススメする人

それでも中には、ムーンライトをオススメする方もいます。

 

どんな使い方をする人にオススメかというと・・・

  • テントは寝るためだけに使う
  • 優雅なキャンプはせず、さっさと寝る
  • 雨の日でもテントから出る
  • 調理も焚火もしない
  • なるべく軽量コンパクトな方がいい

こういう方です。

 

特に、「寝るためだけに使う」

これに当てはまるのなら、買っても問題ないのではと思います。

 

しかし、少しでもキャンプらしいことをしたかったり、荷物が多かったりする場合は、クロノスドームを選んだ方がいいと思いますよ。

クロノスドームは1型、2型どっちがいい?

日本一周中の自転車とテント

私が自転車で日本一周をした際に使っていたのは、「クロノスドーム1型」でした。

 

自転車旅で使うなら、非常にオススメ。

キャンプ テントの中

クロノスドーム1型 テント内

過積載チャリダーといわれていたほどの荷量でも、全て室内に入れることができました。

それに、毎日多くの時間をテント内で過ごしましたが、居住性の高さゆえに不満に感じたことは一切ありませんでした。

 

本当に、ムーンライトから買い替えて良かったと感じています。

 

自転車だと「軽さ」も考えて1型を選ぶ方が多いですが、バイクのライダーさんだと2型を選ぶ方が多いですね。

あまり重量を気にしなくていいので、ワンサイズ大きな方が更に快適でしょう。

 

  • 自転車→1型
  • バイク→2型

ってなイメージで良いと思います。

まとめ

本記事の要点をまとめます。

【ソロキャンプには「ムーンライト」「クロノスドーム」どっちが最適?】

  • 基本的にクロノスドームを選んだ方がいいです。
  • 広々としていて居住性が高いので、テント内にいても不便なく快適です。
  • キャンプらしい“キャンプ”をするなら、絶対にクロノスドームがオススメ。
  • サイズの選び方は、「自転車→1型」「バイク→2型」って感じですね。
  • 荷物の量やどう過ごしたいかによって、大きさを選ぶといいでしょう。

 

テント選びの参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

ちなみにですが、テントを買う時は「グランドシート」も忘れないようにしてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました