【必読】知って得する!通学自転車の寿命って?【長く乗る秘訣とは】

自転車の防犯登録に必要な書類って?【パターン別に解説】

防犯登録に必要な書類って? パターン別に解説
悩んでいる人
悩んでいる人

自転車の防犯登録をしたいのだけど、必要な書類ってなに?

販売証明書?譲渡証明書?領収書?何がいるんだか、さっぱり分からない…。

 

自分には何が必要か、状況別に解説してもらえると嬉しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

 

【この記事で分かること】

  • 自転車の防犯登録に必要な書類
  • 状況別に解説(新車購入/中古車購入/譲渡の場合/懸賞や景品の場合)
  • 販売証明書がない時の対処方法
  • どこで防犯登録ができるのか?

 

かける
かける

自転車ショップで働く私が解説します!

分かりやすい表でまとめてみたので、確認してみてください。

 

自転車の防犯登録に必要な書類って?【パターン別に解説】

結論からお伝えすると、下の表で確認するのが早いです。

自分に合った状況の項目を見てください。(見にくい時は拡大で!)

防犯登録の手続き早見表

 

「防犯登録をしたい!」という状況って、主に4つだと思います。

  • 新車購入時
  • 中古車購入時
  • 譲渡の場合
  • 懸賞や景品の場合

 

それぞれ項目ごとにあらためて解説していきます。

新車購入時

  • 通信通販で購入した
  • ネットショップで買った
  • 店舗で買った(その時登録ナシ)

といったように、新車の自転車を購入した時の防犯登録についてです。

 

まず、防犯登録できるのは「購入者本人(あなた)」。

 

必要な書類は3点。

  1. 販売証明書
  2. 購入者の公的身分証明書
  3. 自転車本体

中古車購入時

  • オークションで買った
  • フリマサイトで買った
  • リサイクルショップで買った

中古車を購入した場合。

 

防犯登録できるのは、買ったあなた本人です。

 

必要な書類は「業者」か「個人間」かで変わります。

【業者からの購入】

  1. 販売証明書
  2. 購入者の公的身分証明書
  3. 自転車本体

 

【個人間売買の場合】

  1. 譲渡証明書<注意>
  2. 購入者の公的身分証明書
  3. 自転車本体

 

 

【業者からの購入】の場合は、譲渡証明書は必要ありません。販売証明書があればいいです。

“業者”の定義は、古物商を持つような方ですね。どっかの会社から買うのは「業者からの購入」になります。

 


 

【個人間売買】の場合は、譲渡証明書が必要です。

譲渡証明書とは、自転車を他人に渡す時に必要になる書類のことですね。

>>自転車の「譲渡証明書」はどこで貰える?【ネットで拾う】

 

これがないと登録できませんから、必ず貰ってください。譲渡人(元の持ち主)の直筆が必要です。

 

でも、譲渡証明書が用意できているからと言って、まだ登録するための条件が残ります。

元の持ち主の防犯登録が解除されているか?」です。防犯登録の抹消。

これをやってない方(売り主)が非常に多い。

 

 

防犯登録の抹消がされていないと、いくら譲渡証明書があっても、防犯登録ができません。

「防犯の二重登録」になってしまうからです。

<防犯登録データの抹消を行わずに自転車を譲った方のリスク>
譲った自転車が盗難に遭ったり、犯罪に使われた場合、もう使用していないにも関わらず、所有者の一人とみなされ、警察から事情を聞かれる可能性があります。

 

<前の所有者の防犯登録データが残った自転車を使用するリスク>
受取った自転車に登録されている他人のデータは抹消ができないため二重で防犯登録をすることになります。
警察から前の持ち主との関係を聞かれたり、自分の自転車であることの証明を求められることがあります。

(引用:大阪府防犯登録協会

 

まとめると、フリマサイト(メリカリ、ヤフオクなど)で買った場合は特に注意が必要でして、

  • 譲渡証明書はあるか?(貰ったか?)
  • 前持ち主の防犯登録は抹消が済んでいるか?

確認が必要です。

 

大丈夫そうなら、3点の書類をお持ちいただければ、防犯登録可能です。

 

 

もし、個人間売買で既に自転車が届いていて、以下の状況だととても大変です。

  • 売り主が他県在住(他県の防犯登録)
  • 防犯登録の抹消が済んでいない
  • 譲渡証明書の記入がない

 

その理由がちょっとヘビーなので、記事の一番最後に書きました…。スミマセン。

譲渡の場合

  • 知り合いから譲ってもらった
  • フリマサイトなどで買い、譲渡された(上と重複)

「譲渡」の場合。(※中古車購入(個人間売買)と内容は一緒です。

 

防犯登録をできるのは、譲渡証明書に書かれている譲受人本人です。

譲渡証明書には書く欄が二つあり、前の持ち主(譲渡人)が上の欄に記入した上で、あなた(譲受人)が下の欄に記入します。

 

登録に必要な書類は3点。

  1. 譲渡証明書
  2. 譲受人の公的身分証明書
  3. 自転車本体

 

ですが、「中古車購入(個人間)の場合」でも紹介した通り、譲渡には前提条件として防犯登録の抹消が必要です。※詳しくは、ちょっとページを戻して上の説明を読んでみてください。

 

忘れている、知らない方が多いので、注意をお願いします。

懸賞や景品の場合

  • 懸賞で当たった
  • パチンコの景品で貰った
  • 何かの景品で貰った

懸賞や景品で貰った自転車の場合。

 

防犯登録を行うのは、自転車を使用する方です。

 

必要な書類は3点。

  • 懸賞などと分かる書面
  • 使用者の公的身分証明書
  • 自転車本体

 

「“懸賞などと分かる書面”ってなんぞや!?」って感じの方は、取扱説明書の巻末などにある「販売証明書」があれば代用可能です。

 

販売証明書も失くし、何も証明するものが無いとなると、防犯登録は難しいですね。

あなたが持ち主だという確証が得られず、それはつまり、盗難車の可能性もゼロではないと考えられるからです。

販売証明書がない時の対処方法

自転車の防犯登録で、販売証明書を無くした時の対処法

販売証明書がない時の対処法(代替品)は2つ。

  • 宅急便などの送り状(購入先、商品名が記載されていること)
  • メールを印刷したもの (購入先、商品名が表示されていること)

 

これらも用意できないとなると、防犯登録は難しい。

さっきも言いましたが、「あなたのものである証明」ができないということは、盗難車かもしれないという可能性があるからです。

 

 

腑に落ちない方のためにどういうことかというと…

もし「販売証明書がなくても大丈夫」となると、仮に盗んできた自転車でも、身分証明書と自転車本体があれば誰でも登録ができてしまいます。

つまり、誰でもその自転車を“自分のモノ”にできてしまうのです。

 

 

だから、販売証明書や譲渡証明書での確認が必須となっています。

どこで防犯登録ができる?

防犯登録のやり方解説

必要書類がそろったなら、自転車本体を一緒に持って、近くの自転車ショップ(自転車を売っているお店)に行きましょう。

そこで防犯登録ができます。

 

料金は各都道府県によって違いますが、500円~800円程度です。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【自転車の防犯登録に必要な書類って?パターン別に解説】

防犯登録の手続き早見表

この表を見れば分かりやすいです。

 

ポイントは、「販売証明書」や「譲渡証明書」があるか?

譲渡なら「前所有者の防犯抹消が済んでいるか?」です。

 

何か1つでも不足していると、防犯登録はできません。

ルールなので、融通どうこうって話でもないのです。

 

 

特に、ネットでの個人間売買(メルカリ等)は手続きに不備があることが非常に多い。

売り主は知らんぷり(制度を知らないことがほとんど)ですが、困るのは買った側。

 

 

もし書類がないのなら、連絡のつくうちに催促するのがオススメです。

 

文の続き。最後に絶望的な話をすると…

  • 防犯登録の抹消は「登録した都道府県」でしかできない。他県では無理。
  • しかも、抹消時に“自転車本体”も必要。

 

というわけでして、ネットの個人売買で既に自転車が送られてきている状況で、「防犯抹消が済んでいない」と判明すると、エライことになるのです。

購入時は必ず出品者に確認を取りましょう。

 

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました