【パンクの原因8割が空気圧不足】ママチャリの空気の入れ方解説

【情報】ブリヂストンサイクル ステンレス製リムにサビ・へこみ・ひび割れ【安全点検】

ブリヂストンサイクル ステンレス製リムの無償点検 リコール情報

2022年6月9日、ブリヂストンサイクル様から「乗車前安全点検のお願い」という内容で、リムに関する情報が発信されました。

知らない方も多いと思うので、当ブログで拡散いたします。

 

ブリヂストンサイクル ステンレス製リムの無償点検 リコール情報

 

内容はこちら。

 

要約してまとめると…

  • ステンレス製リムの破損などが原因で、走行時にバランスを崩すことによる事故が発生している
    →安全点検をし、問題あれば交換を。
  • 2016年12月から2020年12月に製造された一部の車両に搭載されたステンレス製リムが対象
  • 溶接部分に線状のサビ、へこみ、ひび割れが無いか確認すること
  • 写真(※公式サイト内にあり)のような症状が見られたら、購入した販売店へご相談を
  • 該当するものであれば、無償交換

てな感じ。

 

 

あなたがお持ちの車体が“対象車種”かどうかは、公式サイトから検索できます。

>>>安全点検の対象製品検索

コメント

今回のリコール?安全点検?の実施情報を受けて感じたこと。

 

かける
かける

対象車種、割と多いのでは…?

というのも、もちろん私はメカニックとして毎日沢山の車体に触れるのですが、特に「異様なサビ」は結構見られる気がするんですよね。

ステンレス製リムですから、ちょっと不思議には思っていたものです。

 

また、中には「確かにヒビが入っていて、リムの交換を促したよな…」ということもありまして、もしかしたら対象車種だったのかなというところです。

※あくまでも個人の感想として捉えてくださいね。

 

 

錆びてないか、凹みが無いか、ひび割れが無いか…は、自転車に詳しくない方でも状態は確認できるでしょう。

対象車種かどうか判別した上で、もしかすると該当しそうな状態であれば、買ったお店にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました