「知らなかった」では済みません…。ロードバイクの消耗品の交換時期一覧

自転車旅中のデータ通信量を「月9ギガ」まで節約した8つのコツ

データ通信量(ギガ)を 節約する8つのコツ
悩んでいる人
長期の自転車旅に行く人

これから長期間の自転車旅に出ようと思うのだけど、「データ通信量」って、今のままで大丈夫かな?足りるかな?

自分のプランは割と“少なめ”で、あまり自由に使えないんだよね。

 

家にいればWi-Fiがあるけれど、旅先だとそうはいかないし。

だから、通信量がオーバーして、低速になってしまわないか心配だよ。

 

自転車旅における「データ通信量(ギガ)節約術」みたいなのがあれば、教えて欲しい。

こんな方におすすめの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 私が自転車日本一周に行った、データ通信量節約術
  • 月9ギガ(一日あたり約300メガ)まで抑えた8つのコツ
  • 必須レベルで便利なアプリ(タウンWi-Fi)の紹介
かける
かける

私が通信量を削りに削りまくった「コツ」を伝授します!

自転車旅中のデータ通信量を「月9ギガ(GB)」まで節約した8つのコツ

データ通信量(ギガ)を 節約する8つのコツ

結論から申し上げますと、私が行っていた節約術は以下の8つ。

  1. とにかく公衆Wi-Fiを使う
  2. グーグルマップの「航空写真」は極力使わない
  3. グーグルマップを開きっぱなしにしない
  4. Twitterの「データセーバー」をONにする
  5. SNSの閲覧は基本「Wi-Fi接続時」に
  6. YouTubeは「モバイルデータ通信」をオフに
  7. 目的の無いネットサーフィンをやめる
  8. 音楽はWi-Fi接続時にダウンロードしておく

 

これらを意識すれば、データ通信量を大きく節約することができるでしょう。

詳しく解説していきますね。

とにかく公衆Wi-Fiを使う【最重要】

出先でギガを食いそうな作業をする時は、とにかく公衆Wi-Fiを使いましょう。

最も基本的で、重要です。

 

今や、街には無料で使えるWi-Fiがたくさん飛んでいます。

私がよく使っていた施設はこちら。

  • コンビニ
  • ファミレス
  • カフェ
  • その他飲食店
  • 道の駅

 

一番こまめに使っていたのは「コンビニ」ですね。

食事休憩の際はもちろん、Wi-Fiを使うためだけに寄ったりしていました。

 

コンビニのWi-Fiは駐車場(店の外)からでも接続できますから、自転車にまたがったままスマホをポチポチ…みたいな。

これを意識するだけで、大きな節約になると思います。

公衆Wi-Fiの探し方

「公衆Wi-Fiを使うことが基本」といっても、周囲に使えるWi-Fiがあるかどうかって、分かりませんよね。

いちいちスマホを開いて、Wi-Fiをオンにして確認…なんてやり方は、効率が悪いです。

 

そこでオススメするアプリが「タウンWi-Fi」です。

 

タウンWi-Fiを使えば、「公衆Wi-Fi」が使える施設をマップ上に表示することが可能。

「ちょっとどこかで休憩しよう。えーと、近くにWi-Fiある所は…」ってな感じで、すぐに確認できます。

タウンWi-Fiが便利すぎる

タウンWi-Fiの便利なところって、それだけじゃないんですよね。

旅中にとても重宝していたのが、「自動ログイン機能」です。

 

 

これまでに公衆Wi-Fiを使ったことがある方ならわかるでしょう。

使う時に「ログイン」や「メールアドレス認証」みたいなのが、必要ありませんでしたか?

 

多くの公衆Wi-Fiでは、そのような手順を踏まなければなりません。

ぶっちゃけ、面倒ですよね。

使うたびに入力しなきゃいけないし、Wi-Fiが切れたらもう一度やらなければいけない。

 

「勝手につながってくれたら楽なのにな」って感じです。

 

はい、それができちゃうんですよ。タウンWi-Fiを使えば!!!

アプリを使って一度、対象となるWi-Fiを使えば、後は自動でログインしてくれます。

 

あの「認証画面」をスキップできるんです!気づいたら、勝手につながってる状態。

作業の負担も、時間も、大きく減ります。

 

公衆Wi-Fiをはしごするなら、タウンWi-Fiは必須アプリですね。

グーグルマップの「航空写真」は極力使わない

自転車旅をしていると、グーグルマップは必須ですよね。使わない日は無いでしょう。

 

使うことは避けられませんが、使う時に「航空写真」で表示するのは避けましょう。

街がカラー写真で表示される、あのモードです。

 

理由は簡単で、非常にデータを食うから。

 

なので、極力航空写真以外の表示モードを使うようにしてください。

自転車乗りにおすすめなのは、「地形モード」ですね。

グーグルマップを開きっぱなしにしない

引き続き、マップを使う上でのコツです。

 

自転車にスマホホルダーを付けて、地図を見る方も多いでしょう。

その時、マップの開きっぱなしにはしない方がいいですよ。

 

電池の減りが激しいだけじゃなく、データを食うからです。

 

私の場合、道を進んで行った先で曲がる場所だけを覚えて、すぐにアプリは閉じていました。

要所要所でアプリを開き、確認するイメージですね。つけっぱなしではなくて。

 

マップを見ることや、マップなしでの走行に慣れる必要はありますが、これができたら大きな節約になりますよ。

Twitterの「データセーバー」をONにする

Twitterには、データ通信量を抑えるための設定があります。

「データセーバー」を“ON”にしておきましょう。

 

動画は自動再生されず、画像は低画質で読み込まれるようになります。

SNSの閲覧は基本「Wi-Fi接続時」に

そもそもですが、SNSを無意識のうちに開くくせをやめましょう。

「基本、Wi-Fi接続時だけみる!」くらいの意識でいると、大きな節約につながります。

 

実際に旅をする中で感じました。

「ツイッターやインスタって、こんなにもデータ食ってるのか!?!?」と。

 

特に写真だらけのインスタは危険です(笑)

いつも通りなーんとなく、スクロールして、いいねして、動画を見て…ってやってるうちに、数百メガも飛んで行きます!秒速です。

 

SNSが気になる気持ちをぐっと押さえて、極力Wi-Fiに繋いでから見るようにしましょう。

YouTubeは「モバイルデータ通信」をオフに

絶対だめですよ、YouTubeなんて見たら(笑)

動画のデータ消費量は凄まじいですから。

 

でも、アプリが入ってると、つい見たくなってしまうものです。

テントの中で暇な時とか、すごく開きたくなりました。

 

そんな時、Youtubeを見ないようにする方法を教えましょう。

アプリの設定で「モバイルデータ通信の場合はオフ」にするのです。

 

この設定をしておけば、Wi-Fiに接続していない時にYoutubeを開いてしまっても、見ることができません。

諦めるための強制力になります。必須の設定ですね。

 

(解除するのも自分の意志でできますが、グッとこらえましょう)

目的の無いネットサーフィンをやめる

テントの中で暇になると、目的もないのにネットで調べモノをしちゃいがち。

ネットサーフィンは、気づいたら意外とデータを食っています。やめましょう。

 

次から次にページを移すので、文字や写真の読み込みをしてしまうからですね。

 

ネットを使う時は、目的を決める。

目的が解決したら、ネットを閉じる!

 

そんな習慣を付けましょう。

音楽はWi-Fi接続時にダウンロードしておく

自転車に乗っている時、どこかで休憩をする時、「音楽」を聴きたくなりますよね。

私は日本一周中、アップルミュージックに登録して、聞き放題でした。

 

音楽を聴くときは、予め楽曲をダウンロードしておきましょう。

Wi-Fiがある環境で、です。

 

いつでも曲をタップすれば、ストリーミング再生を楽しむことができます。

でも、それにはデータを食うんですね。

1曲ならいいですが、チリも積もって山となり、気づいたら「めっちゃギガ増えてる…」ってなるんです。危ない危ない。

 

なので、音楽を聴くときは事前のダウンロードが必須ですね。

データ使用量(ギガ)の使用状況を確認しよう

「一日のデータ通信量」に目標を設定する

使いすぎていないか、数日おきにチェックしましょう。

 

例えば私の場合、1カ月で9ギガ(GB)でしたので、日割りにすると約300MBです。

なので、それを目標にしていました。

 

現在の日付×300MBをして、超過していないか、あるいはまだ余裕があるのかをチェック。

超過していた場合は、より抑えることを意識。

余裕があったときは、ご褒美に「Youtube」をみたりしましたよ。

 

まあ数十分間ですけどね(笑)

まとめ

紹介した8つのコツを意識すれば、普段よりうんとデータ通信量を削減することができます。

最後にもう一度、確認しますね。

  1. とにかく公衆Wi-Fiを使う
  2. グーグルマップの「航空写真」は極力使わない
  3. グーグルマップを開きっぱなしにしない
  4. Twitterの「データセーバー」をONにする
  5. SNSの閲覧は基本「Wi-Fi接続時」に
  6. YouTubeは「モバイルデータ通信」をオフに
  7. 目的の無いネットサーフィンをやめる
  8. 音楽はWi-Fi接続時にダウンロードしておく

 

少なくとも私は、この節約術で「月9ギガバイト」に抑えることに成功しました。

 

人によって「ひと月に使えるデータ通信量」は異なるでしょう。

しかし、どのプランでも、毎日何も意識せずに使っていたら、恐らく上限をオーバーしてしまうと思います。

 

「低速になっても、まあいいやとはいかないんですよ。自転車旅では。

だって、マップが使えなくなりますからね。

 

なので、低速にならないように、限られた数値の中でうまく使いこなす工夫が求められます。

そんなとき、本記事で紹介した8つのコツを思い出してみてください。

 

本記事があなたのお役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

チャージで最もお得にお買い物

普段からAmazonを使うあなたへ。

買い物するなら「ギフト券チャージ」が断然オトク。
最大2.5%も還元されるので、欲しいものが余分に買えちゃいます。

自転車旅
たびチャリ!
タイトルとURLをコピーしました