【パンクの原因8割が空気圧不足】ママチャリの空気の入れ方解説

「自転車のメンテナンスって自分でできる?」という質問に思うこと

「自転車メンテって、自分で出来る?」 という超難しい質問。
悩んでいる人
悩んでいる人

「○○(自転車のメンテナンス)」って、自分にも出来ますかね?

別に自転車には詳しくないんですけど、どうなのかなあと思いまして。

 

簡単そうなら、自分でやってみようかなあ?

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 「自転車のメンテナンスを自分で出来るのか?」という超難しい質問に思うこと
  • やってみないとできるようにはならない
  • 挑戦した後はプロの目で確認してもらう必要あり
  • 下手に触るより、最初からお店に任せた方がかえって安上がり

 

かける
かける

こんにちは、かけるです!

私は自転車整備士として、自転車のプロとして今働いているわけですが、よく聞かれる質問があります。

 

「その自転車メンテナンスって、自分でも出来ますかね?」

補助輪の取り外しだったり、ホイールの着脱だったり、ハンドルを下げたり、変速の調整だったり。簡単なものから難しいものまで様々です。

見た目があまり大掛かりではなさそうなので「できますか?」と聞かれるのですが、いつも返答に困ります。

 

そこでちょっと思うことを書いてみようと思うので、よければ参考にしてみて下さい。

ひとりごとみたいな記事です。

 

 

この記事を書いた人
かける

愛知県出身の24歳、かけると申します。
.
■職業:自転車屋店員(5年目)
■自転車安全整備士、技士資格保有
■日本一周達成
■整備、キャンプ旅、サイクリング好き
■ブログ月間アクセス数25万PV超
.
ママチャリからロードバイクまで、あなたの役に立つ情報を発信します。

SNSフォローはコチラ!

 

「自転車のメンテナンスって自分でできる?」という質問に思うこと

「自転車メンテって、自分で出来る?」 という超難しい質問。

質問されてぶっちゃけいつも思うのは、

あなたにどれくらいの技量があるのか?他にどんな経験があるのか?普段から工具を触るのか?…何も知らないので、分かりません。何とも答えようがありません。」

 

冷たく感じるとは思いますが、心の内はこうです(笑)

だって分かんないもん!ね、そうでしょう?

 

 

例えば、一般的にはものすごーく簡単なドリンクケージの取付作業をするとしましょう。

ネジを二本緩めて、適切な力加減でしめる“だけ”です。

 

 

すごく簡単そうですが、細かく分解すれば

  • ネジは真っ直ぐ入っているか?
  • 最初は確認のため指で回して差し込んだか?(無理に押し込んでないか?)
  • 正しい力加減で締め付けできているか?

てな感じで、実は注意するポイントがあります。

できる人からすれば「失敗するはずがない」と思いがちですが、例えば私の弟は当時中学1年生の頃、この作業を「やってみなよ」と挑戦させたところ、見事にボルトを斜めにさしこみ、フレームのネジ山を潰しました。完璧な失敗です。

 

 

この経験があるからこそ、どれだけ簡単な(簡単そうに見える)作業でも、「誰もが正しく完璧にできるとは限らないんだな」と学びました。

だからこそ、私は安易に「誰でも出来るよ」とは言わないのです。

質問の返答に困るのは、それが原因なのもあります。

目玉焼きを作るのは簡単?難しい?

「目玉焼きって、私にも作れますかね?」

こんな質問をされたらどうでしょう。

 

「焼くだけじゃん。作れるに決まってる」と答えたくなるでしょう。

 

でも、この質問を聞いただけでは、相手の“レベル感”がさっぱりわかりません。

 

例えば同じ質問を…

「目玉焼きって、私にも作れますかね?実は料理を作ったことは一切ないし、コンロの火をつけたこともないんです。」

と言われたらどうでしょう?

 

「焼く」ことはできても、

  • ちょうどいい焼き加減で
  • 見た目を崩さずに
  • 一般的な調理時間で

作り上げることは難しいだろうな~ってなんとなく思いますよね。

 

「油を敷くのを忘れないでよ!」

「フライパンは熱くなるから、触ったらやけどするよ!」

こんな“当たり前”なことすら、注意点として伝えたくなるくらい心配ですよね。

 

 

大人だろうが子供だろうが、その分野の経験が0に等しければ、「目玉焼き(レベルの作業)をちゃんとできるか?」すら怪しいわけです。

 

 

話を戻すと、「自転車のメンテナンス、自分にも出来ますか?」という質問をしてくる人の中にももちろん、自転車でいう“目玉焼きを作ったことがない人”も含まれています。

だから、やはり質問に対する答えはなんともいえないのです。

 

 

でも例えば「このメンテって自分でも出来ますか?この前パンク修理はできました!」みたいな感じで、その人のレベル感が少しでも分かれば、「その作業が出来るなら、これも出来ると思う」と答えやすいです。

やってみなければ、できるようにはならない

何事もやってみないと出来るようにはなりません。

私も、今は自転車整備士資格を取っていますが、最初はパンク修理すら何度失敗したことか。ダメダメでした。

 

メンテを上達したいと思っているなら、まずはやってみることです。

で、作業した後で一番大事なことがあります。

メンテに挑戦したら、最後はプロの目で確認をしてもらう

自分で作業をして「できたっぽい」と思っても、最後は必ずプロ(その作業を完璧に出来る人)の目で確認をしてもらってください。

なぜか?

 

あなた自身が、その作業が「できているのか?間違っているのか?」の判別ができないからです。

 

ここを怠ると超危険。

たかが「ねじを緩めるだけ、締めるだけ」の作業でも、決して簡単ではないからです。誰でも出来るわけじゃない。

 

例えばハンドルの高さを変えようとして、固定を緩めて、締めるという作業をしたとしましょう。

自分は「締めた」と思っても、本来必要な力加減には全然届いていない…というのはよく見かけます。

 

ボルト一本触るだけでも、最悪の場合走行中の大事故に繋がるわけです。命に関わってくる。

 

「できるようになりたい」という思いからメンテナンスに挑戦するなら、必ず最後はプロに見てもらうこと。

もちろん点検にお金はかかると思いますが、それは授業料みたいなものだと捉えてください。

作業をミスすれば工賃以上に高くつく

自転車通勤の人
 

自転車メンテに自信はないけど、店に任せると工賃が高いしなあ。

安く済ませたいから、自分でやろーっと!

こういう方もいるでしょう。私も昔はそうでした。

店の工賃は高すぎる。払うのがもったいない」って思ってました。

 

 

でも今は違いますね。

私は“工賃を頂く側”なので、ポジショントークにはなってしまうのですが…

 

  • よく分からず作業してミスったら、工賃以上に高くつく
  • 自分でやって“完璧な作業”ができている人の方が稀

なので、特に「学びたい」という気持ちから挑戦するのでなければ、もうお店に任せてしまった方がいいです。

 

私はバイク(原付ですけど)にも乗っているのですが、下手に自分で触らず、プロに任せるようにしています。もちろん工賃を払って。

それは、自分が自転車のプロで、人の自転車を触る立場だからこそそう思います。

 

 

例えば「パンク修理(およびホイールの着脱作業含む)」においても、実はすごく沢山のことを気にします。

「パンク修理」といっても、真にパンク修理だけをしているわけではないのです。

 

  • パンクの原因は何なのか?
  • タイヤ、リム、リムテープの状態は大丈夫なのか?
  • ホイールはフレームに対して真っ直ぐはまっているか?正しいトルクで固定できているか?
  • ホイール取り付け後、変速に異常は無いか?チェーンの張りは適正か?
  • ハブにガタツキは無いか?
  • ブレーキに異常はないか?
  • これらを含む自転車全体のチェック

 

挙げたらきりがないのですが、言いたいことは「作業1つするにしても、他のとこに異常が出ていないか?」も必ず確認するんですよね。

 

で、私はバイクの知識が無いですから、もうプロに任せた方が安全&安心。

そのための工賃は全然快く払えるし、高いとは思わなくなったんですよね。

 

 

15分でできる作業なのに、工賃が2000円?高い!

とか昔は思ってましたが、自分たちでやったら15分で出来ないですし、正しく作業出来ていない可能性が高い。他にも見落としていることがあるかもしれない。

 

…そんなふうにに考えると、実は「工賃」って別に高くないとは思うのです。

下手に触ってミスるより、お店に任せた方がいいですよ!というお話しでした。

 

さいごに

ひとりごとが無駄に長くなってしまいました。

「自転車のメンテナンスって自分でできる?」という質問への回答が難しい理由、分かったでしょうか。

 

 

  • 学ぶためにメンテをしたい
    →とりあえず挑戦してみて、最後はプロに確認してもらう
  • 工賃節約のために自分でやってみようかな
    →悪くはないけど、ミスする可能性たかいし、ミスるとかえって高くつくので、「お店に任せる」という選択も考えると良い

 

てな感じ。個人的な感想ですけどね。

 

それでは。

 

タイトルとURLをコピーしました